閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年03月14日

学校靴の定番「ジャガーΣ」 みんな履いてた名作は今…販売元に聞く

  • 24359

現在も販売されている「ジャガーΣ04」

現在も販売されている「ジャガーΣ04」

 友だちが履いていた学校靴の定番「ジャガーΣ」。側面のΣマークが印象的な軽量シューズで、来年で発売40周年を迎えます。あの名作が現在どうなっているのかを取材すると、ほぼ当時と変わらない商品や、現代風にアレンジされたオシャレな新作が存在することがわかりました。

現在も販売されている「ジャガーΣ04」

現在も販売されている「ジャガーΣ04」

1973年誕生の「ジャガー」シリーズ


 ジャガーΣを販売しているのはムーンスター(本社・福岡県久留米市)です。

 1952年にはヘルシンキオリンピックに出場するマラソン選手に競技用シューズを提供。

 その後、ランニングシューズだけでなくバスケット、テニス、ゴルフ、野球などのスポーツシューズも展開しました。

 それらを集約するカテゴリーとして1973年に誕生したのが「ジャガー」シリーズで、初めてΣを冠したのが「ジャガーΣ01」(1980年)でした。

 軽量性に特化した点が最大の売りで、当時としては画期的な1足175g(サイズ25cm)の軽さを実現。

 独自開発の発泡ウレタンソールは、軽さがありながら耐摩耗性も確保し、衝撃吸収性にも優れていました。

初めてΣを冠した「ジャガーΣ01」(1980年)

初めてΣを冠した「ジャガーΣ01」(1980年)

出典: ムーンスター提供

Σ03とΣ04は現在も販売中


 Σ01と同じ年に「Σ02」も発売されていますが、こちらは側面にΣマークが入っていませんでした。

 そして2年後の1982年には「Σ03」と「Σ04」を発売。

 Σ03は紐ではなく「面ファスナー」でフィット感を調整するタイプで、Σ04は最もポピュラーな学校靴タイプです。

 以降もΣシリーズのラインナップは拡大し、「Σテニス」や、5000万足突破を記念した「Σ5000リミテッド」といった商品も発売されました。

 現在残っているのは、Σ03、Σ04、Σ04CL(素材がスムース合皮)、Σセーフ06(反射材付き)の4商品。

 Σ03とΣ04については、見た目は変わっていませんが、使用する素材や配合バランスなどの改良を重ねているそうです。

現在も販売されている「ジャガーΣ03」

現在も販売されている「ジャガーΣ03」

出典: ムーンスター提供

担当者に聞きました


 ジャガーΣといえば学校指定靴のイメージが強いですが、なぜそうなったのか? ムーンスターの広報担当者に尋ねるとこんな答えが返ってきました。

 「資料としては残っていませんが、1950~60年代ごろから上履きを展開していて、学校用品を販売する小売店とのつながりがあって販売先として多かったこと、比較的低単価で安定的な品質の商品を提供できたことが理由と推測されます」

 販売先のつながり以外にも、生徒の動きにあったもの、華美でないもの、ある程度の耐久性があってそれに見合った価格であるもの、といった条件に合っていたことも理由のようです。

こちらは「ジャガーΣ11」

こちらは「ジャガーΣ11」

出典: ムーンスター提供

なぜΣだったのか


 βやγを冠したシューズは存在しないそうですが、なぜΣだったのか? その由来についても尋ねました。

 「定かなものは残っていませんが、ジャガーシリーズの中でも画期的な軽量性を実現したので、何か新しいイメージのΣを使用したと推測されます」

 そして、こう付け加えます。

 「当時のカタログに『精悍(せいかん)さとスピード感を表現したΣライン』との記載にあるように、デザイン上のイメージもあったようです。Σのマークでシューホールから靴底までつなぐことで、補強の役割としても理にかなったマークだといえます」

現代風アレンジの「SK SIGMA」

現代風にアレンジした「SK SIGMA」。シルエットや素材、カラーリングを一新した、懐かしさの中にどこか新しさを感じる商品

現代風にアレンジした「SK SIGMA」。シルエットや素材、カラーリングを一新した、懐かしさの中にどこか新しさを感じる商品

出典: ムーンスター提供


 今でも中高生の通学履きとしての需要があるというΣシリーズ。

 シンプルなデザインや、軽さと着脱の容易さなどから、大人世代や年配者の普段履きとしても人気だといいます。

 昨年からは、現代風にアレンジした「SK SIGMA」も販売。

 Σ04をベースにしながら、シルエットや素材、カラーリングを一新した、懐かしさの中にどこか新しさを感じる商品です。

 そんなΣシリーズの魅力について、広報担当者はこう話します。

 「学生のころ、何げなく履いていただいていた方も多いと思いますが、開発当時に研究を重ね、今も大きく変える必要がないほど機能的に考えられた商品です。軽さや耐久性、履き心地の良さ、国産で品質の良さなど、身に着けるもので40年近く変わらず存在する商品も珍しいのではないでしょうか。『学生の靴』というイメージが強いかもしれませんが、ぜひもう一度足を入れてみてほしいです」

学校靴の定番「ジャガーΣ」 みんな履いてた名作は今
前へ
現在も販売されている「ジャガーΣ04」
次へ
1/20
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする…。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする…。
Q&A
「除雪」の動画でこんなに感動するとは……深夜に動く「プロ集団」
「除雪」の動画でこんなに感動するとは……深夜に動く「プロ集団」
NEW
「走れる」って当たり前ですか?義足エンジニアが語る社会の整えかた
「走れる」って当たり前ですか?義足エンジニアが語る社会の整えかた
PR
目の動きで車いす操作「サイボーグマスク」...
目の動きで車いす操作「サイボーグマスク」...
ツッコミは全21種類!? 漫才研究を極めた芸...
ツッコミは全21種類!? 漫才研究を極めた芸...
卒業の日に流した涙…「質量のない日々」なんてない 漫画作者の思い
卒業の日に流した涙…「質量のない日々」なんてない 漫画作者の思い
外国人観光客が撮った写真を調査したら…ある飲み物の「謎さ」を認識
外国人観光客が撮った写真を調査したら…ある飲み物の「謎さ」を認識
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
PR
「食パン袋とめるアレ」、実は埼玉の名産品...
「食パン袋とめるアレ」、実は埼玉の名産品...
NGT48暴行事件の温床、私的つながり求める「厄介」 放置の運営
NGT48暴行事件の温床、私的つながり求める「厄介」 放置の運営
NEW
阪神の糸原、母に送ったLINE 入団3年目でキャプテン 海外挑戦は?
阪神の糸原、母に送ったLINE 入団3年目でキャプテン 海外挑戦は?
「自分探し」平成で定着 「解放」の尾崎豊から「探求」のミスチルへ
「自分探し」平成で定着 「解放」の尾崎豊から「探求」のミスチルへ

人気

もっと見る