MENU CLOSE

話題

9812

ワンピースの声優も 日本デビューから1年「中国のシンデレラ」の今

日本でデビューして1年になるロン・モンロウさん
日本でデビューして1年になるロン・モンロウさん 出典: 山本哲也撮影

目次

2018年に日本で歌手デビューした中国出身のロン・モンロウさん(24)。その前年末にインスタグラムで注目を集め、瞬く間に日本のCMやNHKの中国語番組にも出演するように。今年8月公開のアニメ映画『劇場版ONE PIECE STAMPEDE』では声優デビューもします。中国のオーディション番組『来たれ、シンデレラ』でグランプリに輝いた経験から、「中国のシンデレラ」という愛称も。デビュー後の日本での生活や今後の目標などについて、話を聞きました。

日本デビュー「超うれしかった」、不安も

ロンさんは、中国・湖南省の出身。2014年に中国中央テレビ局(CCTV)の番組『来たれ、シンデレラ』で披露した歌が評価され、2015年にグランプリを獲得しました。その後、大学生とモデルの活動を平行していた2017年末ごろから、インスタグラムの写真が日本で注目を集めるようになりました。

元々、中国のSNS「微博」(weibo)には10万人を超えるフォロワーがいたロンさんでしたが、日本での反響を受け、中国の会社からモデルや歌手のオファーが数多く届いたそうです。

「当時はちょうど大学卒業前でした。今後の人生をどう進むべきか、かなり迷いました」

その背中を押したのが、卒業直前に届いた日本の芸能事務所からのオファーでした。

「小さい頃から日本の文化、ドラマ、アニメなどが好きでした。日本からオファーが来た時には、本当に『やった!』という感じで、とてもうれしかったです」

オファーを受け入れ、日本での芸能活動をスタートすることになりましたが、心配もありました。「日本語をマスターしていないので、日本でうまくできるか緊張や不安がありました」。特に「日本のファンが本当に自分のことが好きなのか、自分のイメージや雰囲気を受け入れてくれるのか、また生活習慣の違いをクリアできるのか」が不安だったと話します。

インタビューに答えるロンさん
インタビューに答えるロンさん 出典: 山本哲也撮影

日本語上達のため、ツィッターとインスタグラムで日記

来日したロンさんは、昨年6月にラムジの『PLANET』をカバーして歌手デビュー。その後、大塚愛さんの『TOKYO散歩』やテレサテンさんの『時の流れに身をまかせ』をカバーしています。さらには家具メーカーのCMに起用され、今年4月からはNHKの「テレビで中国語」で「ロンちゃんと歌おう」というコーナーを担当しています。

そして最近は、8月9日公開の映画ワンピースで竹中直人さんや人気YouTuberのフィッシャーズとともにゲスト声優に選ばれ、女海兵役として出演することが決まりました。「中国にいた時から知っていたアニメに出演できて、うれしいです。これまでの作品を繰り返し見たので、本番ではその世界観に入り込むことが出来ました」

来日前に心配していた緊張や不安はほぼ解消し「毎日がとても楽しい」と話すロンさん。プライベートでも友達と外食をしたり、海を見に行ったりして、充実した毎日を送っている様子です。

ただし、弱点も。それは日本語の「会話」です。漢字のおかげで、文章の意味はある程度理解できるそうですが、話すとなると日本語の文法は中国語や英語とも違うため、「1年経っても難しい」と話します。上達のため、日記を毎日つけ、ツイッターとインスタグラムに公開しているロンさん。「フォロワーさんから間違いを指摘してもらえるので、勉強になります」

目的別にSNS使い分け、フォロワーに感謝

インスタ、ツイッターのほかにも多くのSNSを使いこなしているロンさん。インスタのファンは16万人を超え、ツイッターのフォロワーは2.5万人以上。そしてTikTokのフォロワーが22万人を超え、中国版ツイッターの「微博」Weiboも25万近くのフォロワーがついています。

その上で、それぞれのSNSには「役割」があると話します。例えばツイッターでは自分の「性格」を見せることができ、インスタではモデルとしての「スタイル」。TikTokでは「面白いロンちゃん」を見せているそうです。

SNSのフォロワーへの感謝を忘れません。特にツイッター上でする日本語のやり取りについては、「本当に楽しい」「もっと頑張れる」そうです。「日本は本当にとてもいい国、みんなやさしく、『否定』ということはないです」

SNSのフォロワーへの感謝も語ったロンさん
SNSのフォロワーへの感謝も語ったロンさん 出典: 山本哲也撮影

将来の夢は「まだ秘密」

日本での歌手デビューから1年。活動の幅を広げつつ「仕事をスムーズにするためには、やはり言葉がとても大事」と当面は日本語の習得を一番の目標にしているロンさん。将来の夢についても「いっぱいありますが、いまはまだ『秘密』です。日本語が上達して自信がついたらまた、お話したいと思います」

もちろん、歌やダンスなど、日々のレッスンも欠かしていません。また、仕事以外でこれからやりたいことは「乗馬、ダイビングの資格を取る、日本料理の勉強」を挙げました。冗談半分で「将来、日本で和食のお店を出すかもしれませんよ」とも。

好奇心旺盛で、多くの新しいことにチャレンジしているロンさん。将来の可能性はまだ開かれています。「中国のシンデレラ」の今後はどうなっていくのか、楽しみです。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます