MENU CLOSE

話題

11002

「永遠に生きられたら、生きる?」 未来館チケットの『問い』話題に

日本科学未来館の入館チケットの裏面に書かれた問いかけが、ツイッター上で注目を集めています。

話題のチケット裏面はこちら
話題のチケット裏面はこちら 出典: 日本科学未来館提供

目次

【ネットの話題、ファクトチェック】

 「永遠に生きられたら、永遠に生きるだろうか?」。日本科学未来館(東京都江東区)の入館チケットの裏面に書かれた問いかけが、ツイッター上で「センスが良すぎる」「深い」などと注目を集めています。全部で8種類あるという文章は、どんな狙いで掲載されているのか? 担当者に話を聞きました。

東京都江東区にある「日本科学未来館」
東京都江東区にある「日本科学未来館」 出典: 日本科学未来館提供

ツイッターで話題に


 今月7日、「科学未来館のチケットどきっとした」という文言とともにツイッター投稿された画像。

 そこには、大きくアルファベットで「Q」と書かれていて、その中に「永遠に生きられたら、永遠に生きるだろうか?」とあります。

 この投稿に対して、「これはユーモラス」「哲学」といったコメントが寄せられ、リツイートは5千、いいねは9千を超えています。

チケットの裏面。全部で8種類ある(拡大画像は記事下のフォトギャラリーにあります)
チケットの裏面。全部で8種類ある(拡大画像は記事下のフォトギャラリーにあります) 出典: 日本科学未来館提供

広報担当者に聞きました


 日本科学未来館の広報担当者によると、チケット裏面に「問いかけ」の掲載を始めたのは2016年4月。常設展の大幅なリニューアルがきっかけでした。

 「このリニューアルは、科学技術をとりまく環境の変化に対応するとともに、これからの科学館が果たすべき役割を視野にいれたものでした」

 展示を通して科学技術に関する知識や情報を提供するだけでなく、来館者一人ひとりに科学技術や地球の未来を考えてもらい、さらには行動につながっていくような場を提供したい、という思いが込められているそうです。

 「そんな一人ひとりの行動の積み重ねが、未来を変える原動力になれば、という願いがあります」

「未来をつくる」(3階)と「世界をさぐる」(5階)の出入り口には大型ディスプレイが設置されていて、同じ問いかけが掲出されている。写真のように座ることもできます。
「未来をつくる」(3階)と「世界をさぐる」(5階)の出入り口には大型ディスプレイが設置されていて、同じ問いかけが掲出されている。写真のように座ることもできます。 出典: 日本科学未来館提供

全8種類はこちら


 文章は全部で8種類あり、未来館スタッフと公式スマホアプリ「Miraikanノート」を制作したチームが、共同で考えたといいます。

1. 永遠に生きられたら、永遠に生きるだろうか?
2. この社会は、どんな「問い」から生まれたんだろう?
3. 災害は、科学をどう進歩させるんだろう?
4. 科学は、未来をどう変えるんだろう?私たちは、未来に何ができるんだろう?
5. 50年後でも、地球は暮らしやすい星だろうか?
6. どんなに親しい人にも知られたくないことがあるのは、なぜだろう?
7. 宇宙が人間だったら、今、何歳なんだろう?
8. 人はなぜ、ロボットをつくるんだろう?
3階の常設展示「ノーベルQ ノーベル賞受賞者たちからの問い」
3階の常設展示「ノーベルQ ノーベル賞受賞者たちからの問い」 出典: 日本科学未来館提供

チケットだけじゃない


 「問いかけ」はチケットの裏面だけではありません。

 3階の常設展示「ノーベルQ ノーベル賞受賞者たちからの問い」では、未来館を訪れたノーベル賞受賞者から寄せられた「来館者にいつまでも考え続けてもらいたい問い」を紹介。

 スマホアプリ「Miraikanノート」では、「宇宙人と会ったら、何して遊ぶ?」などのテーマに沿って展示をまわることができます。

 ツイッターで話題になったことについて、広報担当者はこう話します。

 「こうして話題にしていただけて、大変うれしいです。今回のツイッターで未来館を知った方にも実際に未来館に足を運んでいただき、お互いのチケットを見せ合いながら、その問いについて話し、新たな『問い』をお客様ご自身で見つけていただけたらうれしいです」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます