MENU CLOSE

話題

1064

<金正男暗殺を追う>「Wi-Fiある?」犯行直後、ネット配信したもの

旅先にも巨大なテディベアを連れて歩いていたフォン(右)。フォンの携帯電話に写真が残されていた=関係者提供、一部加工
旅先にも巨大なテディベアを連れて歩いていたフォン(右)。フォンの携帯電話に写真が残されていた=関係者提供、一部加工

目次

 金正男(キム・ジョンナム)氏に毒を塗ったとされるベトナム人のドアン・ティ・フォンさん(31)は、事件後も現場近くにとどまっていた。巨大な「ぬいぐるみ」を持ち歩いたり、自撮り映像をネット配信したり。人目をひくことを、むしろ楽しんでいるようだった。国際社会を騒然とさせた事件、取材を続ける中で「その後」の様子が明らかになった。(朝日新聞国際報道部記者・乗京真知、鈴木暁子)

金正男暗殺を追う

服装変えずチェックイン

 2017年2月13日の事件後、タクシーで宿泊先のホテルに帰ったフォンは、すぐに荷造りをしてホテルを変えた。荷造りと言っても、逃亡しようとしたわけではなく、インターネットの接続がいいホテルに移るためだったと、フォンは後に警察に語っている。

 その証言を裏付ける映像もある。フォンが移ったホテルの防犯カメラの映像によると、フォンは空港にいたときと同じ服装のままホテルにやってきた。Wi-Fiがあるかどうかや宿泊料金を確かめて、チェックインした。

 手にはキャリーバッグに入りきらないほど大きい、灰色のテディベアを抱えていて、従業員を驚かせた。焦ったり急いだりしている様子は見られなかった。

事件後もフォンが持ち歩いていた巨大なクマのぬいぐるみ=フォンのフェイスブックから
事件後もフォンが持ち歩いていた巨大なクマのぬいぐるみ=フォンのフェイスブックから

自撮り動画をライブ中継

 フォンは事件翌日の2月14日午後、ベトナムの親類と携帯電話でチャットしていた。親類によると、フォンは「ベトナムに帰ったら買いたい服がある」ので、その前金5万ドン(約250円)分の送金を手伝ってほしいと話していたという。

 また、ホテルのロビーや客室では、自撮り撮影をしていた。警察によると、フォンの携帯電話には、テディベアに顔を寄せながら、胸元が大きく開いた青色のドレスでポーズを決める画像が残っていた。自撮りした動画をリアルタイムでインターネットに配信する「ライブストリーミング」を楽しんでいた形跡もあったという。

 いつか芸能界入りする夢を膨らませていたフォンは、自分の姿を少しでも多くの人に届けるための演出に、夢中になっていた。

フォンが事件後に泊まった空港近くのホテル=乗京真知撮影
フォンが事件後に泊まった空港近くのホテル=乗京真知撮影

連絡が途絶えたMr.Y

 一方、フォンは「(事件当日の)13日のいたずら撮影の出演料が未払い」だったこともあり、カメラマン役のミスターYと連絡が取れなくなったことを気にしていた。

 ミスターYからは「空港での撮影は13日から15日まで続ける」「撮影で忙しくて電話に出られない」と聞かされていた。フォンはその言葉を信じた。13日は電話することを控え、14日は電話がつながらなくても「忙しいのだろう」と考えたという。

 ただ、撮影最後日とされた15日になっても、ミスターYからの応答はなかった。出演料を受け取るため、ミスターYを捜しに行くことにした。

     ◇

【ミスターYの足取り】マレーシア警察によると、ミスターYはフォンが空港で正男氏に液体を塗るのを見届けた直後、他の北朝鮮工作員とともに、飛行機で出国していた。クアラルンプールから空路でインドネシア、ウラジオストクなどを経由して、事件から4日後には北朝鮮の平壌に帰国したという。警察は国際刑事警察機構(インターポール)を通じてミスターYらを国際手配したが、北朝鮮当局は身柄の引き渡しに応じていない。

事件当日までフォン(右)と行動をともにしていた北朝鮮籍の男「ミスターY」は、事件後に音信不通になった=関係者提供
事件当日までフォン(右)と行動をともにしていた北朝鮮籍の男「ミスターY」は、事件後に音信不通になった=関係者提供
<お断り>事件発生前から裁判までを振り返る連載「金正男暗殺を追う」(https://www.asahi.com/special/kimjongnam/3/)では、フォンさんの呼称(容疑者や被告など)の変化による混乱を防ぐため、呼称を省いています。フォンさんは4月1日にマレーシアの裁判所から禁錮刑を言い渡され、刑期を終えた5月3日に出所、ベトナムに帰国しました。
金正男暗殺を追う

関連記事

新着記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます