MENU CLOSE

話題

7544

「猫耳キャップ」作ってみたよ! 3Dプリンタ製、サントリーに聞いた

「猫キャップつくってみた」。そんな文言とともに投稿された画像が、ネット上で注目を集めています。

話題になった「猫キャップ」
話題になった「猫キャップ」 出典: サントリーのツイッター

目次

 「猫キャップつくってみた」。そんな文言とともに投稿された画像が、ネット上で注目を集めています。作ったのは「サントリー天然水」を製造しているグループ会社です。広報担当者に話を聞きました。

話題になった「猫キャップ」
話題になった「猫キャップ」 出典: サントリーのツイッター

22日にツイッターで発表


 今月22日、サントリーの公式ツイッターアカウントが「猫キャップつくってみた」という文章とともに画像を投稿しました。

 写っているのは、サントリー天然水のペットボトルですが、キャップ部分が少し異なっています。

 側面のギザギザがついた部分に突起が2つあり、猫の耳のような形になっているのです。

 この投稿に対して、「これから発売されるのかしら」「指がかけられて開けやすくなるんじゃないかな」といったコメントが寄せられ、リツイートは8万、いいねは27万を超えています。


広報担当者に聞きました


 猫キャップを作ったのは、サントリー天然水を作っているサントリー食品インターナショナルです。

 「2月22日の猫の日に合わせて、他の企業がやっていないことをやろうと思って企画しました」と広報担当者は言います。

 当初はツイッターのプロフィールアイコンを猫っぽいものに変更しようかとも考えたそうですが、もう一ひねりして猫キャップを作ることになったそうです。

 「ボトルやキャップを手がけている社内のデザイナーに相談して、3Dプリンタで制作しました」


商品化は?


 ツイッターで発表したところ、その可愛さだけでなく、「キャップが開けやすくなる」といった実用性を評価する声も多く寄せられました。

 「可愛らしい表現にこだわって作ったので、そのようなご意見は意外でした」

 商品化を望む声に対しては、「みなさまに楽しんでいただくために制作したものなので、商品化の予定はありません」とのことでした。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます