MENU CLOSE

ネットの話題

名探偵ジナンと水筒の行方 推理通りの展開、解決したけど怒られたよ

本人による推理で見事に解決したものの、やっぱり母に怒られました

息子たちが使っている水筒
息子たちが使っている水筒 出典: waruyoiさん提供

目次

 次男が中学校に入って2日目に発生した「水筒忘れ事件」。本人による推理で見事に解決したものの、やっぱり母に怒られました――。そんな話題のやりとりについて取材しました。

「ジェンダー革命」を目指す井手上漠さんが考える「自分らしさ」とは(PR)

中学校生活2日目に


 中3の長男と中1の次男を育てているwaruyoiさん。

 今月、中学校生活2日目の次男が学校に水筒を忘れてきました。

 叱ろうとしたところ、すぐにこう言い返してきたそうです。

 「ハイ! 聞いて! 俺はすぐに取りに戻った! するともう教室に水筒は無く、もし担任が預かったとしたら俺の担任はテニス部の顧問、つまりテニス部の兄に預ける可能性がある!」

 披露された推理を聞いたwaruyoiさんは「いやいやいや、そんな上手いこといくわけないでしょ~」と思っていました。

 それから約2時間後に長男が帰宅。

 「お前、水筒忘れたやろ~」とからかうような感じで水筒を掲げながら部屋に入ってきました。

 ビックリしたwaruyoiさんは思わず「おおお~!」と拍手。

 次男は「よっしゃ~!」とガッツポーズをしていました。

 推理通りの展開に「ちゃんと持って帰れ」と叱るのも忘れ、その場では「すごいやん」と褒めてしまったそうです。

「名探偵ジナン」


 一連の出来事について、waruyoiさんがツイッターで紹介。

 今回はちゃんと「じゃねーよ!! 忘れるなー!! 持って帰れー!!」と付け加えました。

 これらの投稿に対して、「名探偵ジナン」「彼には間違いなく楽しい人生が待ってます」といったコメントが寄せられ、いいねは18万を超えています。

 いつも息子たちのおもしろい出来事を日記代わりにツイートしているというwaruyoiさん。

 たくさんの反響が寄せられたことについては、「みなさんの共感のお言葉や、それぞれのエピソードを楽しく読ませていただきました」と話していました。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます