MENU CLOSE

話題

3785

ビッ「グ」カメラではありません! 流行りの#で紹介、社名の由来は

ビッ「グ」カメラではなくビッ「ク」カメラです!

ビックカメラ池袋本店
ビックカメラ池袋本店 出典: ビックカメラ提供

目次

 ビッ「グ」カメラではなくビッ「ク」カメラです――。先日、家電量販店ビックカメラの店舗のツイッターアカウントがこんな内容のツイートをしました。企業アカウントの間で多用されている「#あなたに聞いてはいけないこと」に乗っかったものですが、なぜビックカメラという社名になったのでしょうか? 広報担当者に理由を聞きました。

ビックカメラの買い物袋を見ると、英語で「biccamera」の文字が
ビックカメラの買い物袋を見ると、英語で「biccamera」の文字が 出典: ビックカメラ提供

ラゾーナ川崎店のつぶやき


 今月11日、ビックカメララゾーナ川崎店のツイッターアカウントが、こんなつぶやきを投稿しました。

あ!ここ『ビッグカメラ』でしょ

いいえ『ビックカメラ』です

 この投稿に対して、「いまだにビッグカメラという人がここにいます」「確かにビッグの方が発音しやすいといえば発音しやすいからなぁ」といった反応が寄せられています。


ホームページに解説が


 たくさんの企業ロゴがデザインされたビックカメラの紙袋を見ると、英語で「biccamera」と書かれていることからも、bigではなくbicであることがわかります。

 カメラ及び関連商品の販売会社として1978年に創業した会社なので、社名にカメラが入っていることは納得ですが、bicは何に由来するのか?

 ビックカメラのホームページを見ると、このように解説していました。

 「Bic」はバリ島のスラング(俗語)です。

 「大きい(Big)」の意味を持つ一方、ただ大きいだけでなく中身を伴った大きさ、という意味もあります。

 「限りなく大きく、限りなく重く、限りなく広く、限りなく純粋に。ただの大きな石ではなく、小さくても光輝くダイヤモンドのような企業になりたい」という希望をこめて、「ビックカメラ」と命名しました。
ビックカメラのホームページ
ビックカメラ店舗擬人化プロジェクトで誕生した「ビッカメ娘」。こちらは池袋本店
ビックカメラ店舗擬人化プロジェクトで誕生した「ビッカメ娘」。こちらは池袋本店 出典: ビックカメラ提供

広報担当者に聞きました


 なぜバリ島のスラングを採用することになったのか? 広報担当者に尋ねると、こんな答えが返ってきました。

 「かつて創業者がバリ島を訪れた際に、現地の方から『Bic』の言葉の意味を伝えられ、非常に感銘を受けたことがきっかけと聞いております」

 ツイートを通じて正しい社名が伝わったことについては、「SNSからの発信が、弊社のことを知っていただくきっかけになっており喜ばしく感じます」と話していました。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます