MENU CLOSE

ネットの話題

お尻を柵に突っ込む羊「安心してください」解説ポップに思わず納得

来場者の不安に答えるアイデアが話題

野外民族博物館リトルワールドで飼育されている、一匹の羊。謎のしぐさにまつわる解説ポップが、ツイッター上で称賛を集めています。
野外民族博物館リトルワールドで飼育されている、一匹の羊。謎のしぐさにまつわる解説ポップが、ツイッター上で称賛を集めています。 出典: リトルワールド提供

目次

世界各国の景色や風俗を再現する「野外民族博物館リトルワールド(愛知県犬山市)」。この施設が制作・掲示した、とあるポップが、ツイッター上で話題を集めています。敷地内で飼育されている、羊について解説する内容です。秀逸な呼びかけ文が生まれた経緯を取材しました。(withnews編集部・神戸郁人)

◆「カルガモ割」って何?お子様連れでも気兼ねなく 想いを広める一風堂の挑戦(PR)◆

ユーモア交え行動を分析

「ヒツジのおしりが、はまってます!」。リトルワールドのポップは、そんな一文から始まります。

添付された画像を見ると、一匹の羊が後ろ向きになり、飼育舎の柵にお尻を突っ込んでいます。その様子について、次のような説明が掲載されているのです。

ヒツジのおしりが、はまってます!
・・・でも安心してください。
自分で、はめてます。
この姿勢が大好きなんです。
たまに首までつっこんでいますが
それも好きでやってます。ご安心を。
リトルワールドのポップ

有名芸人のネタを彷彿(ほうふつ)とさせる「安心してください」など、ユーモアあふれるフレーズで、分かりやすく羊の行動を分析しています。11月下旬、ツイッター上で画像が拡散されると、「全文面白い」など好評を博しました。

羊の飼育舎前に掲示されているポップの画像。
羊の飼育舎前に掲示されているポップの画像。 出典: リトルワールド提供

「まだ元気だよ」と主張している?

このポップが作られた背景事情について、考案者で、リトルワールドの施設担当係長・倉内隆光さんに聞きました。

倉内さんによると、羊の飼育舎は、遊牧民のテント展示区画に隣接。牧畜風景を再現するためで、オス1頭・メス6頭の計7頭が暮らしています。このうち唯一のオス、11歳のカルがポップに写っている個体です。

「羊の寿命は、一般に12~13年ほどと言われています。カルもかなりの高齢で、足が悪く、動きもゆっくりです。1年ほど前の冬から、柵にお尻をはめるしぐさをし始めました。他の個体では見られません」

「野生の環境下では、十分に歩けなくなれば、外敵から狙われてしまいます。恐らく動物の本能として、何かを支えにしてでも立ち上がることで、『まだ元気だよ』と主張しているのではないでしょうか」

カルは日中、定位置まで移動し、柵にお尻や首を突っ込みます。その様子を見た訪問客から「体調が悪いのでは」との問い合わせが、一日に何件も寄せられました。

そこで今年5月、事情を文字だけで説明するポップを作成し、飼育舎の柵に貼り出しました。しかし予想ほど人目に触れず、7月になって、写真付きの版に差し替えました。この取り組みが功を奏し、問い合わせはなくなったといいます。

11歳のカルは足腰が弱く、柵に寄りかかりながら立ち上がることが多い。
11歳のカルは足腰が弱く、柵に寄りかかりながら立ち上がることが多い。 出典: リトルワールド提供

「世界で飼われている動物知って」

「あまりふざけすぎないように、なおかつ面白く読んでもらえるよう、文章を考えました」と、倉内さんは笑います。ポップが好評を得たことについては、「お客さんに見て欲しくて作っただけですが……」と驚きを隠せません。

カルは元来やんちゃな性格で、飼育スタッフが近付くと、鼻面や頭で体を押すなどしてきたそうです。

しかし年齢を重ねておとなしくなり、今では人がそばに寄るだけで逃げてしまいます。そのためポップ用の写真は、柵外の離れた場所から撮影されました。

カルやポップに注目が集まり、倉内さんは、こう語っています。

「新型コロナウイルスの影響で、従来実施してきた、羊への餌やり体験ができていません。動物を近くでみてもらうのも、なかなか難しい状況です」

「ただ、実際にリトルワールドに来てもらい、世界でどんな動物が飼われているか知って頂けるだけでも、うれしく思います」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます