close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年11月19日

「記者に書類を渡し、逮捕しろ」警察官も証言した〝仕組まれた事件〟


  • 1750

懲役7年の実刑判決を受けた、ロイター通信のワローン記者(中央)。逮捕直後から一貫して無実を訴えている=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

懲役7年の実刑判決を受けた、ロイター通信のワローン記者(中央)。逮捕直後から一貫して無実を訴えている=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: ザーニーピョー氏撮影

最新ニュースを受け取る

 ミャンマーで今年9月、ロイター通信の地元記者2人が、国家機密に触れたという理由で懲役7年の刑を受けました。2人は少数派のイスラム教徒ロヒンギャに対するミャンマー国軍の殺害行為を取材中でした。最初から仕組まれていた可能性が持ち上がっています。(朝日新聞ヤンゴン支局長兼アジア総局員・染田屋竜太)

ワローン氏とともにロヒンギャ殺害事件を取材していたチョーソーウー記者。拘束期間はすでに300日を超えている=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

ワローン氏とともにロヒンギャ殺害事件を取材していたチョーソーウー記者。拘束期間はすでに300日を超えている=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: ザーニーピョー氏撮影

驚きの証言、ざわつく法廷

 今年4月、ミャンマー最大都市ヤンゴン。地元や欧米のメディアの記者約50人でほぼ満員となった法廷で、1人の警察官が証言台に立ち、話し始めました。

 「私たちは警察署内の一室に集められ、上官から指示を受けた。『記者に書類を渡せ。受けとったらすぐに逮捕しろ』と言われました」

 ざわつく法廷。私もミャンマー人同僚の通訳を聞き、「本当か」と体が固くなりました。

 逮捕はあらかじめ仕組まれ、しかも上官の命令によるものだったと公の場で表明したのです。

予審裁判後、報道陣に囲まれる、ワローン氏らの弁護士(中央2人)。検察側の主張の矛盾を指摘し続けた=2018年4月、ミャンマー・ヤンゴン

予審裁判後、報道陣に囲まれる、ワローン氏らの弁護士(中央2人)。検察側の主張の矛盾を指摘し続けた=2018年4月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: 染田屋竜太撮影

 被告になっているロイター通信のワローン記者(32)とチョーソーウー記者(28)は昨年12月、ヤンゴンのレストラン近くで逮捕されました。

 容疑は、100年ほど前につくられた「国家機密法」の違反。「国家の安全や利益を害する情報を取得、発信して敵を有利にした」場合などに最長14年の懲役を科すとされています。

 ミャンマー警察は逮捕しても理由や経緯を世間に発表しません。情報を集めると、どうやら容疑は記者2人がレストランで警察官から書類を受け取り、そこに「国家機密」が書かれていたということのようです。

予審で警察のでっち上げ逮捕について証言した警官のモーヤンナイン氏(左端)。法廷では「私は全て本当のことを言っている」と繰り返した=2018年4月、ミャンマー・ヤンゴン

予審で警察のでっち上げ逮捕について証言した警官のモーヤンナイン氏(左端)。法廷では「私は全て本当のことを言っている」と繰り返した=2018年4月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: 染田屋竜太撮影

 警察官の証言が出たのは、裁判をするべきかどうかを決める予審の最中でした。

 記者は一貫して「書類は受け取ったが、中身は読んでいない」と主張してきました。目を通す暇もなく、店を出たところで逮捕されたといいます。

 もし証言が本当なら、警察が記者を陥れて逮捕するために、わざと書類を渡したことになります。

 驚いたのは、警察官が検察の証人だったこと。ふつうは検察の主張を補強する証言をします。

ワローン氏らはこのレストランで警察官から書類を受け取り、すぐ外で逮捕された。地元のミャンマー人が訪れる、ミャンマー料理店だ=2018年4月、ヤンゴン

ワローン氏らはこのレストランで警察官から書類を受け取り、すぐ外で逮捕された。地元のミャンマー人が訪れる、ミャンマー料理店だ=2018年4月、ヤンゴン

出典: 染田屋竜太撮影

 弁護士ですら「予想もしない展開だった」と驚いていました。警察官はこの証言をすることを、法廷に入るまで胸に秘めていたようです。

 法廷の外では、この警察官を数十人の記者らが囲みましたが、ほぼ無言でした。

 検察は「この警察官はこれまでの取り調べではこんな発言をしていなかった。信用に値しない。証拠として採用すべきではない」とやっきになって主張、逆に弁護側は「勇気を出してよく言ってくれた」と応戦。

 結局、この発言は証拠と認められました。裁判所は検察の主張を退けたわけです。

ワローン氏は、逮捕されなければ、ジャーナリストとしてのスキルを上げるため、ヨーロッパに留学する予定だったという=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

ワローン氏は、逮捕されなければ、ジャーナリストとしてのスキルを上げるため、ヨーロッパに留学する予定だったという=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: ザーニーピョー氏撮影

 これは記者が無罪になる可能性はかなり高くなった。そう思って話を聞くと、弁護士は「裁判官がどう判断するか最後までわからない」と固い表情。

 このときは不思議でした。

 ところが、7月に正式な公判が始まることが決まりました。弁護側の主張は認められなかったことになります。

 そして9月3日、記者に懲役7年の実刑判決が下されました。いったいあの証言は何だったんでしょうか。

謎だらけの判決

ワローン氏の妻、パンエイさん。夫の拘留中に新しい命を授かった。「1人で悲しくなるときはあるが、彼のことを思って日々過ごしている」と話した=2018年4月、ミャンマー・ヤンゴン

ワローン氏の妻、パンエイさん。夫の拘留中に新しい命を授かった。「1人で悲しくなるときはあるが、彼のことを思って日々過ごしている」と話した=2018年4月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: 染田屋竜太撮影

 判決文はミャンマー語でA4用紙13枚。翻訳会社にすべて訳してもらい、隅から隅まで読みましたが、警察官の証言については1文字も出てきません。

 当初の逮捕理由は、警察官から受け取った書類が国家機密に関わるという容疑だったはずが、判決が触れているのはその後に発見された携帯電話のデータのことばかり。 

 重視されていたのは、記者らの携帯電話にミャンマーを昨年11月に訪れたローマ法王の滞在日程や、ミャンマー政府高官の出張日程などの情報が入っていたことでした。

妻と一緒に法廷に入る、ワローン氏。家族の顔を見られるのは、裁判の前後だけだ=2018年4月、ミャンマー・ヤンゴン

妻と一緒に法廷に入る、ワローン氏。家族の顔を見られるのは、裁判の前後だけだ=2018年4月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: 染田屋竜太撮影

 しかし、この日程をいつ、どうやって記者が入手したか、判決は特定していません。

 情報の多くは国営メディアなどによって既に報じられているものです。

 また、判決は非合法の武装組織リーダーの携帯電話番号を書いたノートが記者の自宅から見つかったとして、「国家の重要な情報が反対勢力に渡る可能性があった」と結論づけています。

検察側の証人として法廷に立ち、仕組まれた逮捕の内幕を証言した警察官のモーヤンナイン氏(中央)。警察内の裁判で実刑判決を受け、拘束状態が続いている=2018年4月、ミャンマー・ヤンゴン

検察側の証人として法廷に立ち、仕組まれた逮捕の内幕を証言した警察官のモーヤンナイン氏(中央)。警察内の裁判で実刑判決を受け、拘束状態が続いている=2018年4月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: ロイター

 ですが、このリーダーは昨年、首都ネピドーで開かれた和平会議の場に姿を見せ、記者会見まで開いています。別の地元メディアの記者にきくと、その場で多くの記者が携帯番号を教えてもらったといいます。

 弁護士は、「初めから有罪前提で進められたのではないか」と憤ります。

実刑が決まり、涙を浮かべて会見する、ワローン氏の妻(左)と、チョーソーウー氏の妻。「夫はジャーナリストとしての仕事をしただけだ」と訴えた=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

実刑が決まり、涙を浮かべて会見する、ワローン氏の妻(左)と、チョーソーウー氏の妻。「夫はジャーナリストとしての仕事をしただけだ」と訴えた=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: 染田屋竜太撮影

 アウンサンスーチー国家顧問は「言論の自由の抑圧ではない。国家機密法を破ったかどうかが問題だ」と話し、判決を批判せず。

 スーチー氏が「判決はおかしい」と言えば「司法への介入だ」とされる可能性もあり、やむを得なかったのかもしれませんが……。

 判決の翌日、地元の新聞は1面に黒塗りの写真を掲載したり、チョーソーウー氏の白黒の写真を載せたりして判決を非難。

 ある地元紙の編集長は、裁判取材の過程で軍側から記事を訂正しろと圧力があったことを認めた上で、「この事件には、ミャンマーの報道の自由がかかっている」と決意を話しました。

懲役刑が言い渡された翌日のミャンマーの地元紙では、黒塗り写真や白黒写真で「報道への圧力」に反発する記事が掲載されました

懲役刑が言い渡された翌日のミャンマーの地元紙では、黒塗り写真や白黒写真で「報道への圧力」に反発する記事が掲載されました

最高裁判事、過半数が軍出身

 なぜこんな判決になったのか。軍や警察から裁判所に圧力があったのでしょうか。

 記者の弁護をしたキンマウンゾー弁護士は、「証拠のないことで臆測を言いたくない」と言葉を濁します。

 ただ、別の弁護士は「検察と裁判所の間でどんなやりとりがされているか、一般人には知るよしもない」と不透明さを指摘します。

懲役判決後、ミャンマーのジャーナリストたちも声を上げ始めました。軍事政権時代、ずっと言論を押さえつけられてきた報道機関。ワローン氏らの即時釈放を求めています=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

懲役判決後、ミャンマーのジャーナリストたちも声を上げ始めました。軍事政権時代、ずっと言論を押さえつけられてきた報道機関。ワローン氏らの即時釈放を求めています=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: ザーニーピョー氏撮影

 裁判官の人事には、ミャンマー最高裁判所の裁判官の声が大きく影響すると言われます。ところが、現在11人いる最高裁判事のうち、7人は軍出身者です。

 「この状態で『司法の独立』とはとてもいえない」と、ある弁護士は匿名を条件に話しました。

 2人の記者は、国軍によるロヒンギャ殺害事件を追っていました。

 ロヒンギャが難民になったのは昨年8月、政府の治安部隊が掃討作戦をしたからです。国際社会の非難にもかかわらず、ミャンマー国軍は昨年11月の調査でロヒンギャ迫害は「なかった」と結論づけていました。

報道陣に笑顔を向け、法廷に入るワローン氏。拘留中に生まれた子どもとは、裁判の時しか顔を合わせられない=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

報道陣に笑顔を向け、法廷に入るワローン氏。拘留中に生まれた子どもとは、裁判の時しか顔を合わせられない=2018年9月、ミャンマー・ヤンゴン

出典: ザーニーピョー氏撮影

 ところが、記者が12月に逮捕されると、今年1月になって国軍は調査結果をひるがえし、ロヒンギャの殺害に兵士7人が関わっていたと認定。

 これは推測でしかありませんが、取材が進んでいることを察知して逮捕が仕組まれ、スクープとして報道される前に発表した可能性があります。

 ロイターは2月、残った同僚らが取材を引き継いで記事にしました。殺されたロヒンギャ10人の家族を捜してバングラデシュの難民キャンプまで行き、どんな人たちだったか写真も含めて特定しています。90万人近く難民のいるキャンプで全ての家族を見つけだしたこと、ロイター通信の「意地」を感じた素晴らしい特集記事でした。


10月、日メコン首脳会議で来日したアウンサンスーチー国家顧問に、安倍首相はロイター通信の裁判に「日本が関心を持っている」と伝えたといいます

10月、日メコン首脳会議で来日したアウンサンスーチー国家顧問に、安倍首相はロイター通信の裁判に「日本が関心を持っている」と伝えたといいます

出典: ロイター

 国軍は4月、法廷で警察官の証言が飛び出す前の段階で、この7人を懲役10年の刑に処すと発表していました。取材は正しかったわけです。ところが、彼らは懲役刑に科されました。

 そして、証言した警察官は「上司の指示に従わなかった」として拘束されています。

 記者らは11月、判決を不服として上級裁判所に上訴しました。

 弁護士は「最後まで、どんな手を使ってでも戦う」と話しています。

でっち上げ逮捕で口封じ? ミャンマー司法の闇
前へ
「国家機密法違反」の罪で実刑判決を受けた、ロイター通信のワローン記者
次へ
出典:2018年9月、ヤンゴン、ザーニーピョー氏撮影
1/19
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
「アメリカ横断ウルトラクイズ」とは何だっ...
「アメリカ横断ウルトラクイズ」とは何だっ...
天井から千手観音の手が! 「観音電車」の中吊り、京福電鉄に聞いた
天井から千手観音の手が! 「観音電車」の中吊り、京福電鉄に聞いた
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
車庫入れみたいな甘え方? 縦列駐車、交通事故…愛犬のしぐさが秀逸
車庫入れみたいな甘え方? 縦列駐車、交通事故…愛犬のしぐさが秀逸
障害者を「ギャグ」にした漫画家 ヤンキーとのラブコメ、思わぬ反響
障害者を「ギャグ」にした漫画家 ヤンキーとのラブコメ、思わぬ反響
「アントニオ猪木はBARにいる」政界引退直前、伝説の人を探した夜
「アントニオ猪木はBARにいる」政界引退直前、伝説の人を探した夜
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉...
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉...
「君の名は。」新聞広告、中国人も感動 SNSで飛び交った言葉
「君の名は。」新聞広告、中国人も感動 SNSで飛び交った言葉
お母さんは忙しいから… 「遠足の弁当つくって」が言えなかった息子
お母さんは忙しいから… 「遠足の弁当つくって」が言えなかった息子
いわしパフェの京都水族館、今度は「オオサンショウウオ鴨川ソーダ」
いわしパフェの京都水族館、今度は「オオサンショウウオ鴨川ソーダ」
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR

人気

もっと見る