閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年01月25日

中国のマンガ、一歩先行く「独自の進化」スマホ重視、CGを駆使

  • 2845

中国で人気の少女漫画『砂輿海之歌』『偃師』

中国で人気の少女漫画『砂輿海之歌』『偃師』

出典: ファンファン漫画提供

 現在、中国で活躍している漫画家の多くは「80後」「90後」と呼ばれる「1980年代、1990年代生まれ」の若者たちです。彼らは日本の漫画から多く影響を受け『ドラえもん』『ナルト』『ワンピース』『名探偵コナン』は必読書と言われています。そんな中、全ページカラーの「彩漫」や、短時間で読める「条漫」など、中国独自の進化を遂げているものも生まれています。現地で活躍する少女漫画家に、中国漫画の今を聞きました。

人気漫画『偃師』の一コマ

人気漫画『偃師』の一コマ

出典: ファンファン漫画提供

ボツにもめげず、2004年にデビュー

 話を聞いたのは、中国の少女漫画家の米沙Misha(ミサ)さんです。

 米沙さんは、1984年に中国浙江省の杭州市生まれで、現在は杭州「翻翻動漫集団」(「ファンファン漫画」)の専属漫画家です。代表作に『砂輿海之歌』『偃師』などがあります。

 米沙さんは、中学生の時、日本の漫画にはまり、自分でも漫画を描きはじめました。漫画雑誌に投稿を続けましたが、ほとんどがボツだったそうです。

 「雑誌の編集者から励ましの言葉やアドバイスをもらったので、苦労はあまり感じませんでした」という米沙さん。その後も投稿を続け、2004年大学2年生の時に描いた『空気ガール』がヒットし、デビューを果たしました。

 2010年に中国でファンファン漫画が主催し、集英社も支援した「新星杯」漫画コンクールでは、『月下美人』という作品で準グランプリになりました。その後、米沙さんは集英社を見学し、ベテラン編集者のアドバイスも受けました。

 2011年、漫画『偃師』が中国の漫画業界の代表的な賞「金龍賞」の最優秀賞を受賞し、米沙さんは中国における代表的な少女漫画の作家になりました。

サイン会にいる米沙さん

サイン会にいる米沙さん

出典: ファンファン漫画提供

好きな漫画家は篠原千絵さん、井上雄彦さん

 漫画家として十数年のキャリアを積み重ねていますが、日本の漫画家から大きな影響を受けたそうです。

 最も好きな漫画家は、少女漫画の篠原千絵さんです。

 「篠原先生の絵の描き方、物語の進め方など、全部好きです」

 日本の男性の漫画家からは「漫画の魂を感じる」と話します。『スラムダンク』(中国語「灌篮高手」)の作者である井上雄彦さんのファンでもあります。

 「井上先生の人柄とその職人精神に魅せられています。彼はよりよい作品を作るため、修行もするし、新しい技法もどんどん採り入れようとします。社会的責任感が強いところを尊敬しています」

井上雄彦さん=2017年12月、熊本市

井上雄彦さん=2017年12月、熊本市

出典: 朝日新聞社

中国独自の進化も

 日本の漫画の影響を大きく受けている中国の漫画ですが、独自の進化を遂げている部分もあります。

 日本では白黒がメインであるのに対し、中国では色が鮮やかなカラーの「彩漫」が人気です。また、1分から2分程度で読める「条漫」も浸透しています。

 中国では「流れ作業」が進んでおり、3DモデルなどCGのソフトが使われることも少なくありません。

 また、日本よりも少女漫画の存在感が大きく、米沙さんのような人気作家が次々と生まれています。

『偃師』の条漫と一般漫画の比較。(左は一般の漫画で、右は条漫である)

『偃師』の条漫と一般漫画の比較。(左は一般の漫画で、右は条漫である)

出典: ファンファン漫画提供

移り気なファン?

 少女漫画の作家として独り立ちした米沙さん。中国の読者は「移り気」(「喜新厭旧」)な傾向が強いと感じているそうです。そのため、今後、中国の漫画マーケット自体、少しずつ細分化していくと予想しています。

 「マーケットが成熟していくのに合わせ、漫画家としても勉強し続けなければならない」と危機感も抱いているそうです。

 これまで中国の漫画ファンには「熱血、サスペンス、ユーモア、友情」などのテーマが人気でした。

 今はスマホで漫画を読む人が多く、細切れの時間に合わせた「ファストフード化」された作品が好まれる傾向があるといいます。

人気漫画『砂輿海之歌』の一コマ

人気漫画『砂輿海之歌』の一コマ

出典: ファンファン漫画提供

日本進出もめざす

 そんな中で生まれたのが、手軽に読める「条漫」と、見た目重視の「彩漫」というカラー漫画でした。

 「条漫」は、2ページから3ページ程度のボリュームで1、2分程度で読めます。通常の漫画と違って縦スクロールで読む形で、読み終わる時間も早くなります。

 「彩漫」は、基本的に全ページがカラーです。中国では日本よりも白黒漫画の歴史が短いため、読みやすいカラーが好まれると言われています。

 CGのソフトなど技術の進化や、読者のニーズの変化が早いので、漫画家も常に成長する必要があります。

 とはいえ、米沙さんは「物語が最も重要」という気持ちは大事にしているそうです。

 「条漫や彩漫など、漫画の形式は、あくまでも物語のため。今後も素晴らしい作品を作り続けたい」

 日本の漫画に慣れ親しんできた米沙さんは、日本進出も視野に入れています。

 「物語を大事にするという点は、中国と日本の読者には通じるものがあります。日本でデビューできるならば、日本の読者に面白いと思ってもらえる作品を描いていきたいです」

中国の人気少女漫画、独自の進化
前へ
人気漫画『砂輿海之歌』の一コマ
次へ
出典: ファンファン漫画提供
1/11
前へ
次へ

あわせて読みたい

まさか我が家にも…あった! コンロ横の収納「発見」の知らせが続々
まさか我が家にも…あった! コンロ横の収納「発見」の知らせが続々
うまい棒10000本! 小学校に寄贈した男性、...
うまい棒10000本! 小学校に寄贈した男性、...
ダジャレか?皮肉か? 『プレミアム“ノンフライ”デー』日清が提案
ダジャレか?皮肉か? 『プレミアム“ノンフライ”デー』日清が提案
NEW
なぜ!和歌山で埴輪作りが熱い 「死後も古墳に残る」ディープな世界
なぜ!和歌山で埴輪作りが熱い 「死後も古墳に残る」ディープな世界
オーディオブック、読み手は様々 ABC斎藤真美アナ「妄想力が大事」
オーディオブック、読み手は様々 ABC斎藤真美アナ「妄想力が大事」
NEW
佐賀・陸自ヘリ墜落、二つの「異常事態」 ...
佐賀・陸自ヘリ墜落、二つの「異常事態」 ...
マニアもビビる…キングオブ酷道「425号線」で見た日本の「原風景」
マニアもビビる…キングオブ酷道「425号線」で見た日本の「原風景」
1機230億円、自衛隊最大の輸送機C2に搭乗 それで何運ぶ?
1機230億円、自衛隊最大の輸送機C2に搭乗 それで何運ぶ?
五輪金・清水宏保の解説、「実に的確」と話題 選手目線の「説得力」
五輪金・清水宏保の解説、「実に的確」と話題 選手目線の「説得力」
5088作品の頂点に輝いた感動小説!?ラノベ作家が直球リポート!
5088作品の頂点に輝いた感動小説!?ラノベ作家が直球リポート!
PR
バイリンガールちかがアメリカ横断!ロード・トリップが1冊に
バイリンガールちかがアメリカ横断!ロード・トリップが1冊に
PR
ブラック企業の犯人は「終身雇用」だった?...
ブラック企業の犯人は「終身雇用」だった?...

人気

もっと見る