MENU CLOSE

ネットの話題

654435

「令和」ひっくり返すと「平成」に変身! アンビグラム作品が話題に

「令和」の文字を逆さにすると「平成」と読める作品が、ツイッター上で注目を集めています。

「平成」の文字を逆さにすると「令和」
「平成」の文字を逆さにすると「令和」 出典: 野村一晟さんのツイッター

目次

 1日に発表された新元号「令和」。その文字を逆さにすると「平成」と読める作品が、ツイッター上で注目を集めています。元号発表から1時間で投稿したアンビグラム作家に話を聞きました。

「努力」をひっくり返すと「才能」に
「努力」をひっくり返すと「才能」に 出典: 野村一晟さん提供

アンビグラムとは


 アンビグラムとは、異なる方向からも読み取れるようにしたグラフィカルな文字のことです。

 話題の作品を投稿したのは、アンビグラム作家として活動している野村一晟さん。

 これまでにも、「努力」をひっくり返すと「才能」になったり、「独創」をひっくり返すと「模倣」になったり、といった作品を発表してきました。

「独創」をひっくり返すと「模倣」に
「独創」をひっくり返すと「模倣」に 出典: 野村一晟さん提供

1時間後にはツイート


 そんな野村さんが1日12時42分に、こんなツイートを投稿しました。

 「『平成』がさかさにすると『令和』になる文字を作りました」

 2枚の画像が添付されており、1枚目には「令和」、2枚目には「平成」と書かれています。

 実はこの2枚、同じ1枚の書を逆さにしたものです。

 この投稿に対して、「お見事」「すべてはつながっているのですね」「仕事が早すぎる」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万、いいねは4万を超えています。


作者に聞きました


 「1日に元号が発表されると聞いてから、ずっとこの時を待っていました」と野村さん。

 11時半から予定されていた発表に合わせて、テレビを見ながらパソコンの前にスタンバイ。いち早くアンビグラムを完成させて投稿しようと準備していたそうです。

 令和と発表された時の第一印象について、こう振り返ります。

 「これはできるかわかんないぞと、とても緊張しました」

「ただいま」をひっくり返すと「おかえり」に
「ただいま」をひっくり返すと「おかえり」に 出典: 野村一晟さん提供

象徴的な作品にしたかった


 過去に「昭和」をひっくり返すと「平成」になるアンビグラムを作成したことがあった野村さん。

 そのおかげもあって「和」と「平」の組み合わせは、その時のアイデアを生かせました。悩んだのは「令」と「成」の組み合わせでした。

 「令と成では画数が異なるので、どの線をごまかすか、そこに20分ほど悩みました」

 発表から1時間後にはツイートまで完了し、すぐにリツイートやいいねが増えていったそうです。

 「時代が変わる節目なので、象徴的な作品にしたいと考えていました。たくさんの反響がいただけてうれしいです」

 ◇ ◇ ◇

 野村さんの個展が、4月20~21日に大阪府立江之子島文化芸術創造センター、5月4~5日に名古屋市の市民ギャラリー矢田で開催されます。即興実演制作や作品展示、グッズ販売を行うそうです。


【動画】あの号外紙面、こうして生まれました「れ、れい!? 命令の令だっ」手に汗握るその瞬間……

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます