MENU CLOSE

話題

122370

この駅員「ドット絵」職人! 小平選手の地元、駅電光掲示板がスゴい

スピードスケートで金メダルを獲得した小平奈緒選手の地元として注目を集める長野県茅野市。市内の駅改札付近にある電光掲示板が、ツイッター上で話題になっています。

話題のドット絵はこちら
話題のドット絵はこちら 出典: JR東日本長野支社提供

目次

【ネットの話題、ファクトチェック】

 スピードスケートで金メダルを獲得した小平奈緒選手の地元として注目を集める長野県茅野市。市内の茅野駅改札付近にある電光掲示板が、ツイッター上で話題になっています。普段は電車の発車時刻や行き先などを表示していますが、終電が発車するとスキーやスケートなどの「ドット絵」が表示されるのです。五輪選手を応援するためかと思って取材してみると……。

スキーやスケートなどの「ドット絵」が表示されています
スキーやスケートなどの「ドット絵」が表示されています 出典: いずれもJR東日本長野支社提供
ふだんの茅野駅の電光掲示板はこんな感じです
ふだんの茅野駅の電光掲示板はこんな感じです 出典: JR東日本長野支社提供

「ドット絵職人がいる」


 今月18日にツイッター投稿された画像。そこには茅野駅の改札付近に設置された「発車標LED」と呼ばれる電光掲示板が写っています。

 通常は電車の発車時刻や行き先などが表示されますが、写っているのはスキー、ジャンプ、スノーボード、スケート、カーリングといった五輪競技にもなっている種目です。

 この投稿に対して、「これはおみごと」「躍動感のある絵ですね」「ドット絵職人がいる」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万2千、いいねは2万7千を超えています。

正月はこんな表示に
正月はこんな表示に 出典: JR東日本長野支社提供
こちらはクリスマス
こちらはクリスマス 出典: JR東日本長野支社提供

JR東日本長野支社に聞きました


 五輪応援のための表示かと思いきや、JR東日本長野支社の担当者はこう説明します。

 「オリンピックに合わせて行っているわけではなく、長野県がウィンタースポーツが盛んであることから描いているものです」

 こうしたドット絵の表示を始めたのは昨年11月。特急「あずさ」「スーパーあずさ」を表示する際に、どの形式の車両が来るのかをドット絵で表現したそうです。

 昨年12月からはE353系も加わり、現在は3種類に。いずれも茅野駅の同じ駅員が制作したそうです。

「あずさ」「スーパーあずさ」の表示はこんな感じです
「あずさ」「スーパーあずさ」の表示はこんな感じです 出典: JR東日本長野支社提供
こちらが実物の「スーパーあずさ」E353系
こちらが実物の「スーパーあずさ」E353系 出典: JR東日本長野支社提供

終電後しか見られません


 「せっかくなので、遊び心として終電後にも季節に合わせたものを出そう」という話になり、昨年のクリスマスにはツリーやメッセージを、今年の正月には門松や富士山を表示。そして2月6日から、スキーなどの冬季競技の表示を始めたそうです。

 表示されるのは上り・下りともに、それぞれ終電が出発した後から、駅が閉まるまでの間。上りの終電は23時前、下りは23時半前なので、見ることができるのは上りが30分ほど、下りは10分ほどしかありません。

 話題になったことについて、制作した駅員は「短い時間ではありますが、駅にお越しになった方に少しでもドット絵を楽しんでいただければ」と話しています。

 ◇ ◇ ◇

 ※ドット絵の表示を始めた時期について、当初「9月」と表記していましたが「11月」に修正しました。JR東日本長野支社の発表に間違いがあったためです。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます