MENU CLOSE

連載

#67 夜廻り猫

牛丼かばんそうこうか、なけなしの350円 11年後は…マンガ夜廻り猫

就活中に靴ずれがひどくなった男性。コンビニで買ったばんそうこうは…
就活中に靴ずれがひどくなった男性。コンビニで買ったばんそうこうは…

目次

就活の時にできた、ひどい靴ずれ。夕食の牛丼代にするつもりだったなけなしの小銭で、ばんそうこうを買うしかなかった男性は……。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる漫画家の深谷かほるさんが、ツイッターで発表してきた「夜廻り猫」。今回は、11年前の就活を思い出した男性のエピソードです。

ギョーザ発売50周年!錦鯉と、子どもの好きな料理NO.1を目指そう(PR)

夕飯か靴ずれ治療か…どっちかだけ

牛丼屋の前を通り過ぎた男性の、心の涙の匂いに気づいた猫の遠藤平蔵。「泣いておるな?心で よかったら話してみなさらんか」と声をかけます。

11年前、就活で歩き回っていた男性は靴ずれが悪化。翌朝に備えてコンビニに入りました。

しかし手持ちは牛丼代にするつもりの350円だけ。ばんそうこうは330円でしたが、買うしかありませんでした。

「夕飯か靴ずれ治療か、どっちかしかできない人生……ねえわ! 俺は働く!仕事さえあれば」

そう心に決めて頑張って働いた11年後、どうなったかというと……。

男性はおもむろに「今も金ねえんだよ!」と叫びます。「おいたわしや」と手を合わせる遠藤。

しかし男性は「でも牛丼は買えるぞ 食う?一緒に」と誘うのでした。

夢や希望を持てなくなっていないか

「若い人が夢や希望を持てなくなっていないかが心配です」と語るのは、作者の深谷さん。

結婚を決めた若いカップルが、「2人で働けばなんとかマンションを買えそう。子どもまでは届かないけど」と話しているのを聞いたそうです。

「自らの選択であればいいのですが、『本当はほしいけど届かない』と諦めていたのだとしたら……」

高校生の夢が「食うに困らないこと。親の退職後も家賃が払えて、ホームレスにならずにすむこと」だと耳にしたことも。

「少しの余裕がなければ、生きることはつらいです」という深谷さん。

「若い人がはじめから諦める様子には、特に胸が痛いです。みんなが少しの余裕を持てる世の中にしなければ、と思います」

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本8巻(講談社)を2021年11月22日に発売。講談社「モアイ」で月・金曜夜に「夜廻り猫」を、講談社「コクリコ」で木曜に夜廻り猫スピンオフ「居酒屋ワカル」を連載中。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます