閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年06月09日

「こんな時代だから、大笑いしたい」 のんさん、山田洋次監督と対談

  • 15368

山田洋次監督(右)と対談するのんさん=東京都葛飾区、鬼室黎撮影

山田洋次監督(右)と対談するのんさん=東京都葛飾区、鬼室黎撮影

 「家族はつらいよ2」が公開中の山田洋次監督(85)と、「この世界の片隅に」で声優を務め、寅さんファンでもある俳優のんさん(23)。名監督と個性派女優が初対面し、世代を超えた異色の対談が実現しました。「高齢者の危険運転」「孤独死」といった現代の社会問題も、戦時下の厳しい日常も、笑いに包んで昇華させる――。そんな笑いのチカラについて、たっぷりと語り合いました。


【動画】のんさん、山田洋次監督による世代を超えた映画対談=佐藤正人、高橋敦撮影

「家族はつらいよ2」 重苦しい現実も笑いに

 5月27日公開の「家族はつらいよ2」は、橋爪功さんと吉行和子さんが演じる老夫婦とその子ども、孫たちの3世代が織りなすホームドラマの第2弾。高齢者の運転免許返納や無縁社会をモチーフに、死という重いテーマにも挑みますが、作品は喜劇。劇場は観客たちの笑いであふれています。

「家族はつらいよ2」の出演者たち=©2017「家族はつらいよ2」製作委員会

「家族はつらいよ2」の出演者たち=©2017「家族はつらいよ2」製作委員会

 のんさん(のん)「お父さん(橋爪)がパワーアップしていてすごく面白くて。家族会議がいつもけんかで、めんどくさかったりしんどい思いをしたりしなきゃいけないけど、絆がある。喜劇だと笑いにできるのがすてき。たくさん笑わせていただきました」

 山田洋次監督(山田)「年をとったお父さんに運転をやめさせる、ということだけでもあれだけの長い物語がつくれる。大したことないことのようだけど家族にとっちゃ深刻で、万一事故を起こしたら大変なことになる。かといってお父さんは嫌と言ってそう簡単に解決しない。家族ってそういう風に面白い」

山田洋次監督と対談するのんさん=鬼室黎撮影

山田洋次監督と対談するのんさん=鬼室黎撮影

死も喜劇に「冒険でした」

 のん「蒼井優さん演じる奥さんが唯一まともな気がするのが、また面白くて」

 山田「(結婚して)一番新しい家族だから、冷静に客観的に家族を見つめることができる。彼女自身の家族はつらい思いをしているわけで、そこから見るとこの家族は結局、仲が良いし愛し合っている。(蒼井さん演じる)憲子の向こう側、背後には日本の重苦しい現実がある。両親は離婚、おばあちゃんは認知症でお母さんが介護しながら働かなければいけない」

 「それは大部分の日本人が抱えている問題で、僕自身を含め周辺をみても、かなり暗いものを抱えて生きているよね。(『家族はつらいよ2』は)幸せな家族の物語、と僕は考えている。そこに(小林稔侍さん演じる)丸田のような、重い暗い人生を生きている独居老人がポンッと現れてくる」

「家族はつらいよ2」のワンシーン=©2017「家族はつらいよ2」製作委員会

「家族はつらいよ2」のワンシーン=©2017「家族はつらいよ2」製作委員会

 のん「小林稔侍さん、前作では探偵でしたね」

 山田「野球でいえばショートストップで色んな役ができる。三塁に回ったり二塁に回ったり。家族の8人とは別に9番目の人だね。野球もちょうど9人でしょ。9人くらいがちょうどチームとしてはいいんだよね」

 「(丸田の死を喜劇として描くのは)僕にとって冒険でした。生々しくは出さないけど死骸がちょっと映る。喜劇ではタブーだね。喜劇は人の死という重いテーマを扱わないのが普通、常識。でも思い切って扱って、なおかつ笑えないかな、と」

のんさんと対談する山田洋次監督=鬼室黎撮影

のんさんと対談する山田洋次監督=鬼室黎撮影

重苦しい時代には、大笑いできる映画を

 のん「最近、日本で笑えるコメディー作品ってそんなにないな、と思っていて。私もコメディーにたくさん挑戦したいって思うんですけど」

 山田「外国の映画でもあんまり最近ないんじゃないかね、コメディー、笑える作品って」

 のん「時代的に求められていないんですかね?」

 山田「どうなんだろう。それはとても大事な問題だよ。じゃあ今、観客は笑いたいと思ってないのだろうか。そうじゃないんじゃないかね。今の時代ってのは、日本もそうだけど、世界的になんだか不幸な時代でしょ。重苦しい時代でしょ」

 「そういう時代には大笑いして、さあ明日から元気になって生きていこうと思いたいわけじゃない? だったらその役割を持った映画がたくさんあっていいはずなんだけども、意外にないよね。ハリウッドの映画なんて、人類が破滅してくとか地球が滅ぶとか、大げさな映画はいっぱいあるけど。ああおかしかった、ああ笑ったっていう映画は少ないね」


【動画】のんさん「コメディを極めたい」、山田監督とスペシャル対談=佐藤正人、高橋敦撮影

「見ている人に笑ってもらいたい」

 のん「私がコメディーをやりたいのは、コメディーをやってたくさんの方に知ってもらったっていうのがすごく大きいんですけど、たぶん自分自身が、見ている人に笑ってもらいたい欲が強くて。だから極めたいって思ってます。難しいですよね、コメディーって」

 山田「そのためには自分の欠点を露呈しなきゃいけないから」

 のん「恥ずかしいんですよね」

 山田「その恥ずかしいところを見せちゃわなきゃ人は笑ってくれないよなぁ」

山田洋次監督と対談するのんさん=鬼室黎撮影

山田洋次監督と対談するのんさん=鬼室黎撮影

鼻歌を歌うすずさんに、生きる力

 のん「笑いのチカラ……。(『この世界の片隅に』で)すずさんをやらせていただいた時、すずさんが楽しそうに料理をしているのが印象的で。私は笑顔になれたり笑ったりするとすごい幸せで満ちてきて、すごく気分がよくて、こんな風に頑張りたいとかちゃんと生活しなきゃとか思えてくる」

 山田「そうそう、あの人はひとりでいるときにふっと鼻歌を歌ったりする人だよね。そういう人ってすてきだよね。すずさんって、歌いながら自分を励ましている、そういうことができる人なんだよね」

 のん「すずさんが、まな板をバイオリンみたいに持っているのを見て、料理を作ってみたいとか、人に食べさせてみたいとか、っていうのが沸いてきた。すごく『生活したい』っていうチカラが沸いてきました」

のんさんと対談する山田洋次監督=鬼室黎撮影

のんさんと対談する山田洋次監督=鬼室黎撮影

大きな肯定、笑いに必要

 のん「喜劇と人間ドラマを撮る時って何か違いがあったりしますか?」

 山田「それは別にないね。例えば寅さんは、ひとりの男がいました、とても美しい人がいました、恋をしました、色々努力したけど彼は結局フラれて彼女の前を去っていきました、っていう話なんだから、どう考えても悲劇だよね。その悲劇をみんな笑っちゃうんだよね」

 「笑いながら、『きっと本当は笑っちゃいけないな』ということも分かるんじゃないかね。だけど笑っちゃう、人間は。寅さんから言わせれば、なんで笑うんだよ、といいたいところじゃないの。俺はこんなに悲しいのに。でもそれが喜劇なんだね。映画館で大声あげて笑いたい、笑える映画を観たいというのはどういうことなんだろう。なぜそういうことを観客、人間は求めるんだろうね」

2人で山田洋次ミュージアムを訪ねた山田監督とのんさん(右)=東京都葛飾区、鬼室黎撮影

2人で山田洋次ミュージアムを訪ねた山田監督とのんさん(右)=東京都葛飾区、鬼室黎撮影

 のん「スカッとしたい? でも泣きたい欲が強い方もたくさんいますよね」

 山田「誤解を恐れずに言えば、泣きたいという人に比べて笑いたいという人のほうがちょっと知的な感じがするね」

 「泣きたいという人がダメということじゃないけども。つまり、『人間って愚かなんだな』ってことで笑うんだから。『人間は愚かなんだな、でもそれが人間なんだな』っていう大きな肯定が、笑いにはあるんじゃないかな」

山田洋次監督(右)と対談するのんさん=東京都葛飾区、鬼室黎撮影

山田洋次監督(右)と対談するのんさん=東京都葛飾区、鬼室黎撮影


山田洋次監督とのんさん、世代を超えたスペシャル対談が実現
前へ
2人で山田洋次ミュージアムを訪ねた山田監督とのんさん(右)=東京都葛飾区、鬼室黎撮影
次へ
1/22
前へ
次へ

あわせて読みたい

1カ月ぶりの休み、起きたらもう夜9時…マンガ「夜廻り猫」が描く休日
1カ月ぶりの休み、起きたらもう夜9時…マンガ「夜廻り猫」が描く休日
藤井四段の自宅で見た「普通すぎる日常」服はお下がり、将棋盤まで…
藤井四段の自宅で見た「普通すぎる日常」服はお下がり、将棋盤まで…
「みそ汁サーバー」なぜ家庭用に? ネットで拡散、マルコメに聞く
「みそ汁サーバー」なぜ家庭用に? ネットで拡散、マルコメに聞く
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
「花嫁オークション」は差別?ディズニーに署名活動 東京の対応は…
「花嫁オークション」は差別?ディズニーに署名活動 東京の対応は…
納豆「1万回」混ぜたら予想外の結果に…記念...
納豆「1万回」混ぜたら予想外の結果に…記念...
金閣寺が焼けた日 放火した僧の「その後」...
金閣寺が焼けた日 放火した僧の「その後」...
禁じられた改札タッチ、「とてつもない金額」とは? JR看板を検証
禁じられた改札タッチ、「とてつもない金額」とは? JR看板を検証
有楽町発世界へ!スタジオアルタ新劇場公演。演出家と出演女優が語る
有楽町発世界へ!スタジオアルタ新劇場公演。演出家と出演女優が語る
PR
「まえがき」読み返したら涙が… 理科本の言葉、人生にも当てはまる
「まえがき」読み返したら涙が… 理科本の言葉、人生にも当てはまる
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
Q&A
ブラック企業が激変!『魔王が社長になった...
ブラック企業が激変!『魔王が社長になった...

人気

もっと見る