MENU CLOSE

連載

#28 眠れぬ夜のレシピ

「ガス欠」の時のルーティン ひとつひとつ着実に 眠れぬ夜のレシピ

ささやかな「こなせた」を認めながら

午後さんの漫画「真夜中にお風呂に入る話」より
午後さんの漫画「真夜中にお風呂に入る話」より 出典: 午後さん(@_zengo)のツイッター

慌ただしい新年度。日々の疲れが蓄積します。もし、立ち上がれないほど「ガス欠」になってしまったら……。漫画で自身の経験を伝えるSNS作家・午後さんは、「時間をかけてもいい。小さな『こなせた』を認めること」と語りかけます。金曜深夜の「眠れぬ夜のレシピ」、手紙を添えて、お届けします。(漫画・コラム、午後)

「カッコいい年のとり方」を考えたら、見えにくいモノが見えてきた(PR)
眠れぬ夜のレシピ

午後さんのプレイリスト


眠れない夜。午後さんの身近にあった音楽を教えてもらいました。
あなたの夜の隙間も、少しでも埋められたら、幸いです。

 

真夜中にお風呂に入る話

午後さんの漫画「真夜中にお風呂に入る話」より
午後さんの漫画「真夜中にお風呂に入る話」より

ただあなたに、自分らしく在り続けてほしい

こんばんは、午後です。

今回のお話は夏に描いたものなので、今の季節とは少し合わない表現があるかと思います。しかし、新年度で少しガス欠を起こしてしまった時など、状況打破のヒントになれればと思い、載せていただきました。

本当にどうしようもないくらい気力が奪われている時は、ただ息をすること・休むことに集中して、じっと日が昇るのを待ってほしいです。例え自身が止まっていても、状況は刻一刻と変化しています。決して止まることはなく、最悪な状況は永遠に続くことはありません。

海底に潜む深海魚のような気持ちでひたすらじっとして、ほんの少しだけ浮上することができるようになったら、身体を綺麗にしたり、野菜を食べたり、散らかった机をできる範囲で片付けるなどをして、自分自身をどうか労わってほしいのです。

休みを挟みながら、とても時間をかけていいので……(ちなみに私はシャワーだけで一時間かけることもあります)。

苦しみを耐えた自分自身を目一杯、労わってほしいのです。

また、地に落ちた自尊心を回復する要素は、充分な休息のほかに、成功体験の蓄積があると思っています。成功体験と聞くと、いわゆる社会的活躍が想像しやすいですが、私はそれだけではないと思っています。

例えば、プリンを綺麗にお皿に盛り付けられたこと。

欲しかった物を無事に買って帰ってこられたこと。

読もうと思っていた本の、目標ページまで読み進められたこと。

お風呂に入って、身体を綺麗にできたこと。

部屋をさっぱり片付けられたこと。

お菓子をおいしく作れたこと。

こうした日常に潜む小さな成功や喜びを重ねることが、無意識下で、自身を整えることに貢献してくれていると思うのです。世の中のためとか、人のためとか、そんな大それたことをしなくてもいい。ただあなたに、自分らしく在り続けてほしい。それが、一番大切なことだと思うのです。

こうしたことに気づけたのはつい近年なのですが、忘れてしまわないよう書き残しておきたくて、漫画にしてきました。これからも、気づきを描き残して行きたいと思っております。もし思い出していただけたら、その時はまた見ていただけたら、とても嬉しいです。

コラム連載「眠れぬ夜のレシピ」は、今夜でおしまいになります。これまで読んでいただいた方には感謝してもしきれません……本当にありがとうございました。今後も何かしら発信して行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、あなたの見る夢が、ずっと穏やかなものでありますように。

おやすみなさい。

午後

SNS作家。2020年5月からTwitterに漫画を投稿をしている。著書に「眠れぬ夜はケーキを焼いて」、「眠れぬ夜はケーキを焼いて2」(ともに、KADOKAWA)がある。Twitterアカウントは@_zengo

 
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます