MENU CLOSE

話題

35823

インスタのフォロワー数で強さが決まる? 転生マンガのオチに笑った

異世界に転生した青年。そこはインスタグラムのフォロワー数に応じて強さが決まる世界で……。

「インスタグラムのフォロワー数で強さが決まる異世界転生漫画」の一場面
「インスタグラムのフォロワー数で強さが決まる異世界転生漫画」の一場面 出典: 横山了一さんのツイッター

目次

 異世界に転生した青年。そこはインスタグラムのフォロワー数に応じて強さが決まる世界で……。そんなストーリーの漫画が、ネット上で話題になっています。作者の思いを表現したというこの作品について、話を聞きました。

「インスタグラムのフォロワー数で強さが決まる異世界転生漫画」
「インスタグラムのフォロワー数で強さが決まる異世界転生漫画」 出典: 横山了一さんのツイッター

主人公はミツル


 今月2日、「インスタグラムのフォロワー数で強さが決まる異世界転生漫画を描きました」という文言とともに、ツイッター投稿された漫画。

 さえない主人公ミツルが異世界に転生する場面から始まります。

 モンスターと戦っているのは、フォロワー72000のナオトと、59000のまっつんです。

 戦闘後、フォロワー21のミツルは「すみません なんかオレが足ひっぱっちゃってて」と謝ります。

 2人は「いーよー気にしないで!」「困った時は助け合わないとね」と優しく接してくれ、「人気インスタグラマーは中身も美しいんだなぁ」と思うミツル。

 そんな時に新たなモンスターが襲来。ナオトもまっつんもまったく歯が立たない強さでした。

フォロワー72000のナオト(左)と、59000のまっつん(右)
フォロワー72000のナオト(左)と、59000のまっつん(右) 出典: 横山了一さんのツイッター

手に宿した鳥の形をしたオーラ


 絶体絶命に陥ったミツルですが、突然、力を解放して強敵を退けます。

 驚く2人に対して、ミツルは手に宿した鳥の形をしたオーラを見せながら、こう言います。

 「早く言ってくださいよ フォロワー数ならなんでもいいって……! これでも僕 ツイッターではそこそこなんで……!」

 ツイッターのフォロワー数が加算されたミツルの戦闘力は85万を超えていたのです。

 この投稿に対して、「もうこのセンス本当に好きです」「小鳥の形になるオーラに笑った」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万5千、いいねは4万を超えています。


作者に聞きました


 描いたのは、育児漫画「息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました」(リイド社)や、北海道&関西エッセイ漫画「北のダンナと西のヨメ」(飛鳥新社)などで知られる横山了一さん。

 定期的に漫画をツイッター投稿しており、オタクが戦国時代にタイムスリップする漫画「戦国コミケ」(メディアファクトリー)はツイッターで人気に火がついて書籍化。現在2巻まで発売されています。

 「自分のツイッターのフォロワー数は12万近くで、ギニュー(ドラゴンボールに登場するキャラクター)と同じくらいなんですが、インスタはなかなか増えません。なぜ違うんだろうという思いから描きました」と横山さん。

 インスタのフォロワー数だけが戦闘力になると思わせておいて、実はツイッターも加算されるというオチは、横山さんの実情を反映させたもので、「これを言うためだけに描きました」とのこと。

 描くにあたって有名インスタグラマーについて調べ、キャラクターづくりの参考にしたそうです。

ミツルが右手に宿した鳥の形をしたオーラは「Twitterバード」をイメージしています
ミツルが右手に宿した鳥の形をしたオーラは「Twitterバード」をイメージしています 出典: 横山了一さんのツイッター

続編については


 ツイッター上では、「裏アカ持ってる人は隠し技が」「フォロワー数を業者から買ってる人間は……」といった具合に、次の展開を予想する声も上がっていますが、横山さんはこう言います。

 「4日に続編を投稿したんですが、これでおしまいです。出オチ感が強いし、過去に描いた『社畜が異世界に転生する漫画』に近いものがあったので」

 話題になったことについては、こう話します。

 「何か意義があるわけでもなく、気軽に描きました。インスタグラムやツイッターをやっている人には楽しんでいただけたと思います。ぜひ『戦国コミケ』の2巻もよろしくお願いします」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます