MENU CLOSE

連載

#85 コミチ漫画コラボ

「指導が面倒」と感じていた後輩から…マンガで描く嬉しいプレゼント

コミチ×withnewsコラボで大賞に輝いたマンガは?

マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として「#わたしの嬉しかったプレゼント」をテーマにマンガを募集しました。内心は「面倒だな」と思いつつ、指導を任されていた後輩とのやりとりを描いた作品が大賞に決まりました。仕事で大きな失敗をした課長がサンタと再会するお話や、お店の高齢のお客様とのコミュニケーションを描いたマンガなど、大賞・入賞に決まった計3作品を、選評とともにご紹介します。
#受験生のモヤモヤ 学ぶ楽しさの見つけ方(PR)

【大賞】後輩と私(雨森睡著)

転職が決まって出社最終日。後輩への指導が十分だったか自信はなく、どこかで「面倒だな」とさえ思っていた主人公は、一刻も早くフタをして忘れたいと思っていたけれど――。

わたしも記者2年目になったとき、初めてできた後輩との距離感に悩み、「えらそうにしたくない」「でもこれは伝えないとダメだよね…」とアタフタしたことを思い出しました。人を指導するって本当に難しいですよね。今でも自信がありません。

主人公が抱えていた後ろめたさ。そんな相手の本心が分かった時ってホッとしますよね。希望を感じるラストに気持ちが前向きになりました。(選評:水野梓)

【入賞】サラリーマンと屋上(かっぱ子著)

多大な損失を出してしまった。それも、クリスマスイブに――。自暴自棄になって涙を流す男性が立つ建物の屋上に、サンタクロースが休憩にやってきて……。

誰かにとっての華やかな日は、別の誰かにとっては落差が際立つ日。そんな実感は誰しもあるでしょう。年末年始は、とかくそうした日々になりやすいのかもしれません。心がチクッと痛む時、夜風がいつもより冷たく感じる時。そんな時に読みたい作品です。

あ、私は「コーヒー牛乳」大好きなので、作品中の「いちごミルク」にも反応しました!(選評・高橋健次郎)

【入賞】睨みつけてくるお客様(渡とら著)

無愛想でも、「本心」が読めなくても、笑顔で接する――それがプロ。
ひたむきに「接客」するアパレル店員と高齢男性の微妙な「距離」。それが激変する事件と静寂……、展開も構図も、ドラマを見ているようで読み応えがありました。

仕事でも私生活でも「何か間違えた?」と自信が持てないことは多いです。でも見ていてくれて、届く人は、いつもどこかにいるはず。
作品の二人のように思いがつながる瞬間のために、働き、日々を生きている気がします。(選評:松川希実)

    ◇

今回ご紹介できなかった応募作品は、コミチのサイト(https://comici.jp/stories/?id=461)でご覧ください。ご応募いただき、ありがとうございました!

withnewsは2018年10月から、マンガのSNSを運営する「コミチ」とコラボ企画を始めました。毎月のお題に沿って、身近な出来事や思い出をストーリーにした作品を募集しています。

12月のお題は「#わたしの一番高い買い物」です。ドキドキした気持ちで支払ったあの体験、買ったあとに使ってみて感じたこと……。

あなたの「一番高い買い物」にまつわるエピソードをお待ちしています。締め切りは12月26日です。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます