閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年12月26日

かわいすぎ!ベトナム雑貨「トーヘ」生まれた理由に泣きたくなった…

  • 1794

トーヘファンの活動に参加して絵を描いた、障害のあるベトナムの子どもたち

トーヘファンの活動に参加して絵を描いた、障害のあるベトナムの子どもたち

出典: to he提供

 ベトナムのお土産として、日本人にも人気の雑貨をつくる会社がハノイにあります。その名は「to he(トーヘ)」。バッグやぬいぐるみは、カラフルな色合いと、のびのびとした楽しいデザインが特徴。好きが高じて創業者に話を聞きに行ったら、ますます好きになってしまいました。(朝日新聞ハノイ支局長・鈴木暁子)

知る人ぞ知るハノイの人気雑貨店

 トーヘはハノイの旧市街とコーザイ地区に店舗があるほか、各地の雑貨店などにも商品が置かれています。空港の売店などにも売っているので、ベトナム旅行の経験がある方なら見覚えがあるかもしれません。

 でも、まだトーヘが知られていなさすぎーる!

 日本のみなさん、いったいどこでベトナム雑貨買ってるの? ここにベトナムオリジナルがいっぱいあるのに。

 と私は主張したいのです。

トーヘの人気商品のアイマスク。つけるとへんな顔になります=鈴木暁子撮影

トーヘの人気商品のアイマスク。つけるとへんな顔になります=鈴木暁子撮影

 トーヘの商品はピンクや赤や黄色でいろどられた、メルヘンの世界。

  私が一番好きなのが、絵本からとびだしてきたようなカエルの人形です。片側はなんだか寂しそうな顔で、ひっくり返すとへへへと笑っています。色えんぴつか何かでぐりぐり色をつけたみたいな緑色。6歳の息子が毎晩一緒に寝るお友だちです。

 毎日使うパソコンバッグはいろんな絵柄がありますが、私のは、なんか川に流されているみたいな4人組の絵……ほっとします。なんでかな。

悲しそうだけどなんだか愛着がわくカエルの人形と愛用のパソコンケース=鈴木暁子撮影

悲しそうだけどなんだか愛着がわくカエルの人形と愛用のパソコンケース=鈴木暁子撮影

 おすすめはスカーフ。シーズンごとにいろんな絵柄やデザインが出てくるんです。

 私が「トーヘ」の存在に気づいたのもスカーフがきっかけでした。雑貨店で色とりどりのポーチなどを見たことはあったのですが、ハノイ支局で働くベトナム人の助手さんが、訪ねてきた私の母にプレゼントしてくれたのが、白と緑が基調のすてきなスカーフだったんです。

 かわいいのに、60代後半の女性にも似合う。なんだろうこのデザインの魅力は、と興味をもちました。

かわいいししゅうをあしらったスカーフはプレゼントにも=鈴木暁子撮影

かわいいししゅうをあしらったスカーフはプレゼントにも=鈴木暁子撮影

  首都ハノイの市内にある本社兼店舗の小さな建物を訪ねました。

 店にはバッグ(45万ドン、1万ドン=約49円)、ししゅうしたポーチ(24万ドン)などのほか、普段着にもしやすいオリジナルのアオザイ(89万ドンなど)や子ども服も。

 スカーフは秋をイメージさせるピンク柄(69万5000ドン)が一番人気だそう、とてもきれいです。

鮮やかなアオザイや雑貨が並ぶトーヘの店内。壁はピンク色=鈴木暁子撮影

鮮やかなアオザイや雑貨が並ぶトーヘの店内。壁はピンク色=鈴木暁子撮影

 「商品の販売を始めたのは2012年。主事業を支えるためのアイデアだったんです」。

 夫と友人とともに会社を立ち上げた創業者の一人、ファム・ティ・ガンさん(41)はこう話します。

 ガンさんはもともと、夫とデザインと広告の会社を運営していました。あるとき、慈善活動の一環で、障害があり、家族のいない子どもたちが暮らす政府運営の施設をNGOとともに訪ねることになったそうです。

 数カ月にわたるプロジェクトでは絵を描く機会がたびたびありました。

ハノイのコーザイ地区にあるトーヘ店舗の外観

ハノイのコーザイ地区にあるトーヘ店舗の外観

 「想像する私の家族を描いてもいい?」

 子どもたちはのびのびと描きます。手が不自由で、足を使って描く子もいました。

 「普段からベトナムの若いデザイナーとのつきあいがあったんですが、子どもたちの絵をみて圧倒されました。例えば、なんとも間抜けな顔をした犬の絵なんだけれど、なぜかすごく心をつかまれる。たいていちょっとおもしろくて、技術では描けない遊び心がある。なんて素晴らしいんだろうって」

あのピカソも気づいていた

 活動に参加するうちに、ガンさんは、生まれてすぐに寺や施設に預けられたり、育児を放棄されたりした障害児がたくさんいるベトナムの現状も知ることになりました。

 施設には十分なお金もない。何かできないだろうか。ぼんやりとそんなことを考えていた2005年、夫とともに欧州を旅し、美術館をめぐる機会がありました。その中の一つが、スペインのバルセロナで訪れた「ピカソ美術館」でした。

のびのびと絵を描く、「トーヘファン」の活動に参加する子どもたち

のびのびと絵を描く、「トーヘファン」の活動に参加する子どもたち

出典: to he提供

 そこで出会ったのが、ピカソのこんな言葉でした。

 「ラファエルのように描けるようになるまで4年かかった、でも子どもみたいに描けるようになるには一生かかった」

子どもの描いた作品を使ったバッグの模様=鈴木暁子撮影

子どもの描いた作品を使ったバッグの模様=鈴木暁子撮影

 ぴしゃーん、ガンさんは雷に打たれたようになりました。

 「そうか、ピカソはあのマジカルな子どもの持つ世界に気がついていたんだ。世界の名だたる芸術家も、子どもみたいに描けるようになりたいと憧れながら描いていたんだ」

 ガンさんはもとの仕事もやめて、事業化に向けて走り出しました。2006年に、課題解決を目指す社会的企業としてのトーヘがスタートしました。

 でもまだガンさんは、どうしたら子どもたちの描いた絵を多くの人に広めることができるか、そのための資金や子どもたちが使えるお金をどのように生み出すことができるか、考えあぐねていました。

売り上げの5%を子どもに

 まずは障害をもった子どもたちがいる施設を訪ね、信頼できる施設と協力関係を結びました。なかなか事業が軌道に乗らず、出資してくれた知人が手を引いてしまったことも。

 それでも徐々に形になっていったのが、「トーヘファン」という事業です。協力する12の施設の子どもたちが週に1~2時間、自由に絵を描くプロジェクトです。絵を描くための場とサポートするスタッフをトーヘが提供します。知的障害のある人は年齢を問わず参加できるようにしました。

 子どもたちが描いた絵の中から、各施設の担当者がまず作品を選んでトーヘ側と共有し、そこからイメージを膨らませ、商品化に生かす絵を選びます。バッグなどの商品に作品が採用された場合、その子どもに、売り上げの5%が渡される仕組みです。

一心不乱に絵を描く子どももいる、「トーヘファン」のひとこま

一心不乱に絵を描く子どももいる、「トーヘファン」のひとこま

出典: to he提供

 2012年に製品の販売をスタート。現在、毎週200人が「トーヘファン」に参加し、計300人の作品がこれまでに製品化されました。中には数千ドルの収入を得た子どももいるそうです。

 収入は障害の程度や家庭環境によって、施設や親が管理し、子どもの成長に必要なものの購入にあててもらいます。製品にならなかった作品もオンライン上のギャラリー「トーヘバンク」に保存し、広く公開していく準備を進めています。

 活動をきっかけに、アーティストとして成功し始めた人もいます。

 その1人がバン・ミン・ドクさん(26)。自閉症のため、人と一般的なコミュニケーションをとるのがあまり得意ではなく、普段はあまりおしゃべりもしないそうです。ただ、絵を描いている間はずっとハミングをし、歌いながら手を動かしています。

 もう1人、自閉症で難病のヌーナン症候群を患うネムさん(13)は「Nem Gallery」というフェイスブックのサイトで作品を描く様子などを公開しています。

 2人はコーチとして、「トーヘファン」で子どもたちが絵を描きやすいようサポート役もしています。

ドクさんが描いた絵をもとにしたトーヘのパソコンケース=鈴木暁子撮影

ドクさんが描いた絵をもとにしたトーヘのパソコンケース=鈴木暁子撮影

 ガンさんによると、企業としてやっと利益が出るようになったのは2015年。製品販売の売り上げは、事業の運営に回すことで循環させているそうです。最近では、障害のあるなしに関わらず、子どもを対象にしたイベントも開いています。

 マレーシアの格安航空会社エアアジアは、機内販売でトーヘのアイマスクやポーチを扱っているほか、新入社員に配られるポーチのデザイン制作もトーヘに依頼しました。こうした外部とのつながりもさらに増えていくかもしれません。

なぜこんなにキラキラ

 お客さんはベトナム人と外国人が半々だそう。主にどんな人が買っているのでしょう。

 ガンさんがこう話していました。「当初は10、20代の若者を主な購入層にできると考えていたのですが、うまくいかなかったんです。いま主な購買層は40~45歳の女性です」。

 私は45歳、はい、どんぴしゃりです。でも、なぜ?

45歳の鈴木記者。なぜこんなにトーヘにひかれるのかわかった=店員さん撮影

45歳の鈴木記者。なぜこんなにトーヘにひかれるのかわかった=店員さん撮影

 「働いたり、子どもを育てたり、いろいろな経験を重ねて、40代になってやっと気がつくんですね。ふざけたり、おどけたり、遊ぶことが大好きな子ども時代の、あの純粋な陽気さって、なんて得がたい価値があったんだろうって。

 でも、かつて持っていたはずの遊び心を、私たちは大人になると忘れてしまう。この間まで子どもだった若い世代の多くは、その価値にはまだ気がつくことができないのだと思います」

 鈴木記者、もう泣きそうです。そうか、だからこのお店にくるとすべてがキラキラしてみえるんだ。

 もっとプレイフルに、リラックスして、人生を楽しもう。「そういうメッセージを持ったベトナムからのギフトだと思ってトーヘの製品を使ってもらえたらうれしいです」とガンさんは話します。

夜店で売られている食べられるお人形の「トーヘ」。会社名のもとになった=鈴木暁子撮影

夜店で売られている食べられるお人形の「トーヘ」。会社名のもとになった=鈴木暁子撮影

 ところで、トーヘってどういう意味があるのでしょう。

 実は、ベトナムの夜店などで今も売られている串に刺したお人形のことです。米粉や自然の染料が使われていて、遊んだ後には食べることもできます。

 遊びを通じて、子どもが食べたり、学んだり、生活するための利益を得られる、企業の取り組みを表すのにぴったりだと考えてつけたのだそうです。

忘れてた子ども心 思い出させるベトナム雑貨店
前へ
悲しそうだけどなんだか愛着がわくカエルの人形と愛用のパソコンケース
次へ
出典:鈴木暁子撮影
1/13
前へ
次へ

あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る