MENU CLOSE

連載

69478

#36 どうぶつ同好会

ゆら~ピタッ、フウセンウオ動画の「ずっと見てられる」かわいさ

きれいに整列する姿がかわいすぎる!

浅虫水族館のツイッターアカウント(@AsamushiAqua)が投稿したフウセンウオの動画より
浅虫水族館のツイッターアカウント(@AsamushiAqua)が投稿したフウセンウオの動画より 出典: 青森県営浅虫水族館のツイート

目次

「ずっと見ていられる」というフウセンウオの動画が話題です。パタパタをひれを動かして水中を浮遊し、最終的には6匹がきれいに整列。「かわいすぎる」「5回見てしまった」とコメントが集まっています。投稿したのは、現在休館中の青森県営浅虫水族館(青森県青森市)のツイッターアカウント(@AsamushiAqua)。情報発信に込めた思いを聞きました。

名前の通り、まるで風船「フウセンウオ」

「なんだかゆる~い顔や動きにのほほんとした気持ちになりますね」

そんなコメントとともに、浅虫水族館のツイッターアカウントが投稿したのが、フウセンウオの動画です。動きのかわいらしさに「ハチャメチャに愛くるしい」「たまらん」とコメントが寄せられ、投稿は4万回以上リツイートされ、11万件以上の「いいね」が集まっています。
同館のフウセンウオの担当者によると、フウセンウオは北海道や日本海、東シナ海北東部の岩礁域に生息する、0.5cm~6cmの小さな魚。同館で飼育している個体は2~3cmだといいます。

名前の通り、風船のように真ん丸で見た目もかわいらしいフウセンウオ。担当者によると、「泳ぐのはあまり得意ではなく、お腹の吸盤で何かにくっついて流されないようにじっとしていることが多い」といいます。同館では、ホタテ貝や岩、水槽にくっついているそうです。
ふわふわと泳ぐフウセンウオ
ふわふわと泳ぐフウセンウオ 出典:青森県営浅虫水族館のツイート
動画では最終的にきれいに整列する姿に「行儀が良い」「駐魚場」などの反響も集まっています。きれいに並んだのは「たまたまかもしれない」とのことですが、「ツルツルしたホタテ貝の素材を好んだ子が集まっているかもしれません」といいます。
出典:青森県営浅虫水族館のツイート

休館初日、ゴマフアザラシが誕生

新型コロナウイルスの影響で4月11日から臨時休館している浅虫水族館。ツイッターを担当する広報担当者は「休館中もスタッフが生き物たちの世話をしているので、生き物たちの姿を見てもらおうと発信してきました」。

実は休館初日の11日、同館ではゴマフアザラシの「メイ」が赤ちゃんを出産していました。生後2~3週間で赤ちゃんならではの白い毛が生え替わるというゴマフアザラシ。開館を予定しているGW明けには、白い毛の姿は見られないかもしれない可能性もあり、赤ちゃんの様子はスタッフブログでも紹介されてきました。
赤ちゃんアザラシ
赤ちゃんアザラシ 出典:青森県営浅虫水族館のツイート
そんな中、「より多くの方に見ていただければと、ツイッターに動画を投稿してみました」と担当者は話します。その一環で、「他にもおもしろい生き物たちを知ってもらえたら」と投稿されたのが、今回のフウセンウオの動画です。

フウセンウオを選んだのは、スタッフブログでも人気だったというのと、広報担当者にとっても好きな生き物だったからだそうです。話題になったことについては、「青森出身の方や以前来館してくださった方のコメントもいただき、思い出してくださったり、また行きたいと思ってくださったりしたらうれしい」と話しています。

浅虫水族館では、ツイッターやブログで毎日水族館の様子を発信しています。担当者は「早く事態が落ち着いて、みなさんが安心して楽しんでもらえたら」と願いを込めています。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます