MENU CLOSE

ネットの話題

本物の魚かと思った… 中身はまたたび100%の「猫用じゃれぐるみ」

プラスチックトレーに乗せられた魚かと思いきや、実は猫用のぬいぐるみでした。

現在販売されている「じゃれぐるみ」
現在販売されている「じゃれぐるみ」 出典: スマック提供

目次

 プラスチックトレーに乗せられた魚かと思いきや、実は猫用のぬいぐるみでした――。そんな「じゃれぐるみ」が注目を集めています。中に詰まっているのは、猫が大好きなまたたびです。

センター街にトマト直売所? 「メルカリShops」で地方から全国へ【PR】
現在販売されている「じゃれぐるみ」
現在販売されている「じゃれぐるみ」 出典: スマック提供

中身はまたたび100%


 2019年4月に発売されたじゃれぐるみ。現在のラインナップはサンマ、サケ、ニジマス、カツオ、マグロの5種類です。

 5種類というのは変わりませんが、魚種は一部変更されており、過去にはサバ、スズキ、コイ、カクレクマノミもありました。

 大きさは約30センチで、中身は乾燥させた無農薬のまたたびの枝と葉のみを使っています。

 白いプラスチックトレーに乗せてビニールで覆ったパッケージなので、一見すると本物の魚のように見えます。

 先日ツイッターで紹介されて話題になり、「すごいリアル」「我が家の黒猫もゾッコンです」とったコメントが寄せられました。

「じゃれぐるみ」で遊ぶ猫
「じゃれぐるみ」で遊ぶ猫 出典: スマック提供

販売元に聞きました


 手がけたのは、ペットフードなどを手がけるスマック(愛知県東海市)。

 もともと猫用のまたたびも販売しており、猫が蹴って遊ぶぬいぐるみと組み合わせたら面白いのでは、と考えたそうです。

 「猫は獲物を前脚で捕まえて、後ろ脚で蹴って弱らせるという習性があります。それを生かした魚のぬいぐるみはありますが、中身がポリエステルやフィルムだと危ないと思ったんです」

 そう話すのは、マーケティング課の古田岳久さんです。

 万が一破れても安心なように、中身は無農薬のまたたびの枝と葉のみを使うことに。

 大好きなまたたびとあって、実際にやぶけるまで遊んでしまう猫も多いようです。

中身は乾燥させた無農薬のまたたびの枝と葉のみを使っています
中身は乾燥させた無農薬のまたたびの枝と葉のみを使っています 出典: スマック提供

公式通販も開始


 猫の誕生日やクリスマスなど、ハレの日のプレゼントにもピッタリなこの商品。累計販売数は11万個を超えているそうです。

 ホームセンターやドラッグストア、ネット通販などで売られてきましたが、1日からはスマックの公式通販サイトでも取り扱いを始めました。

 「成猫がキックするのにちょうどよい長さと太さになっています。じゃれぐるみで遊ぶことで、猫もオーナー様も楽しい時間を過ごしていただきたいです」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます