MENU CLOSE

連載

12473

#7 コミチ漫画コラボ

「ハロウィンしたいけど、恥ずかしい」素直じゃない中学生描くマンガ

「#ハロウィンの思い出」をテーマに作品を募集した企画で、大賞に決まったワダシノブさんのマンガ「ハロウィンしたいけど、恥ずかしい女の子たちのはなし」
「#ハロウィンの思い出」をテーマに作品を募集した企画で、大賞に決まったワダシノブさんのマンガ「ハロウィンしたいけど、恥ずかしい女の子たちのはなし」 出典: コルクBooks

目次

漫画のSNSを運営するコルクBooksとwithnewsがコラボし、「#ハロウィンの思い出」をテーマに作品を募集した企画で、思春期の女の子を描いたワダシノブさんのマンガ「ハロウィンしたいけど、恥ずかしい女の子たちのはなし」が大賞に決まりました。「自意識が邪魔をして、やりたいこととか楽しいこととかを素直に表現できないけど、したい」。そんなあまのじゃくのような気持ちを表しています。
出典:コルクBooks
【関連リンク】素直になれない・甘酸っぱい…漫画で描いた「#ハロウィンの思い出」

「コスチューム? 恥ずかしーですよー」

「ハロウィンに何しますか?」

その問いに、2人の女の子は「興味ないです」と口をそろえます。

「コスチューム? ないない 恥ずかしーですよー」
「パリピ死ね」

ハロウィンは、自分たちとは住む世界が違う人のイベントだと言い聞かせているようです。

でも、本当は……。

「やりたい気持ちを大切にしてほしい」

作者のワダシノブさんは、11歳の娘さんを見て世代ごとのハロウィンの受け止めを考えたそうです。

「中学生のハロウィンというのをイメージして描きました。ハロウィンって、幼稚園は『仮装ができるから楽しい』、中学生になると『仮装が恥ずかしい』、高校生終わりから大学生くらいは『楽しい!』となるよなと娘を見ながら思いました」

「10代の初めのうちって、自分たちだけで行けるところもできることも限られています。自意識が邪魔をして、やりたいこととか楽しいこととかを素直に表現できないけど、したい。でも、そのやりたい気持ちを大切にして楽しんで欲しいなぁと思って描きました」

ワダさん自身、中学生の頃は素直に表現できないときもありました。「着たい服とかちょっとしたお化粧品が欲しくても、恥ずかしくて親に言えなかったりしましたね。高校に入って変わりましたが」と話します。

出典:コルクBooks

「渋谷とか異世界ですね」

コルクBooksのサイトでは、クリエイター同士の活発な交流があります。ワダさんは、マンガを読んだクリエイター仲間からのアドバイスや感想を受け、ネーム段階から3回も描き直してくれました。

作品を投稿するときに、「中学生くらいって、やってみたい気持ちと恥ずかしさでしたね。しかも、仮装して行くとも田舎にはないしな。。」とコメントを添えていたワダさん。いまはイタリアで暮らしていますが、広島県の出身です。

「今は住んでいないのでよくわかりませんが、地方都市って仮装して子どもが行けるところってショッピングセンターか英語教室くらいしか知りません。あとは、どこかのお家に集まってパーティーするとかなのかな。渋谷とか異世界ですね」

出典:コルクBooks

今年は「ダサい服を着る会を」

もうすぐハロウィンです。

ワダさんが住むイタリアでも、ショッピングモールでは「ハロウィン推し」。学校の先生によっては、工作をすることもあるそうです。

これまでのハロウィンは、娘さんを連れて近所の商店街を回っていたというワダさん。

今年のハロウィンの過ごし方を聞くと、次のように答えてくれました。「ダサい服を着る会を友達の家でできないかなぁと思っています」

ワダシノブさんの自画像
ワダシノブさんの自画像 出典: ワダシノブさん提供

ワダシノブ
イラストレーター。広島県出身、広島市立大学卒。イタリアで暮らしています。
Twitter:@shinoburun
Instagram:shino.img
note:https://note.mu/shinobuwada
ポートフォリオ:https://shinobuwada.myportfolio.com/

【関連リンク】素直になれない・甘酸っぱい…漫画で描いた「#ハロウィンの思い出」

連載 コミチ漫画コラボ

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます