MENU CLOSE

連載

#71 コミチ漫画コラボ

家事に追われる母が、起きてこなくなった…漫画で描く「長いお休み」

マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として、「#わたしの長いお休み」をテーマにマンガを募集しました。

マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として、「#わたしの長いお休み」をテーマにマンガを募集しました。子どもの世話や家事に追われる母の思いを描いた作品や、外と家での仕事を両立させようとして「謎の動悸」に襲われるようになった実体験を元に描かれた漫画など、大賞・入賞に決まった計3作品を、選評と共にご紹介します。

【大賞】ママの冬眠(emix著)

いなくなって初めて気づく、お母さんのありがたさ。読んですぐに「今年の母の日の贈り物は何にしよう」と母の顔が浮かびました。
コロナ下で痛感することでもありますが、「当たり前」ってどれだけ尊いことなんだろう……と思います。

そうじや片づけといった家事がとても苦手なわたしは、思い切って月1回の家事代行を頼んでから、すごく快適に暮らせるようになりました。名前のない家事も含め、家族の日常を支えるさまざまなことも立派な仕事だと思います。

しかし会社員の仕事と違って「決まったお休み」があるわけではない……。ゴールデンウィークや夏休みのような長期休暇は、家族の中で家事労働を担当する人が働き続ける日々になりがちです。話し合って、「家事のお休みの日」を定期的につくるのもいいのかもしれません。(選評:水野梓)

【入賞】働けなくなった私がもう一度仕事探しをした話(ちえむ著)

外での仕事と家庭での仕事を両立させようと奮闘した作者が、「謎の動悸」に襲われるように――。お休みの間も「このくらいでツライなんて甘えてる」と自分を責めます。そして……。
元来、働き方とか生き方は人それぞれであっていいはず。でもいつの間にか「みんなができてるんだから」と基準が自分以外のところにすり替わってしまう経験、ありませんか。私はしょっちゅうです。だから、作者の方の気持ちがよくわかります。
作品の最後に「自分なりの正解」を見つけられた作者はきっと、これから大きく息を吸っていけるのだと思います。(選評:金澤ひかり)

【入賞】長い休みの途中(みれ著)

「どうせ時間が解決してくれるのを待つしかないなら、できるだけ楽しく待とうじゃない」。過去の恋愛でつらい経験をした主人公に、友達が語りかけるシーンが印象的でした。
作者の実体験がベースになっていることもあって、メッセージにも力強さがあります。私はいま、何かに傷ついているわけではないけど、もしそういった場面に直面したときには、この作品をまた読み返そうと思いました。(選評:丹治翔)

    ◇

今回ご紹介できなかった応募作品は、コミチのサイト(https://comici.jp/stories/?id=434)でご覧ください。ご応募いただき、ありがとうございました!

withnewsは2018年10月から、マンガのSNSを運営する「コミチ」とコラボ企画を始めました。毎月のお題に沿って、身近な出来事や思い出をストーリーにした作品を募集しています。

5月のお題は「#わたしの父の日」です。こんな言葉やプレゼントを贈ったら喜んでもらえた――。母の日は覚えていたのに、父の日をうっかり忘れてしまった……。などなど、あなたの「父の日」にまつわるエピソードをお待ちしています。締め切りは5月30日です。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます