MENU CLOSE

連載

#131 #小山コータローの4コマ劇場

〝タカ坊〟が転校 「なんで…」理由を尋ねる長谷川くんの秘密

気分屋親子じゃないんだよ

小山コータローさんの漫画「風のふくまま」
小山コータローさんの漫画「風のふくまま」
暴風だ……。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
◆「カルガモ割」って何?お子様連れでも気兼ねなく 想いを広める一風堂の挑戦(PR)◆
【↓↓↓過去の作品はこちら↓↓↓】
小山コータローの4コマ劇場

「風のふくまま」

小山コータローさんの漫画「風のふくまま」
小山コータローさんの漫画「風のふくまま」

ネガティブライムを刻む小4

たびたびツイッターでも話題になるギャグ漫画作家の小山さん。小山さんに「転校の思い出」を聞いてみました。

転校生の思い出といえば、僕自身が小学校4年生の時に神奈川から現在の静岡の学校へ転校しています。
 
4年生の夏休みの間に引っ越しをして、夏休み明けから転入するという恐ろしいスケジュールでした。
 
ただでさえ陰々滅々とした夏休み明けに転校です。「泣きっ面に蜂」という諺がない世界線だったら、僕が「夏休み明けっ面に転校」を提唱していたことでしょう。
 
しかも自己紹介をしてから、自分の席に座る途中に足を引っ掛けられて転ばされるというコンボを決められてしまいました。
 
なので、正しくは「夏休み明けっ面に転校っ面に転倒」でした。ネガティブライムを刻む小4の誕生です。
 
そこから何故か著しい視力の低下、運動神経の消失、止まらない虫歯という呪いにかかり、僕は明るかった自分とサヨナラしたのです。
 
しかし、こういったことが無ければ今の面白い自分は居なかっただろうし、コメディの素晴らしさに気づくこともなかったかもしれません。
 
「コメディがなんとかしてくれる」そんな、コメディへの盲信によって僕はつくられています。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
【↓↓↓過去の作品はこちら↓↓↓】
小山コータローの4コマ劇場
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます