close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年06月16日

<金正男暗殺を追う>ミスターYは言った「あれが雇った俳優だ」


  • 6872

事件当日、北朝鮮の男「ミスターY」(左)に連れ添われて、事件現場となる空港の出発ホールを歩くフォン=関係者提供

事件当日、北朝鮮の男「ミスターY」(左)に連れ添われて、事件現場となる空港の出発ホールを歩くフォン=関係者提供

最新ニュースを受け取る

 「いたずら番組の撮影」と称して金正男(キム・ジョンナム)氏に毒を塗ったとされるベトナム人のドアン・ティ・フォンさん(31)は、正男氏のことを「番組が仕込んだ俳優」だと思い込んでいた。カメラマン役の男から「俳優」だと言い聞かせられていたからで、その思い込みが「いたずら」成功の決め手になっていた。(朝日新聞国際報道部記者・乗京真知)

金正男暗殺を追う

前日にイメチェン

 事件前日の2017年2月12日午後、フォンは空港のそばにあるホテルにチェックインした。ホテルの外壁はオレンジと白のペンキで塗られていて、よく目立った。宿泊料金は1泊2千円ほどと手頃だった。

 捜査資料によると、フォンはホテルにチェックインした後、ロビーでハサミを借りた。自室に戻って鏡を見ながら、茶髪を肩までの長さに切りそろえた。フォンは「新しいヘアスタイルにして、かわいく写りたかった」という。カメラマン役のミスターYからは「13日の撮影はとても重要で、ユーチューブに投稿する」と予告されていた。

 手持ちの美容器具で、毛先をカールさせたり、側頭部にウェーブを付けたりした。髪全体にふんわりとしたボリュームが生まれ、活発な印象に仕上がった。カメラ写りを確かめるように、携帯電話で何回も自撮りした。

髪を明るく染め、自分で切りそろえて「いたずら撮影」に臨んだフォンの、事件直前の自撮り写真=関係者提供

髪を明るく染め、自分で切りそろえて「いたずら撮影」に臨んだフォンの、事件直前の自撮り写真=関係者提供

おめかしして本番

 事件当日の13日朝、フォンは入念に化粧し、お気に入りの白い長袖シャツと青いスカートを着てホテルを出た。配車アプリのウーバーを使って空港へ向かった。

 空港に着いたら、まずやらなければいけないことがあった。それは、帰りのタクシーの乗車券を買っておくことだった。いたずら撮影が終わったら、すぐに現場を離れられるように、カメラマン役のミスターYから乗車券の購入を指示されていた。フォンはミスターYの言いつけ通り、乗車券を買ってから、待ち合わせ場所の出発ホールに移動した。

 ミスターYは、捜査当局が「北朝鮮の工作員」とみる犯行グループの1人だ。

事件当日、北朝鮮の男「ミスターY」(右下)に連れ添われて、事件現場となる空港の出発ホールを歩くフォン=関係者提供

事件当日、北朝鮮の男「ミスターY」(右下)に連れ添われて、事件現場となる空港の出発ホールを歩くフォン=関係者提供

いたずらは「仕込み」

 出発ホールでミスターYと落ち合った。ミスターYは、撮影地点となる出発ホール中央の自動チェックイン機前にフォンを連れて行き、撮影の手順を語り始めた。「今回は見栄えのいい動画を撮るために俳優を雇った」「あとで男性が現れるが、それは我々が雇った俳優だ」「その俳優が現れたら、撮影を始める」

 つまり、今回のいたずらの相手は、通りかかった旅行客ではなく、番組が仕込んだ俳優という説明だった。俳優が現れたら、これまでの撮影と同じように、後ろから忍び寄って顔に液体を塗りつけ、立ち去ればいい。

 2人は俳優が現れるのを、じっと待った。約20分後、それらしき人影が出発ホールに入ってきた。ミスターYは、あれが俳優だとフォンに知らせた。おなかを突き出して、ゆったりと歩く影。ミスターYが言う俳優とは、実のところ、正男氏のことだった。

 ミスターYはなぜ、正男氏のことを「俳優」と呼んだのか。ミスターYは、フォンが過去の撮影で一般人への「いたずら」をためらうことがあったため、「俳優を雇った」と説明することで、遠慮なく「いたずら」を実行させる狙いがあったとみられる。

     ◇

【ウーバー】捜査資料によると、フォンは移動の際、配車アプリのウーバーを多用していた。事件当日の朝も、ホテルから空港にウーバーで向かった。事件2日後に逮捕された際も、ウーバーの到着を待っていたところだった。一般に犯罪者は移動の痕跡が残ることを嫌うが、フォンは乗り降りの記録が残ることを気にしていなかったようだ。

事件当日、北朝鮮の男「ミスターY」(左)に連れ添われて、事件現場となる空港の出発ホールを歩くフォン=関係者提供

事件当日、北朝鮮の男「ミスターY」(左)に連れ添われて、事件現場となる空港の出発ホールを歩くフォン=関係者提供

<お断り>事件発生前から裁判までを振り返る連載「金正男暗殺を追う」(https://www.asahi.com/special/kimjongnam/3/)では、フォンさんの呼称(容疑者や被告など)の変化による混乱を防ぐため、呼称を省いています。フォンさんは4月1日にマレーシアの裁判所から禁錮刑を言い渡され、刑期を終えた5月3日に出所、ベトナムに帰国しました。

金正男暗殺を追う

ナイトクラブではダンスも 農村の少女が「実行犯」にされるまで……
前へ
ハノイ市内のナイトクラブで接客係として働いていたフォンとみられる女性(中央)=ナイトクラブのフェイスブックから
次へ
1/4
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界「でも、世界で戦えない」その理由
強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界「でも、世界で戦えない」その理由
「バラティエ」は本当にあったんだ……熊本で見つけた尾田さんの足跡
「バラティエ」は本当にあったんだ……熊本で見つけた尾田さんの足跡
シマウマ何頭いる? だまされる人続出、富士サファリの投稿が話題に
シマウマ何頭いる? だまされる人続出、富士サファリの投稿が話題に
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR
天井から千手観音の手が! 「観音電車」の中吊り、京福電鉄に聞いた
天井から千手観音の手が! 「観音電車」の中吊り、京福電鉄に聞いた
こんなMONOまであるの? リュックにスニー...
こんなMONOまであるの? リュックにスニー...
「京アニ」火災、中国から寄せられた声 「加油」めぐりすれ違いも…
「京アニ」火災、中国から寄せられた声 「加油」めぐりすれ違いも…
使うほど富士山になる消しゴム 学生時代に発案、入社4年目で商品化
使うほど富士山になる消しゴム 学生時代に発案、入社4年目で商品化
「2千万円問題」、アラフォーが「正直、悲しくなってくる」理由
「2千万円問題」、アラフォーが「正直、悲しくなってくる」理由
パンの「のがみ」が残すところ秋田だけと聞きました。どうして秋田が最後の空白県になるのでしょうか。
パンの「のがみ」が残すところ秋田だけと聞きました。どうして秋田が最後の空白県になるのでしょうか。
Q&A
「香港」を回転すると……デモきっかけに誕生...
「香港」を回転すると……デモきっかけに誕生...
家事・育児「仕事で疲れた」と休むのは……夫婦の考え方に「ズレ」
家事・育児「仕事で疲れた」と休むのは……夫婦の考え方に「ズレ」

人気

もっと見る