MENU CLOSE

ネットの話題

これ東京メトロだ!チャイナドレスに路線図、異色イラストに絶賛の声

「公式のポスターに」「絶対着たい」

意外な組み合わせで、絶賛の声を集めたイラストです
意外な組み合わせで、絶賛の声を集めたイラストです 出典: みっけさんのツイッター(@qk_micke)

目次

大都市の下に、網の目のごとく広がる地下鉄。その複雑な路線図を盛り込んだイラストが、SNS上で人気を集めています。私たちにとって身近なモチーフが持つ、意外な価値に気付かせてくれる一枚が生まれた経緯とは? 作者に話を聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

◆今売れてるパーフェクトサントリービール あの先生が脳科学的に解説(PR)◆

よくあるドレスと思いきや…予想外のアイデア

4月25日、一枚のイラストがツイッター上で公開されました。

描かれているのは、「チャイナドレス」を着た人物です。襟元に視線をやると、分厚い生地編み込まれた、生地のつなぎ目が見えます。ちょっと確認しただけでは、よくあるデザインと思えるかもしれません。

しかし、つなぎ目の部分に目をこらしてみると、東京都内を走る地下鉄・東京メトロの路線図の形であると気付きます。しかも背景とともに、銀座線ならオレンジ、丸の内線なら赤と、各線のシンボルカラーに染まっているのです。

イラストには、同社が運行する全9路線の図が、同じ構図で描き分けられています。目にも楽しいデザインが話題を呼び、元ツイートには、今月7日時点で約9万「いいね」がついています。

キャラクターが身につけた、チャイナドレスの襟元は、東京メトロ各線の路線図の形になっている
キャラクターが身につけた、チャイナドレスの襟元は、東京メトロ各線の路線図の形になっている 出典:みっけさんのツイッター(@qk_micke)

「クイズに出そうなテーマ探し」がきっかけ

手掛けたのは、香川県に住む20代の会社員・みっけさん(@qk_micke)です。ありそうでなかった発想は、どのようにして実現したのか? 本人を取材しました。

元々クイズが好きだったという、みっけさん。出題されそうな事柄についてまとめる中で、列車の路線図や、そのシンボルカラーが気になり始めます。そこで、首都・東京の地下鉄に着目したのです。

みっけさんは、自分が知っておきたかったり、覚えておきかったりするモチーフを意匠化してきました。「楽しく知る」をコンセプトに、誕生日の花やお酒についてまとめた「366日の誕生○○ステッカー」などを作った経験もあります。

「路線図も、ただまとめるだけでは覚えられません。そこで、楽しく記憶するため、何かと組み合わせようと考えました。好きなものを列挙していくうち、チャイナドレスを見て『襟元が使えるかも』と思ったんです」

路線の形を強調するため、ドレスの生地は全て黒に。頭の中にイメージが残りやすいよう、最低限の情報だけ盛り込んでいます。路線図を崩さず、かつドレスらしさや、衣服としての機能を保つため、線の起点を置く場所にも気を配ったそうです。

単調な情報、デザインで覚えやすく

イラストを見た人々からは、チャイナドレスを着た人物が、両耳に付けているピアスを評価する声も上がりました。

一方は、各路線名をローマ字表記した際の頭文字を、シンボルカラーの円で囲んだマークがあしらわれている、吹き流しのような形です。対をなすものは、それぞれの路線名が、日本語で表記されています。

「ピアスの見た目も、路線図に出てくるマークです。線の形と一緒に覚えられるよう、補足情報として、ドレスに合うものを取り入れました。路線名の字体は、中華らしさを演出しつつ、アクセサリーとしても成立するフォントを選んでいます」

ツイッター上では「東京メトロの公式ポスターに使える」「可愛いし、鳥肌が立った」「売られていたら絶対着たい」といった感想が飛び交っています。こうした反応について、みっけさんは次のように語りました。

「『いいね』やリツイート、コメントなど、本当にうれしいです。『他の路線でも見たい』というご要望もたくさんいただいたので、考えてみようかなと思います」

「世の中には、文字だけだったり単調な図であったりすると、なかなか頭に入らない情報もたくさんあります。そこに自分のデザインを加えることで、少しでも誰かの役に立てばいいな、と感じています」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます