close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年05月16日

これぞ本当のオクラ入り! 没ネタ捨てるゴミ箱が面白い 作者に聞く


  • 61212

話題になっているオクラのゴミ箱。没アイデアをお蔵入りさせるのにピッタリ

話題になっているオクラのゴミ箱。没アイデアをお蔵入りさせるのにピッタリ

出典: 吉田隆大さんのツイッター

最新ニュースを受け取る

 オクラのような形をしたゴミ箱が、ツイッター上で注目を集めています。作者は「ボツになったアイデアを捨てるためのゴミ箱」と紹介。どうやら「お蔵入り」と「オクラ入り」がかかっているようです。制作の経緯について話を聞きました。

上から見たらこんな感じ

上から見たらこんな感じ

出典: 吉田隆大さんのツイッター

上から見るとオクラの断面


 今月12日、「オクラ入りゴミ箱を作りました。ボツになったアイデアを捨てるためのゴミ箱」という文言とともにツイッター投稿された画像。

 上から見るとフタの部分に穴が5カ所あいた、オクラの断面のようなゴミ箱が写っています。

 この投稿に対して、「いずれ実が入る」「粘っていいアイデアが出そう」「ホテルオークラで採用してほしい」といったコメントが寄せられ、リツイートは3万、いいねは10万を超えています。


作者は多摩美術大学4年生


 このゴミ箱を制作したのは、多摩美術大学4年の吉田隆大さん(22)です。

 吉田さんは、今年1月にツイッターで話題になった毎日障子破りができるカレンダーの作者でもあります。

毎日障子破りができるカレンダー

毎日障子破りができるカレンダー

出典: 吉田隆大さんのツイッター


 どういった経緯でオクラのゴミ箱を考案したのか? 吉田さんに話を聞きました。

 ――アイデアを思いついたきっかけは

 「お蔵入り→オクラ入り」という言葉遊びから発想しました。ふだんアイデアを考えることが多いので、こんなゴミ箱があれば素敵だな、と思い制作しました。

 ――イラストやCGではなく実物なのでしょうか

 実物を制作しました。

イラストもおもしろい

イラストもおもしろい

出典: 吉田隆大さんのツイッター

「使いやすいとは……」


 ――作る上で苦労した点は

 形を決めるのに苦労しました。どのような形にするとオクラっぽく見え、なおかつ、ゴミ箱として使えるようになるか? そのバランスに注意して制作しました。

 ――自分で使っているのでしょうか

 少しの間使ってみました。ゴミを投げ入れることが難しいので、使いやすいとはいえないかもしれません(笑)。でも、部屋においてあると結構かわいいんです。

 ――「いずれ実が入る」「ホテルオークラで採用して」といった感じでコメント欄が大喜利状態になっています

 とても嬉しいです。少し大げさかもしれませんが、作者冥利(みょうり)に尽きると言いますか。うまいこと言う方がたくさんいて、「一本取られた!」と思いながらいつも楽しく読ませて頂いています。

これぞ本当のオクラ入り! 没ネタを捨てるゴミ箱が面白い
前へ
話題になっているオクラのゴミ箱。没アイデアをお蔵入りさせるのにピッタリ
次へ
出典:吉田隆大さんのツイッター
1/13
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

こんなMONOまであるの? リュックにスニー...
こんなMONOまであるの? リュックにスニー...
「君の名は。」新聞広告、中国人も感動 SNSで飛び交った言葉
「君の名は。」新聞広告、中国人も感動 SNSで飛び交った言葉
「小岩井農場」って小岩井さんじゃないの? 命名の意外な理由が話題
「小岩井農場」って小岩井さんじゃないの? 命名の意外な理由が話題
パンの「のがみ」が残すところ秋田だけと聞きました。どうして秋田が最後の空白県になるのでしょうか。
パンの「のがみ」が残すところ秋田だけと聞きました。どうして秋田が最後の空白県になるのでしょうか。
Q&A
思わず開けたくなる封筒! 糸をたどると魚...
思わず開けたくなる封筒! 糸をたどると魚...
#世界絵文字デー、Twitterに「おしどり」出現 あの県と異色コラボ
#世界絵文字デー、Twitterに「おしどり」出現 あの県と異色コラボ
羽生結弦の「会見力」 通訳使わず英語で応対、一瞬で「ゆづ色」
羽生結弦の「会見力」 通訳使わず英語で応対、一瞬で「ゆづ色」
「避難」が分からない外国人 災害の教訓が...
「避難」が分からない外国人 災害の教訓が...
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
使うほど富士山になる消しゴム 学生時代に発案、入社4年目で商品化
使うほど富士山になる消しゴム 学生時代に発案、入社4年目で商品化
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
Q&A
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR

人気

もっと見る