MENU CLOSE

話題

11941

<金正男暗殺を追う>「背後からガバッ」毒塗る動作、11日前に完成

通行人の背後から両手を伸ばし、顔に「いたずら」するフォン(中央)の姿を、ハノイの空港の監視カメラは記録していた=関係者提供
通行人の背後から両手を伸ばし、顔に「いたずら」するフォン(中央)の姿を、ハノイの空港の監視カメラは記録していた=関係者提供

目次

 背後から忍び寄り、顔をさわって、逃げる――。「いたずら番組の撮影」と称して金正男(キム・ジョンナム)氏に毒を塗ったとされるベトナム人のドアン・ティ・フォンさん(31)は、事件前にも全く同じ動作で、見ず知らずの通行人に「いたずら」を仕掛けていた。その場面を捉えた監視カメラ映像には、フォンさんを「特訓」する北朝鮮工作員らしき影が写り込んでいた。(朝日新聞国際報道部記者・乗京真知、鈴木暁子)

金正男暗殺を追う

到着ホールを見つめる影

 映像は事件11日前の2017年2月2日付で、ベトナムの首都ハノイの空港の到着ホールを写している。ベトナム警察が事件後に見つけたものを取材で入手した。

 映像では、大勢の人たちが旅行客の到着を待ち、名前を書いた紙を掲げている。

 その人垣を観察するように、腕組みをした人物が2人、数十㍍離れた場所から視線を向ける。1人は白い長袖シャツにショルダーバッグをかけた茶髪の女性で、もう1人は帽子を目深にかぶった長身の男性。「いたずら番組」の撮影に挑むフォンと、自称カメラマンで北朝鮮工作員とされるミスターYの影だ。

 ホールの隅に肩を並べて立つ2人は、知り合いの到着を待つカップルのように見える。

ハノイの空港で、いたずらの相手を探すフォンとミスターYとみられる人影(左の矢印)。空港の監視カメラが、その様子を記録していた=関係者提供
ハノイの空港で、いたずらの相手を探すフォンとミスターYとみられる人影(左の矢印)。空港の監視カメラが、その様子を記録していた=関係者提供

携帯カメラで撮影か

 午後4時半、シンガポールーハノイ便の旅行客が入国審査を終え、到着ホールに姿を見せる。それまでホールを眺めていたフォンが、急に動き出す。ミスターYの方を向き、手を差し出す。手のひらに何かを塗られているようだ。数秒後、ハンドクリームをなじませるようなしぐさで両手を擦り合わせながら、旅行客のあとを追いかける。

 旅行客が到着ホールの出口に差しかかった瞬間、フォンが背後から飛びつく。目隠しでもするかのように、肩越しに両手を伸ばして顔を触る。驚いた様子で振り返る旅行客に、フォンは小さく頭を下げて立ち去る。

 すぐそばでは、ミスターYが携帯電話を右手に掲げ、フォンの動きを追いかける。携帯電話のカメラで、動画を撮っているように見える。

ハノイの空港で「いたずら」をしようと通行人に近づくフォン(右の矢印)と、その様子を近くで撮影するミスターYとみられる人影(左の矢印)=関係者提供
ハノイの空港で「いたずら」をしようと通行人に近づくフォン(右の矢印)と、その様子を近くで撮影するミスターYとみられる人影(左の矢印)=関係者提供

1カ月目の手応え

 当初は勇気がわかず、撮影失敗を重ねていたフォンは、たった1カ月の間に、衆人環視の空港で人に飛びつくまでの大胆さを身につけていた。人混みの中で標的を定め、後ろから忍び寄る動作は、11日後に起きた正男氏暗殺事件と、全く同じ流れだった。

 フォンの弁護士によると、この「いたずら撮影」の出演料は100ドルだったという。

 手応えを得たフォンらは、翌々日からベトナムの外に撮影拠点を移す。ミスターYが手配した航空チケットで、フォンが降り立った先は、マレーシアのクアラルンプール国際空港。後に事件現場となる場所だった。

正男氏の背後から両手を伸ばして、顔に毒を塗ったとされるフォン(左)。その11日前、ハノイの空港でも同じ体勢で、通行人の顔に「いたずら」をしていた=関係者提供
正男氏の背後から両手を伸ばして、顔に毒を塗ったとされるフォン(左)。その11日前、ハノイの空港でも同じ体勢で、通行人の顔に「いたずら」をしていた=関係者提供

【カンボジアへの遠征】フォンの供述調書によると、フォンはミスターYやハナモリとともに2017年1月中旬に、カンボジアの首都プノンペンを訪れている。中級ホテルに2泊したが、ミスターYやハナモリは別の用事に取りかかっていて、撮影の機会がないまま3日後にハノイに戻ったという。正男氏の知人によると、カンボジアには北朝鮮で失脚した正男氏の親族が暮らしている。正男氏が立ち寄る場合に備えて、カンボジアを下見していた可能性がある。

カンボジアの首都プノンペンへの遠征で、フォンが泊まった中級ホテル
カンボジアの首都プノンペンへの遠征で、フォンが泊まった中級ホテル
<お断り>事件発生前から裁判までを振り返る連載「金正男暗殺を追う」(https://www.asahi.com/special/kimjongnam/3/)では、フォンさんの呼称(容疑者や被告など)の変化による混乱を防ぐため、呼称を省いています。フォンさんは4月1日にマレーシアの裁判所から禁錮刑を言い渡され、刑期を終えた5月3日に出所、ベトナムに帰国しました。
金正男暗殺を追う

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます