MENU CLOSE

連載

#10 眠れぬ夜のレシピ

「無数の表現者」に励まされた夜の底 眠れぬ夜のレシピ

この世界には「交流の証」があふれている

午後さんの漫画「晴れた日に展覧会に行く話」より
午後さんの漫画「晴れた日に展覧会に行く話」より 出典: 午後さん(@_zengo)のツイッター

不安に襲われる夜は、誰かとつながろうとした「無数の表現者」に思いを馳せると、ほんの少し楽になる気がします。一人の夜を少しでもあたたかい気持ちで過ごせるように。あなたに贈る、真夜中のレシピです。手紙を添えて、お届けします。(漫画・コラム、午後)

眠れぬ夜のレシピ

午後さんのプレイリスト


不安に襲われる夜。午後さんの身近にあった音楽を教えてもらいました。
あなたの夜の隙間も、少しでも埋められたら、幸いです。

 

晴れた日に展覧会に行く話

「心の鎮痛剤」

こんばんは、午後です。

徐々に迫り来る熱帯夜の気配に怯えながら、なんとか夜を乗り越える日々を送っています。いかがお過ごしでしょうか。

どんなに足掻いても苦しみから逃れられない夜は、湿度が高い場合があります。薄着に着替えて除湿をするだけで、さっきまであんなに苦しかったのが嘘みたいに、スっと楽になる時があって、何度経験しても毎回呆気に取られてしまいます。これからの季節、是非お試しください。湿度は意外と盲点です。

しかし、どんな手を打っても、夜の底から這い上がれない時も数え切れないほどあります。そんな時、私はある事実を反芻すると、まるで心の鎮痛剤みたいにほんの少し楽になることができます。それは、「誰かが世の中に向かって訴えかけた声が、作品という形をとって世の中に残り続ける」という事実です。

『生きる意味とは?』という聞き飽きた問いがあります。私はこの問いに対して『生きるということに意味はない』というアンサーを持っています。全員、虫や、雑草や、微生物や、雲や、風と同じように、ただ生まれて死ぬだけです。全ては宇宙が誕生した影響で発生したただの現象です。


しかしそんな中でも、顔も知らない誰かに向かって、何かを伝えようとしている人たちがいます。そしてその声を受け入れる人たちも存在します。私はこういった交流の存在が、この世の唯一の救いであるように思うのです。こんな世界でも価値を見い出して、知らない誰かと作品を通して繋がろうとする意志・行為は、私にとっては最も尊いもののように感じます。

そんな作品たち、いわば“交流の証”が時代を超えて数え切れないほど存在するこの世界は、まだまだ捨てたものではないのかもしれないと、少しだけ希望を抱くことができます。そうして私はちょっとだけ安堵して、布団の中で目を閉じることができるのです。


それでは、今夜も素敵な夢を見られますように。おやすみなさい。

午後

SNS作家。2020年5月からTwitterに漫画を投稿をしている。今年1月に初の書籍「眠れぬ夜はケーキを焼いて」(KADOKAWA)を出版。Twitterアカウントは@_zengo

◇  ◇  ◇

withnewsでは、午後さんがTwitterで発信している漫画とコラムを原則隔週金曜日の夜に配信していきます。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます