MENU CLOSE

連載

72640

#13 どうぶつ同好会

なでなでされると…コロン! 無防備な生後1カ月のカピバラが話題に

盛岡市動物公園が投稿した動画が注目を集めています。

なでなれてひっくり返ったツバキ
なでなれてひっくり返ったツバキ 出典: 盛岡市動物公園のツイッター動画より

目次

 盛岡市動物公園が投稿した動画が注目を集めています。飼育員になでられていた生後1カ月のカピバラが、気持ちよさそうにコロンとひっくり返っておなかを見せる姿が映っており、「一生見ていたい」といった声が寄せられています。4年前には「眠りの森」として話題になった動物園を取材しました。

生後20日ほどのころのツバキ
生後20日ほどのころのツバキ 出典: 盛岡市動物公園のツイッターより

カピバラのツバキです


 今月20日に盛岡市動物公園のツイッターアカウントが投稿した53秒の動画。

 映っているのは、3月16日に生まれたカピバラのツバキ(メス)です。

 首元を飼育員になでなでされると、気持ちよさそうに目を細め、おなかを見せてコロンとひっくり返ります。

 なで続けると、おなかを見せながら後ろ脚をピンと伸ばした状態に。完全にリラックスしているように見えます。

 この投稿に対して、「可愛いが過ぎる」「一生みてたい」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万7千、いいねは4万4千を超えています。


「よっぽど気持ちよかったのでは」


 「動画は投稿日の数日前に撮影したものです」と話すのは、広報担当の荒井雄大さん。

 もともと人懐っこいというカピバラ。父のモミジ、母のサクラもなでられると気持ち良さそうにしているため、飼育員に慣れてもらおうとツバキにも試したそうです。

 「あそこまでリラックスするケースはなかなかありません。よっぽど気持ちよかったんだと思います」

 2015年には、ポニーやラクダ、コールダックの行き倒れのような寝相をツイッター投稿して話題になった盛岡市動物公園。




 週末などは「動物が倒れているけど大丈夫?」と声をかけられることもあったそうで、ネット上では「眠りの森」といった声も上がっていました。

 「ポカポカしてきたので、いろいろな寝相を見ることができるチャンスです。夏は暑すぎて日陰に行ってしまうので、この時期が狙い目です」と荒井さん。

 ツバキの動画が話題になったことについては、こう話します。

 「可愛い動画だとは思いましたが、ここまで大きな反響をいただくとは思いませんでした。ツバキの成長はこれからもツイッターで投稿していく予定なので、ぜひアカウントをフォローして見守ってください」

連載 どうぶつ同好会

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます