MENU CLOSE

ネットの話題

温泉旅館の客室に巣作り? 窓と網戸のわずかな隙間、こっそり4羽が

温泉旅館の2階客室。窓と網戸の隙間に鳥が巣を作りました。

2階客室の窓と網戸の隙間に、鳥が巣を作りました
2階客室の窓と網戸の隙間に、鳥が巣を作りました 出典: 七沢荘提供

目次

 神奈川県厚木市にある温泉旅館「七沢荘」。その2階客室の窓と網戸の隙間に、鳥が巣を作りました。鳥たちを驚かせないよう客室を使わずにいたところ、6日後に無事に巣立ったようです。

センター街にトマト直売所? 「メルカリShops」で地方から全国へ【PR】

「そんな事ある?!」


 今月13日、七沢荘のツイッターアカウントが「そんな事ある?!」と、写真を投稿しました。

 映っているのは2階客室の窓付近で、よく見ると窓と網戸の間に鳥が巣を作っていて、ヒナ4羽が確認できます。

 この投稿に対して、「どうやって巣を作ったの?」「泊まって見守りたくなるお部屋」といったコメントが寄せられ、いいねは2万を超えています。

2階客室の窓と網戸の隙間に、鳥が巣を作りました
2階客室の窓と網戸の隙間に、鳥が巣を作りました 出典: 七沢荘提供

七沢荘に聞きました


 「客室の清掃中に発見して、その日のうちにツイートしました」と話すのは、七沢荘のツイッター担当者です。

 今回、巣を作った鳥はセキレイではないかとのこと。

 ツバメが渡り廊下などに巣を作ることはよくあるそうですが、客室の窓は初めてだといいます。

 「ちょうどカーテンを束ねた時に隠れる場所なので、人目につかないところだと思って作ったのかもしれませんね」

 子育てを邪魔しないよう客室は使わず、親鳥がいないときにこっそり様子を見に行くことに。

 発見当初は4羽いたヒナですが、気づいたら2羽になっていたそうです。

発見から6日後に


 発見から6日後の19日午後1時すぎ、巣を覗いてみると空っぽになっており、どうやら巣立ったようです。

 近くの電線では、親鳥らしき鳥が子どもたちを見守っているような姿を見ることができたといいます。

 「巣立つまで2週間ほどと聞いていたので、思ったよりも早かったですね。ツイートがきっかけで旅館を知ってくださった方もいるので、鳥たちに感謝しています」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます