MENU CLOSE

ネットの話題

犬が「勝訴」を運んできた! ネットで注目のアイデア、ついに商品化

裁判で勝った直後に関係者が掲げる「勝訴」の垂れ幕みたいです。

「判決を取ってくる犬用おもちゃ」
「判決を取ってくる犬用おもちゃ」 出典: 2時提供

目次

 裁判で勝った直後に関係者が掲げる「勝訴」の垂れ幕。それをイメージした犬用おもちゃが商品化されました。今年8月にツイッターで話題になったアイデアがもとになっています。

プレモルと絶品プリン。withnewsチームが見つけた共通点とは(PR)

プレミアムバンダイで予約受け付け


 通販サイトのプレミアムバンダイで18日に予約受け付けが始まった「判決を取ってくる犬用おもちゃ」。

 紐つきのクッションで、表には行書体で「勝訴」、裏面には「無罪」と書かれています。

 このクッションを投げ、それを犬がくわえて戻ってくる姿が、まるで裁判に勝った関係者が垂れ幕を掲げているように見えて楽しめる仕掛けです。

 中には鳴き笛が入っているため、プープー鳴らして犬の気を引くことも可能。

 サイズは大が20cm×15cm、小が13cm×11cm。価格はそれぞれ税込み1300円、1000円です。

「判決を取ってくる犬用おもちゃ」
「判決を取ってくる犬用おもちゃ」 出典: 2時提供

考案者に聞きました


 「8月に試作品を発表したところ想像以上の反響が寄せられ、商品化していただくことになりました」

 そう話すのは、企画デザイン会社「2時」の楢﨑友里さんです。

 ペット用おもちゃを作れないかなと考えていた時、笑顔で走ってくる犬と、裁判所から垂れ幕を持って走ってくる人のイメージが重なったのがきっかけで試作。

 知り合いが飼っている犬にモデルをお願いして、実際に遊んでいる姿をツイッターに投稿したところ、いいねは30万近くまで伸びました。

裏面は「無罪」


 試作品では表に「勝訴」とだけプリントしていましたが、商品化にあたっては裏面に「無罪」を加えました。

 「リプライで『ぜひ不当判決も』というご意見をいただいたのがヒントになりました。表、裏のどちらでも笑顔になれるように『無罪』としました」

 投げたものを取ってきてもらう遊び方以外にも、紐の部分を使って引っ張り合って「どちらが無罪を勝ち取るか」といった楽しみ方もオススメだといいます。

 「みなさんがどんな風に楽しまれているのかを拝見したいので、ぜひ遊んでいる様子を『#勝訴犬』をつけてSNS投稿していただきたいです」と楢﨑さん。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます