close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年11月20日

天才の発想!「CMを挟むしおり」 読書を楽しめる逸品、作者に聞いた


  • 8709

話題の「CMを挟むしおり」はこちら

話題の「CMを挟むしおり」はこちら

出典: 有村泰志さんのツイッター

最新ニュースを受け取る

 本をどこまで読んだかわかるように挟んでおく「しおり」。その新しい活用方法を提案した作品が、ネット上で注目を集めています。その名も「CMを挟むしおり」。これを挟むことで、読み進めていた本の途中でCMが始まったかのような気分になれるのです。制作の経緯を作者に聞きました。

話題の「CMを挟むしおり」はこちら

話題の「CMを挟むしおり」はこちら

出典: 有村泰志さんのツイッター

こんなしおりです


 今月17日、「CMを挟むしおり」というタイトルでツイッター投稿された画像。読みかけの本にしおりが挟んである様子が映っています。

 挟むことで本文を隠すかたちになりますが、しおり自体に文章が書かれているため、続けて読むことができます。

 書かれている文章は、以下の通りです。

 物語の途中ですが、ここで一旦CMです。

 妻「あなた、今日はいいニュースと悪いニュースの2つあるの、どっちを先に聞きたい?」

 夫「そうだな、やっぱり。いいニュースだな」

 妻「あなたの車の、エアーバッグは正常に動作したわ」

 私たちにお任せください。自動車保険のサニー損保


作者に聞きました


 しおりを挟むことで、まるで本の途中でCMが流れてきたように読める仕掛けが施されているのです。

 この投稿に対して、「全てにおいて完璧なしおり」「思いつきそうで思いつかなかった天才的なアイデア」「CM終わったら話飛んでるやん」といったコメントが寄せられ、リツイートは6万、いいねは20万を超えています。

 制作したのは、東京都在住のグラフィックデザイナー・有村泰志さんです。どういった経緯で生み出された作品なのか? 詳しく話を聞きました。



 ――「CMを挟むしおり」のアイデアはどのようにしてひらめいたのでしょうか

 読書をしていたときに何げなく使ったしおりを見て、「新しい活用方法って何かないかな」と思ったのがキッカケです。

 本の途中に挟んで目印にするという地味な役割なだけに、これまでスポットライトを浴びてこなかった道具だと思うので、まだ手付かずというか、アイデア次第で全く新しいものが生まれそうだと思い、制作に至りました。


オススメの使い方は


 ――CMの内容はどのようにして考えたのでしょうか

 有名なアメリカンジョークを引用しています。たった数行で読者を惹きつけるにはアメリカンジョークが一番適していると思いました。制作にあたっては、ラジオCMを意識しています。

 ――商品化の予定は

 いくつかCM内容のパターンを考えて販売したいなと思っています。



 ――オススメの使い方があれば

 テレビCMやラジオCMって、ちょっとした休憩時間としての役割もあると思います。このしおりも同じように、ちょっとコーヒーブレイクしたいときなんかに、CMを挟む感覚で使っていただければと思ってます。

 ――多くの反響が寄せられていることについては

 皆さんに楽しんでいただけて嬉しい限りです!

天才の発想「CMを挟むしおり」 読書を楽しめる逸品、作者に聞いた
前へ
「CMを挟むしおり」
次へ
出典:有村泰志さんのツイッターより
1/15
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

お母さんは忙しいから… 「遠足の弁当つくって」が言えなかった息子
お母さんは忙しいから… 「遠足の弁当つくって」が言えなかった息子
「新たまねぎ」が生き返らない!声優・落合福嗣さんと娘の挑戦が話題
「新たまねぎ」が生き返らない!声優・落合福嗣さんと娘の挑戦が話題
はやぶさ2、大成功支えた2つの秘訣 指揮官が力込めた初代との違い
はやぶさ2、大成功支えた2つの秘訣 指揮官が力込めた初代との違い
「バラティエ」は本当にあったんだ……熊本で見つけた尾田さんの足跡
「バラティエ」は本当にあったんだ……熊本で見つけた尾田さんの足跡
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR
「香港」を回転すると……デモきっかけに誕生...
「香港」を回転すると……デモきっかけに誕生...
思わず開けたくなる封筒! 糸をたどると魚...
思わず開けたくなる封筒! 糸をたどると魚...
貧しいのは本人のせい?エリートに広がる「自己責任論」、越えるには
貧しいのは本人のせい?エリートに広がる「自己責任論」、越えるには
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
「アメリカウルトラ」熱中した42歳、クイズ再開で思い知った「加齢」
「アメリカウルトラ」熱中した42歳、クイズ再開で思い知った「加齢」
使うほど富士山になる消しゴム 学生時代に発案、入社4年目で商品化
使うほど富士山になる消しゴム 学生時代に発案、入社4年目で商品化
こんなMONOまであるの? リュックにスニー...
こんなMONOまであるの? リュックにスニー...

人気

もっと見る