MENU CLOSE

エンタメ

17005

「元SMAP」3人の事務所、ラオックスが一時出資…現状を聞いた

CULENの公式サイトより。「元SMAP」3人の名前も掲載されている
CULENの公式サイトより。「元SMAP」3人の名前も掲載されている 出典: CULEN公式サイト

目次

 ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎さん(43)、草彅剛さん(43)、香取慎吾さん(40)の3人が、9月22日に共同で公式ファンサイトを立ち上げました。東京・港区にある芸能事務所「CULEN(カレン)」に所属することも発表。この事務所の設立に関わったのが、免税店を全国展開している「ラオックス」です。同社に狙いと現状を聞きました。

少ない企業情報

 CULENと、3人との関係は非常に密接です。マスコミ各社に送付した文書によると「単なるタレントとエージェントとの関係を超えて、クリエイティブ面におけるイコール・パートナー」として、3人の活動を支えていくと書かれています。

 一方でCULENの公式サイトには、「ご支援よろしくお願い致します」とメッセージが載っているものの、具体的な会社情報は書かれていません。

 一体どのような企業なのでしょうか。

 窓口の弁護士事務所や、法人登記によると会社設立は昨年7月。現在の代表はSMAPの元マネジャー、飯島三智氏が務めています。SMAPを育てた立役者と3人が、新会社で「合流」して飛躍を目指していく形になります。

CULENの公式サイトに載ったメッセージ
CULENの公式サイトに載ったメッセージ

 ただ、飯島氏が代表についたのは昨年12月下旬になってから。会社設立から約半年は、別の男性が代表を務めていました。

 この男性について取材をすると、免税店大手「ラオックス」の社員であることが分かりました。

 ラオックスは、東京・秋葉原の顔とも言われた家電量販店でした。2009年には中国の大手家電量販「蘇寧電器」の傘下に入り、外国人観光客向けの免税店を展開しています。

 それがなぜ、3人の所属事務所を設立することになったのでしょうか。

「今後も取引先として協力」

 ラオックスの広報担当者は「(体験にお金を使う)コト消費に取り組む戦略の中で、エンタメ事業の展開を目指しています。そこで提携を検討し、会社設立時に出資しました」と説明します。

 確かにラオックスは中期経営計画で、「爆買い」の減少を受け、外国人観光客をターゲットにしたエンターテインメントや飲食事業への進出を掲げています。

 ただ、担当者は「その後CULENと協議して、資本関係が無くても目的は達成できると判断したため、資本関係を解消しました。社員も現在は送り込んでいません」と説明します。

 一方で気になるのが海外戦略です。CULENは早速、中国版ツイッター「微博」でも公式アカウントを立ち上げ、海外在住のファン会員も募集しています。

 ラオックスが中国での地盤を生かし、3人の海外展開に関わる可能性はあるのでしょうか?

出典:微博の公式アカウント

 その質問に、ラオックスの広報担当者は「微博などでの活動には全く関わっていません」と説明したうえで、「今後もエンタメ事業の展開は続け、CULENとは一取引先という関係で協力していきたい」といいました。

 徐々に明かされる3人の動き。日本のエンタメへの関心を、海外から改めて集めるきっかけになるかもしれません。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます