閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年09月22日

「1兆円」で日本を狙う「カジノ王国」の破壊力 地域経済まで一変?

  • 3781

幻想的なネオンに照らされるギャラクシー・マカオのカジノ=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

幻想的なネオンに照らされるギャラクシー・マカオのカジノ=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

 カジノ解禁後の日本に世界中が注目しています。国内に設置されるのは3カ所まで。数少ないカードを狙う最有力候補がマカオの業者です。日本の大学生を招待して運営の研修を受けさせた狙い。「1兆円」の投資をぶちあげるカジノ王の息子。専門家が「ギャンブル市場の基盤がすでにある」と断言する理由。現地から見えたのは、競馬やパチンコなどギャンブルだけにとどまらない変化を与えかねない、桁外れのカジノパワーでした。(朝日新聞広州支局長・益満雄一郎)

ギャラクシー・マカオの外観=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

ギャラクシー・マカオの外観=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

「白亜の殿堂」に5000億円投資

 「白亜の殿堂」のような豪華な外観に中は幻想的なネオンに照らされたモニュメント。8月30日、統合型リゾート(IR)施設「ギャラクシー・マカオ」を取材で訪れると、その豪華さや規模の大きさに圧倒されました。総投資額はなんと46億ドル(約5100億円)超。総面積は100万平方メートル。これだけでも東京ドーム21個分ありますが、さらに100万平方メートル以上を追加開発する計画もあります。

高層フロアから撮影したギャラクシー・マカオの全景=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

高層フロアから撮影したギャラクシー・マカオの全景=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

 メインに大規模なカジノを備えるほか、300もの高級ブランド店や世界各国のグルメを集めたレストランも。屋外には人工で波をつくるプールも設けられ、観光客でにぎわっていました。多くはお金持ちそうな中国人で、日本人らしい観光客は見当たりませんでした。

屋外にあるギャラクシー・マカオのプール=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

屋外にあるギャラクシー・マカオのプール=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

日本の女子大生が英語で研修

 ギャラクシー・マカオを運営するのは、香港資本の「銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント・グループ)」です。今年8月、日本の東洋大国際観光学部2年生の女子大生4人が同社の招待で4週間の研修を受け、IRの運営について、同社幹部やIRに詳しいマカオ大の先生から、みっちり講義を受けました。

東洋大の学生に講義するジェレミー・ウォーカーさん(左)=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

東洋大の学生に講義するジェレミー・ウォーカーさん(左)=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

 その1コマにお邪魔しました。この日の講師役は、国際開発部門幹部のジェレミー・ウォーカーさん。日本進出の戦略を練るキーパーソンの1人です。「私たちが持つ有益なIRに関する知識を日本側と共有したい。4人の学生さんは、きっと日本のIRのリーダーになるでしょう」。ウォーカーさんは英語でこう語って期待を込めました。

東洋大の学生に講義するジェレミー・ウォーカーさん(奥)=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

東洋大の学生に講義するジェレミー・ウォーカーさん(奥)=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

女子大生「カジノのイメージ変わった」

 学生側にとっても貴重な機会となったようです。参加者の1人の本橋愛さんは「研修に参加する前はカジノというと賭け事なので、あまり良くないイメージを持っていましたが、カジノ依存症対策への取り組みもしっかりしていて、印象が変わりました」と話していました。

世界のカジノ産業の展示会「アジア国際娯楽展」で説明する出展企業の女性=5月15日、マカオ、益満雄一郎撮影

世界のカジノ産業の展示会「アジア国際娯楽展」で説明する出展企業の女性=5月15日、マカオ、益満雄一郎撮影

 7月に日本の国会で成立したIR実施法によると、当面、日本に設置されるIRは3カ所。その3枚のカードをめぐって、世界中のカジノ業者がすでに争奪戦を繰り広げています。同社も有力な業者の一つです。日本の大学生への研修プログラムの提供を通して日本側とのパイプを強め、業者選考の際に有利に導きたいという思惑がありそうです。

カジノ王の息子も参戦

 日本進出を狙うのは、ギャラクシーだけではありません。長年、マカオのカジノ産業を独占して「カジノ王」と呼ばれるスタンレー・ホー氏の息子のローレンス・ホー氏が会長として率いる「メルコリゾーツ&エンターテインメント」も負けてはいません。

世界のカジノ産業の展示会「アジア国際娯楽展」で講演する「メルコリゾーツ&エンターテインメント」会長のローレンス・ホー氏=5月15日、マカオ、益満雄一郎撮影

世界のカジノ産業の展示会「アジア国際娯楽展」で講演する「メルコリゾーツ&エンターテインメント」会長のローレンス・ホー氏=5月15日、マカオ、益満雄一郎撮影

「日本進出、プライスレス」

 ローレンス・ホー氏は旅行だけでも年に5、6回は訪日する大の日本通です。日本でIRを経営することが夢だと公言してはばかりません。「マカオやラスベガスを上回るIRをつくりたい」。中でも最も印象的だったのが以下の言葉でした。「絶好の機会に対してはプライスレスだ。値段はつけられない」。日本に100億ドル以上の投資をする用意があるといい、日本進出にかける本気度が伝わってきます。

CASINO(カジノ)と書かれたギャラクシー・マカオの通路を歩く観光客ら=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

CASINO(カジノ)と書かれたギャラクシー・マカオの通路を歩く観光客ら=8月30日、マカオ、益満雄一郎撮影

米国からも熱視線

 マカオだけでなく、カジノの本場ラスベガスがある米国のカジノ業者も日本に熱視線を送っています。その背景には、世界3位の経済規模に加え、21兆円市場のパチンコ・パチスロの存在があります。他にも競馬や競輪、競艇、スポーツくじまであり、マカオのカジノ研究者が解説します。「ギャンブル市場を新たにつくるのは大変だが、日本にはすでに基盤があります」。

世界のカジノ産業の展示会「アジア国際娯楽展」で説明する出展企業の男性(左)=5月15日、マカオ、益満雄一郎撮影

世界のカジノ産業の展示会「アジア国際娯楽展」で説明する出展企業の男性(左)=5月15日、マカオ、益満雄一郎撮影

迫られるビジネスモデルの転換

 マカオのカジノ業者が日本に注目する要因はそれだけではありません。実はビジネスモデルそのものが転換を迫られている事情も見逃せません。

カンボジア南西部シアヌークビルにあるカジノ=2月10日、益満雄一郎撮影

カンボジア南西部シアヌークビルにあるカジノ=2月10日、益満雄一郎撮影

 それは過度な中国依存からの脱却です。マカオを訪れるカジノ客の半数以上は中国人なので、中国政府の急な政策変更によって収益が大きく変動するリスクを抱え込んでいます。実際、中国の景気減速や中国の習近平政権の汚職取り締まりの強化の影響を受け、2016年のマカオ全体のカジノ売上高は約3兆3千億円と、ピークだった2013年から一気に4割近くも減り、「冬の時代」を経験しました。

マカオで開かれた国際映画祭でポーズをとる韓国人俳優=2016年12月8日、マカオ、益満雄一郎撮影

マカオで開かれた国際映画祭でポーズをとる韓国人俳優=2016年12月8日、マカオ、益満雄一郎撮影

 中国以外に活路を見いだそうと、カンボジアなどのアジア各国にカジノを建設する動きもあります。ですが、カンボジアのカジノで働く中国人がこんな事情を明らかにしてくれました。「カジノの建設や運営にあたっては、地元政府や警察からの賄賂を要求され、頭を悩ますことも多い」。こうした国々に比べれば、日本は透明性があるので商売しやすいと期待されているようです。

マカオで開かれた国際映画祭で手を振る桜庭ななみさん=2016年12月8日、マカオ、益満雄一郎撮影

マカオで開かれた国際映画祭で手を振る桜庭ななみさん=2016年12月8日、マカオ、益満雄一郎撮影

脱カジノ依存へ国際映画祭

 ショーやショッピングなどの非カジノ部門の収益を増やし、経営の多角化を図る動きも進んでいます。パリのエッフェル塔をモデルにした巨大なタワーを建設した大手IRもあります。マカオ政府も非カジノ部門のテコ入れに力を入れており、映画産業を活性化させるため、国際映画祭を2016年から始めましたが、これだけのカジノ偏重の経営を変えるのは容易ではありません。

パリのエッフェル塔をモデルにしたタワー=2016年12月8日、益満雄一郎撮影

パリのエッフェル塔をモデルにしたタワー=2016年12月8日、益満雄一郎撮影

マカオの賭博、16世紀に起源

 マカオの賭博の歴史は16世紀に始まり、政府に合法化されてからだけでも170年の歴史があります。2002年にマカオ以外の業者にも市場開放後、米国の業者によってカジノだけでなく、ショーなども充実させたラスベガス流の運営手法が持ち込まれて人気を集め、ほかの国のカジノと比べても、非常に競争力を兼ね備えていると言えます。

暗闇にネオンで幻想的に照らされるマカオのカジノ=2017年2月15日、益満雄一郎撮影

暗闇にネオンで幻想的に照らされるマカオのカジノ=2017年2月15日、益満雄一郎撮影

 私は将来、日本でIRができたら、立地場所にもよりますが、周辺にあるパチンコ店や競馬場といった「ギャンブル施設」だけでなく、ホテルやイオンのようなショッピングセンターまでも影響を受け、地域経済を丸ごと変える可能性すら秘めているとみています。とにかく資金力があり、運営ノウハウも持つマカオのIRは「本命」といっても過言ではありません。それだけにマカオのカジノ業者をしっかり注目していく必要がありそうです。

これが「ガチのカジノ」の迫力か…ギャラクシー・マカオの豪華設備
前へ
ギャラクシー・マカオの豪華設備=ロイター
次へ
1/22
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る