MENU CLOSE

話題

144430

30年前の落とし物、今も幸せに暮らしてます 手編みの衣装は2着目に

「30年前のお客様の忘れ物をご紹介します」。そんなツイートが、ネット上で注目を集めています。

博物館職員が手編みした衣装を身につけたドナルドダックのぬいぐるみ
博物館職員が手編みした衣装を身につけたドナルドダックのぬいぐるみ 出典: 致道博物館のツイッター

目次

 「今日は30年前のお客様の忘れ物をご紹介します」。そんな文章で始まるツイートが、ネット上で注目を集めています。つぶやいたのは、庄内藩酒井家の史料などを展示している致道博物館(山形県鶴岡市)です。投稿した職員に話を聞きました。

致道博物館の敷地内に保存されている「旧西田川郡役所」
致道博物館の敷地内に保存されている「旧西田川郡役所」 出典: 致道博物館のツイッター

大事にお預かりしています


 今月7日、致道博物館のツイッターアカウントがこんなつぶやきを投稿しました。

 今日は30年前のお客様の忘れ物をご紹介します

 博物館駐車場に落ちていた あひる、、(笑)

 お洋服を編んであげたり お風呂に入れてあげたり

 去年 30年ぶりに服を編んであげて すっかりドナルドダックらしくなりましたよ

 30年経ったいまも 大事にお預かりしています

 添付されている4枚の写真にはドナルドダックのぬいぐるみが写っており、全身を洗ってもらう様子や、職員が手編みした服を着せられた姿などが確認できます。


職員に聞きました


 この投稿に対して、「スタッフさん優しすぎ」「私のではないけど、お礼を申し上げたい気持ち」「持ち主見つかったら映画化」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万3千、いいねは2万2千を超えています。

 「何をつぶやこうかと困っていた時、事務室の中で目が合ったのがきっかけでした」と話すのは、アルバイト職員の長南千春さんです。

 今から約30年前。受付の担当者が「駐車場の県外ナンバーの車が止めてあった所に落ちてましたよ」と持ってきたそうです。

 「もう季節までは思い出せません。冬が来る前に『服も汚れているし、このままじゃ寒いだろう』と思って帽子とセーターを編んで着せることにしました」

こちらが2着目となる手編みの衣装
こちらが2着目となる手編みの衣装 出典: 致道博物館のツイッター


 落とし物としての問い合わせはなく、事務室の中で職員たちの席をあちこち移動しながら今に至るそうです。

 手編みの衣装はすでに2着目で、今年の夏には全身を洗ってもらってピカピカになりました。

 ツイートが話題になったことについて、長南さんはこう話します。

 「とにかくビックリしています。お心当たりのある方は当時のお写真など確認できるものをお持ちの上、ご連絡ください。もちろん、そのままお預かりすることも可能ですよ」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます