MENU CLOSE

連載

66109

#30 ○○の世論

次の首相、誰にする? 自民支持層のジレンマ 影の薄い「後継者」

「この中にいない」に透ける本音

参院予算委の開会前、マスクを着け直す安倍晋三首相=2020年5月11日午後0時56分、岩下毅撮影
参院予算委の開会前、マスクを着け直す安倍晋三首相=2020年5月11日午後0時56分、岩下毅撮影 出典: 朝日新聞

目次

安倍晋三首相は来年9月、自民党総裁としての任期満了を迎えます。政権を握る党の総裁選は、事実上の「次の首相」選びの場となります。自民支持層は「次の首相」について、どう考えているのでしょうか。朝日新聞の全国世論調査(郵送)を分析すると、自民支持層のジレンマも見えてきました。(朝日新聞記者・磯部佳孝)

総裁選を左右する「地方票」

総裁選は基本的に総裁任期の満了にともなって行われます。前回2018年9月の総裁選では、安倍首相と石破茂・元幹事長が立候補し、国会議員票(405票)と自民党員・党友による地方票(405票)の計810票を争いました。

結果は、安倍首相が553票を獲得し、石破氏の254票を上回りました。ただ、地方票を比べると、安倍首相の224票に対し、石破氏は45%にあたる181票を集めました。このため、自民党内では安倍首相の圧勝という声の一方で、石破氏の善戦との見方も広がりました。

過去の総裁選でも地方票がカギを握ったことがあります。小泉純一郎氏が3度目の挑戦で勝利した2001年の総裁選です。このときは、小泉氏が地方票で圧勝。「選挙の顔」でもある総裁選びは国会議員票に影響を与え、小泉氏当選の流れを作りました。

では、世論調査で自民支持層は「次の首相」について、どう考えているのでしょうか。

視察に訪れた世界遺産の五箇山・相倉合掌集落で、子どもたちと気軽に話す小泉純一郎首相(当時)=2003年8月27日、代表撮影
視察に訪れた世界遺産の五箇山・相倉合掌集落で、子どもたちと気軽に話す小泉純一郎首相(当時)=2003年8月27日、代表撮影 出典: 朝日新聞

安倍路線「引き継ぐほうがよい」60%

朝日新聞の全国世論調査(郵送)は3月上旬~4月中旬、憲法や政治意識について尋ねました。

【あなたは、次の首相は安倍政権の路線を引き継ぐほうがよいと思いますか。引き継がないほうがよいと思いますか。(2020年3月~4月調査)】
・引き継ぐほうがよい=全体(34%)/自民支持層(60%)
・引き継がないほうがよい=全体(57%)/自民支持層(33%)
*その他・答えないは省略
*調査方法=全国の有権者から3千人を選び、郵送法で実施。3月4日に調査票を発送し、4月13日までに届いた返送総数は2130。無記入の多いものや対象者以外の人が回答したと明記されたものを除いた有効回答は2053で、回収率は68%。

有権者全体では、安倍首相の「次の首相」は、安倍政権の路線を「引き継がないほうがよい」57%が「引き継ぐほうがよい」34%を上回りましたが、自民支持層では「引き継ぐほうがよい」60%が「引き継がないほうがよい」33%を上回りました。

自民支持層は、安倍政権の路線継承を支持しているようです。

参院選党首討論会で発言する自民党の安倍晋三総裁=2019年7月3日午後、東京都千代田区、福留庸友撮影
参院選党首討論会で発言する自民党の安倍晋三総裁=2019年7月3日午後、東京都千代田区、福留庸友撮影 出典: 朝日新聞

安倍首相4選は賛否割れる

そんな自民支持層が推す「次の首相」は、だれでしょうか。6人の名前を挙げて選んでもらいました。

【あなたは、次の首相には、だれがふさわしいと思いますか。(同)】
石破茂=全体(24%)/自民支持層(25%)
小泉進次郎=全体(13%)/自民支持層(14%)
河野太郎=全体(7%)/自民支持層(10%)
岸田文雄=全体(6%)/自民支持層(10%)
菅義偉=全体(6%)/自民支持層(9%)
枝野幸男=全体(6%)/自民支持層(1%)
この中にはいない=全体(29%)/自民支持層(22%)
*その他・答えないは省略。敬称略

全体と同様に、自民支持層でも石破氏がトップでした。ただ石破氏は、一昨年の総裁選で安倍首相と争い、「桜を見る会」問題などで安倍首相や政権に苦言を呈し、距離を取っています。

安倍政権の路線継承を優先するのであれば、安倍首相が「後継者」と目するとされる岸田文雄・政調会長のほか、政権を支える菅義偉・官房長官や河野太郎・防衛相に支持が集まりそうですが、石破氏の半分以下にとどまっています。

一方、自民支持層では「この中にはいない」が22%を占めており、石破氏の支持率とほぼ並んでいます。

自民党総裁選討論会終了後に笑顔で握手する安倍晋三首相(右)と石破茂氏=2018年9月16日、東京・六本木、林紗記撮影
自民党総裁選討論会終了後に笑顔で握手する安倍晋三首相(右)と石破茂氏=2018年9月16日、東京・六本木、林紗記撮影 出典: 朝日新聞

首相の「次」迷いの表れ

それでは、自民支持層は安倍首相の続投を望んでいるのでしょうか。

【自民党総裁の任期は、自民党の決まりで、連続3期までになっています。あなたは、この決まりを変えて、安倍首相が4期目も続けることに賛成ですか。反対ですか。(同)】
賛成=全体(26%)/自民支持層(48%)
反対=全体(66%)/自民支持層(46%)
*その他・答えないは省略

全体では安倍首相4選に「反対」が66%を占めるなか、自民支持層では賛否が割れていることがわかります。

「次の首相」には安倍政権の路線を継承して欲しいものの、安倍首相と対峙する石破氏がその一番手になっている―。一連の結果からは、そんな自民支持層のジレンマが垣間見えます。

「次の首相」の質問で、石破氏とともに「この中にはいない」が自民支持層の支持を集めているのも、安倍首相の「次」が自民支持層のなかではっきりしていないという迷いの現れなのかもしれません。

連載 ○○の世論

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます