MENU CLOSE

ネットの話題

「暑い日に、水傘はいかが?」 防水0%、でも涼しさ100%

家族で撮った「あったらいいな」

話題になった「水傘」=Kogameさん(@TauonQ)提供
話題になった「水傘」=Kogameさん(@TauonQ)提供 出典: Kogameさん(@TauonQ)のツイート

目次

暑い日に水傘はいかがでしょうか――。この世にはない「水でできた傘」の写真がツイッターで話題になっています。連日の猛暑。思わずさしたくなる「水傘」について、撮影者に話を聞きました。

水しぶきが上がる傘

話題になっているのは、Kogame(@TauonQ)さんの投稿した2枚の画像です。 写真にはこんな文章が添えてあります。
暑い日に水傘はいかがでしょうか。

UVカット0%、防水0%です。
Kogame(@TauonQ)さんのツイート

写真には、青空の下、パシャッと音がしそうな、しぶきをあげる「水の傘」を広げている少女。「清涼感」を全身に感じて、目を閉じ、長い髪をゆらしています。

この投稿には「ものすごく涼しくなりました」、「涼しさと風情は100%ですね!」とコメントがつき、8万件以上のいいねが付きました。

家族で遊んだことがヒント

撮影したKogame(こがめ)さんに話を聞きました。
普段はサラリーマンとして働きながら、趣味で写真を撮っているそうです。

今回の「水傘」は、家族で海に行った時に遊んだ経験がヒントになりました。

「海でバケツを使って水をかけあったりして遊んでいたのですが、水の投げ方によって形が変わることに気付き、面白い写真が撮れそうと思ったのがきっかけです」

これまでも水を使った撮影はしてきましたが、傘の柄をつけた「水傘」のアイデアは、「もしも本当にあったら? と想像してもらるような、ワクワクするような気持ちを伝えたかった」と思いついたといいます。

反響を見ると、実際に、映画やアニメのワンシーンなどに照らし合わせて、「水傘」がある世界を想像した人もいて、「具体的にイメージしてもらえたようで嬉しく思います」。

心配しないで大丈夫

この不思議な写真には「手前で水風船割ってちょっと奥に女の子立ってる?」「傘の柄だけ持ってその手前で水まきをしてる?」など、撮影方法を想像するリプライが多くついています。

kogameさんは、撮影のヒントとして「この水の形を出すにはバケツではなく風呂桶がよいです」と明かします。そして写真にはある加工を施しているそうですが、それ以上は「あえて説明しない方が面白いかなとも思っています」と話しました。

コメントでは、モデルの少女がずぶ濡れになってしまうのでは、と心配する声もありましたが、ぬれることはないそう。「撮影後の少女のことを心配されるコメントが多く、皆さん優しいなと思いました」

しぶきを上げる「水傘」をさす少女=Kogameさん(@TauonQ)提供
しぶきを上げる「水傘」をさす少女=Kogameさん(@TauonQ)提供

家族の協力で

水傘を持つ、透明感のあるこの少女は、Kogameさんの娘さんだそうです。

過去にもたびたびKogameさんの作品に登場しています。

「娘とは『撮影いくー?』『いいよー』という感じで、都合が合えば一緒に行くくらいの気軽な友達といった感覚です」

作品作りのヒントを娘がくれることもあるそうで、過去には娘の希望をきいて森の動物などを合成した作品が、話題になったこともあります。

娘さんの表現力の高さも注目されていますが、特に指導はしていないそうです。

「ポーズは指定するとぎこちなくなるので、娘の好きなように自由に動いてもらっています。そのおかげで作り物っぽい感じがせず、自然な感じにできているのかなと思っています。時々親でさえびっくりするような大人っぽい仕草や表情をするので、その一瞬を撮影することが楽しみの一つです」

海辺で花火をする娘を撮影した写真=Kogameさん(@TauonQ)提供
海辺で花火をする娘を撮影した写真=Kogameさん(@TauonQ)提供

「娘の服は妻に任せており、『こんな写真を撮りたい』と伝えるとイメージ通りに選んでくれます」

作品には家族の協力が欠かせません。

「家族には私の趣味を理解してもらっており、大変感謝しています」

これまでは趣味として楽しんできた写真ですが、今後はオンライン教室や撮影の依頼など、本格的に挑戦したいとの夢も語ってくれました。

Kogameさんの作品はインスタグラム(tauon.qoo)でも見ることができます。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます