close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年07月19日

徳永英明が病から得た気づき ハンマーカンマー替え歌には「感謝」


  • 31727

病を経て「歌詞もメロディーも変わった」と語る徳永英明さん

病を経て「歌詞もメロディーも変わった」と語る徳永英明さん

最新ニュースを受け取る

 昨年、もやもや病の手術を受けたシンガーソングライターの徳永英明さんが、4年ぶりのオリジナルアルバム「BATON」を19日に発売しました。病を経て得た気づき、カバー曲を「封印」した理由、テレビ番組の企画で話題になった「壊れかけのRadio ハンマーカンマーver.」などについて語ってくれました。

「自分のため」から「人のため」に

 ――昨年の2月に、持病のもやもや病(脳の動脈が詰まったり細くなったりすることで、血流が悪化する病気)の手術をされたそうですね。

 右手が重く感じたので病院でMRIを撮って。「いまのうちにやった方がいい」ということで手術しました。(こめかみを指さして)ここにあった太い血管を移植したんです。6、7時間ぐらいですかね。できるだけいい状態で手術を受けるため、事前の期間も含めて40日ほど入院しました。

 2001年に初めてもやもや病とわかった時は、「3年後には(閉塞した動脈に代わる)血管が伸びているだろう」という判断で手術しませんでした。今回は右手が重くなっちゃったのでやりましょう、と。

 ――症状は収まりましたか。

 ええ。入院してすぐ、薬のお陰で。手術後は薬も飲んでいません。

「人のために歌おうという気持ちが大きくなってきた」と話す徳永英明さん

「人のために歌おうという気持ちが大きくなってきた」と話す徳永英明さん

 ――手術にあたって心配だったことは。
 
 体力ですね。手術をすると体力が落ちますから。結局、体力が戻りきらないうちにツアーに出て、一部が延期になってしまいました。急性咽頭炎で声が出なくなったんです。咽頭炎自体は1週間ほどで治って、最終的には全44本やり通すことができたのでよかったですが。

 ――病を経て、心境の変化はありましたか。
 
 最初にもやもや病をやってから、歌詞もメロディーも変わりました。それまでは「自分のため」という思いが強かったんですけど、「人のために歌おう」という気持ちが大きくなってきました。やっぱり大病をしたら、そういう学び、気づきがないとダメですよね。

アルバム「BATON」の通常盤

アルバム「BATON」の通常盤

出典: ユニバーサルミュージック

 ――アルバム「BATON」にもそうした思いが反映されている?

 特に「バトン」という曲はそうですね。「闘わなくていい」「変わらなくてもいい」という歌詞ですから。達観というわけでもないですが、詞が大人になったなという感じがします。

 ――ネガティブな面も含めて肯定するような。
 
 ネガティブを肯定してますよね。人生を重ねれば色んなものにぶつかりますし、病気もありましたし。

 この曲のテーマは、自分自身が次の自分にバトンをつないでいくこと。「背中が僕の希望」という歌詞はそういう意味です。時にはつなげないこともある。でも最後には「また逢いましょう」という。

 ――「バトン」は手術前につくった曲ということですが、その後のことを予見しているような内容ですね。

 2014年か15年ぐらいの曲ですね。詞っていうのは未来へ向けて書くんですよ。3カ月後、1年後の自分に。書いている時は何も気づかないんだけど、後になって「ああ、そういうことだったのか」って。まあ占いと一緒で「言い当てている」と言い出したら、全部そうなっちゃいますけど。

「壊れかけのRadio」をカバーと勘違いされて…

 ――「バトン」「陽炎」の編曲は、「壊れかけのRadio」や「夢を信じて」などのアレンジも手がけた瀬尾一三さんです。実に16年ぶりにタッグを組まれたということですが。

 瀬尾さんはデモテープをよく理解して、アレンジしてくれるんです。昔は「俺のアレンジのまんまじゃん」なんて思ったこともあったんですけど、それはこちらが浅かったから。瀬尾さんのアレンジは骨組みがしっかりしていて、いいところを引き伸ばしてくれる。ライブで歌った時に、そのことに気づきました。

 ――再タッグまでこれだけ間が空いたのは?

 浮気でしょうね(笑)。ほかの人も試してみたいっていう。単純にそれだけ。仲はすごくいいですよ。

カバー曲を「封印」した理由は…

カバー曲を「封印」した理由は…

出典: ユニバーサルミュージック

 ――カバー曲を多く歌ってきましたが、2015年のアルバム「VOCALIST 6」を最後に「封印」を宣言されました。

 歌う曲がなくなった、というのが正直なところです。いまはみんなが知ってるヒット曲がないじゃないですか。70年代、80年代には誰でも歌える名曲があったんですけど。

 ――オリジナルの方に注力したいという思いもあったのでしょうか。
 
 もともとシンガーソングライターですし、ファンもオリジナルに期待してくれているので。

 とはいえ、若い頃ほど「シンガーソングライター」という肩書へのこだわりはなくなりました。「歌手」で十分。最近では「壊れかけのRadio」を「カバー曲ですか」って言われるぐらいですから(笑)。カバーで俺のことを知ってくれたら、それでいいんです。

まずは60歳まで、全力で走りたい

 ――そういえば最近、TBS系「水曜日のダウンタウン」で「壊れかけのRadio」の歌詞を全部「ハンマーカンマー」に変えて、ものまね芸人さんが歌うという企画を放送していて、ツイッターでも盛り上がっていました。

 ちょっと見てみたいなあ。ユーチューブに出てないですかね。

 ――よかったです。怒っていたらどうしようかと。
 
 全然、全然(笑)。ダウンタウンは地元(兵庫)の後輩なんです。ハンマーカンマーでも何でも、皆さんが「壊れかけのRadio」を知ってくれたことに感謝ですよ。

 ――最後に、今後の抱負をお願いします。

 いま56歳なので、まずは4年後の60歳に向けて頑張っていこうと。10年先、66歳って考えると途方もないでしょ。4、5年後に終わるのかもしれないし、まだ続くのかもしれないし。60歳になった時に、またスタンスを決めればいい。いまはとりあえず、そこまで全力で走りたいですね。

「まずは60歳に向けて頑張りたい」

「まずは60歳に向けて頑張りたい」

出典: ユニバーサルミュージック

 〈とくなが・ひであき〉 1961年、福岡生まれ。中学・高校時代を兵庫で過ごす。86年にシングル「レイニー ブルー」、アルバム「Girl」でデビュー。デビュー30周年を迎えた昨年、「輝きながら…」「壊れかけのRadio」などのヒット曲を収めたベスト盤「ALL TIME BEST Presence」を発売した。カバーアルバム「VOCALIST」シリーズの売り上げは累計600万枚を超える。

紅白リハ 星野源が披露した「恋ダンス」 渡辺直美の気合メーク
前へ
渡辺直美さん
次へ
1/17
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

「青いカレー」に「食べないよ」悩む地方に中高生クリエーターが提案
「青いカレー」に「食べないよ」悩む地方に中高生クリエーターが提案
令和だけど…昭和の伝票使ってます 40年以上前に誤って5000冊も発注
令和だけど…昭和の伝票使ってます 40年以上前に誤って5000冊も発注
ナビサイト使って参加学生ゼロ 企業がテンプレ採用をやめるべき理由
ナビサイト使って参加学生ゼロ 企業がテンプレ採用をやめるべき理由
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
Q&A
薬の英語の情報、どうやって手に入れる?ド...
薬の英語の情報、どうやって手に入れる?ド...
同棲カップルの心理戦 「プリンの恨み」と思いきや…漫画作者に聞く
同棲カップルの心理戦 「プリンの恨み」と思いきや…漫画作者に聞く
朝日新聞指定席 『恋のヴェネチア狂騒曲』 ムロツヨシ
朝日新聞指定席 『恋のヴェネチア狂騒曲』 ムロツヨシ
PR
「私を置いて 世界が感動している」最後の運動会、選ばれなかった私
「私を置いて 世界が感動している」最後の運動会、選ばれなかった私
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
PR
「あなたを犠牲にしないで…」 交換ノートめぐる漫画の作者に聞いた
「あなたを犠牲にしないで…」 交換ノートめぐる漫画の作者に聞いた
ツッパリするなら正しくな! 突っ張り棒の社長が「ツッパリ嬢」に
ツッパリするなら正しくな! 突っ張り棒の社長が「ツッパリ嬢」に
体重115kgの私がダイエットに苦しみ、後に40kgの減量に成功した理由
体重115kgの私がダイエットに苦しみ、後に40kgの減量に成功した理由

人気

もっと見る