MENU CLOSE

連載

28645

#10 城崎広告「会社員のモヤモヤ」

「今夜は帰りたい…」忘年会二次会、角が立たない断り方ってあるの?

「角が立たない二次会の断り方」とは?(C)BNEI
「角が立たない二次会の断り方」とは?(C)BNEI

目次

 サラリーマンの日々をキャラ化した「城崎広告」のメンバーが日頃感じている疑問を、withnews編集部がフカボリ取材する「会社員のモヤモヤ」。9回目は「角が立たない二次会の断り方」です。
【「withnews」×「城崎広告」コラボの経緯はこちら】

今回の登場人物

倉知蓮
事業推進部所属の26歳。独特のセンスを発揮するビジュアルデザイナー。趣味はネットサーフィンとアイドル。

 

千歳原教次
40歳の営業部部長。経験豊富で、他人に厳しく自分にはより一層厳しい。趣味はオーディオとバイク。

 

猫渕渉
42歳の企画部部長。長年の経験で築いた人脈とそつのない仕事ぶりに定評あり。趣味は読書、お酒、料理。

仕事の年末進行はもちろん、飲み会シーズンでもあり忙しいこの時期、今夜は二次会の参加をうまく断りたい、そんな時もありますが……?

 

倉知

だめだった……完全に家に帰るタイミングを逃した……。

 

千歳原

倉知、幹事をよく務めたな。二次会くらいはゆっくり楽しむといい。

 

 

……あ、はい……。

 

猫渕

あれ、もしかして倉知くん、大分お疲れなのかな? 二次会までついてきてもらっちゃって悪かったね。

 

 

いや、タイミング逃したおれも悪いんで……。

 

 

そうだったのか。すまんな、無理につきあわせてしまうとは。

 

 

無理すると仕事にも響くしね。こういうつきあいはサラリーマンにはつきものだけど、いい機会だから、スマートな対応を学ばせてもらおうよ。

年400回の宴会幹事をする達人に聞いた

 忘年会には二次会がつきもの。そのまま楽しみたい人には問題ありませんが、「今夜は一次会で帰りたい」という人もいると思います。熱心に誘う上司を振り切って、帰宅するにはどうしたらいいか。昼夜合わせ年間400回の宴会幹事をしている、外食広報会の栗田朋一さん(46)に「角が立たない断り方」を聞きました。

栗田朋一さん
栗田朋一さん

宴会幹事「二次会めったに行かない」

 仕事柄、色々な会社の広報担当者などと知り合うことが多く、平日はほぼ毎日交流会を開いているという栗田さん。「さぞかし、飲み会が好きなのでは」と話を聞いていたら、衝撃の一言が返ってきました。

 「実は私、飲み会嫌いなんです」

 交流会を開いているのは、「知人と知人をつなぎ合わせることで、新しい企画が生まれたり、仕事の幅が広がったりする『化学反応』が生まれるのが好きだから」。なので、宴会でお酒はほとんど飲まないそうです。

 そして、二次会はめったに行かない、と言います。「一次会で密度の濃いコミュニケーションをしているのだから、二次会以降の必要性を感じないんです」。

 

 

え、栗田さんは先週も幹事の心得を教えてくれたんですが、飲み会自体は好きじゃないなんて驚きです。

 

 

俺たちにとっての飲み会は酒を飲むだけの場ではないからな。仕事の場を離れ、リラックスした時間を共にすることで交流を深めるのが本来の目的だ。

 

 

……そうか、目的さえちゃんと踏まえていれば、飲み会って嫌いでもいいものなんですね。

 

 

その観点から言えば、二次会はそもそも必ずつきあわねばならないものではないと言えるな。

「二次会行かない」イメージもあり

 そんな栗田さんに、雰囲気が悪くならない二次会の断り方を聞きました。まずは、「あらかじめ幹事に伝える」ことを挙げた栗田さん。「『明日の朝早くから大事な仕事がある』などと理由を一緒に話せば角が立たなくなります」。

 「『そもそも二次会には行かない人』という固定イメージを植え付けておく」ことも有効なようです。「私の場合は自宅が遠いこともあって、二次会を断り続けていたら、今では誘われることもあまりなくなりました」

 また、「一次会後に自然と姿を消す」というのも「全然ありだと思います」と話す栗田さん。一次会で盛り上がって、二次会へ強引に誘う人は、「誰が帰った」ということを翌日気にするわけではありません。「帰る方は少し後ろめたい気がするかもしれませんが、幹事に一言伝えておけば大丈夫です」。

 一年を締めくくる忘年会だからこそ、お互いに嫌な思いをせず、楽しい時間を過ごしたいですね。

 

 

たしかに、二次会行く時ってだいぶ出来上がっちゃってるし、正直誰が参加してたかまでちゃんと覚えてなかったりするね。

 

 

今回はおれと勇人が幹事ですけど、二次会は勇人まかせにするって手もあったのか……。

 

 

あはは、確かにオオカミくんは喜んで参加してるね。こういう席自体が好きなタイプなのかな。

 

 

おれはやっぱり、どうしても苦手なんで……固定イメージ作戦、これから試してみます。

取材を終えて~「城崎広告」より~

 

 

二次会につきあうのは必須じゃないって言ってもらえて、ちょっとだいぶ気が楽になりました。

 

 

倉知くん、マイペースに見えるけど結構まわりの空気とか気にするタイプだもんね。ぼくたちも気づかなくて悪かったね。

 

 

俺は営業畑が長いからな、クライアント相手だと特にトコトンつきあうのが基本と考えているが、お前に押し付けるつもりはないぞ。

 

 

え、なにこの優しい空間……なんか、かえってすみません。楽しい雰囲気に水さしちゃったみたいで。

 

 

幹事としてほんとにがんばってもらっちゃったしね。せめて今夜は早めに帰ってゆっくり休むといいよ。

 

 

とはいっても、もうかなりいい時間だな……。

 

 

えっ、ああ……! しまった終電……!?

 

 

あらら……うーん、今夜はタクシーに頼ろうか、ね?

連載 城崎広告「会社員のモヤモヤ」

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます