MENU CLOSE

IT・科学

28107

カワイイ?amazonに「隠しイラスト」 10年ごし、意外な正体判明

「MEOW」と鳴いているのは?
「MEOW」と鳴いているのは? 出典: amazonのソースコードより(画像は加工しています)

目次

 ネット通販サイトamazonに可愛らしい「隠れイラスト」が潜んでいると話題になっています。調べてみると、10年ごしの意外な事実がイラストで明らかにされていました。

19万字の一番最後に

 イラストを見る方法は簡単です。amazonのトップページを表示し、右クリックして「ソースを表示」を選択。すると約19万5000字におよぶソースコードが表示されます。末尾まで、画面をスクロールさせてください。

見慣れたamazonのトップ画面で右クリック
見慣れたamazonのトップ画面で右クリック
長大なソースコードの末尾を見ると・・・
長大なソースコードの末尾を見ると・・・
い、いたーーー!
い、いたーーー!

13カ国で確認

 「MEOW」と鳴いている鳥が、文字列だけで描かれています。MEOWとは猫の鳴き声、日本語で言う「ニャー」です。なぜ?

 この不思議なイラスト。4月に入りツイッターで「偶然amazonのソースコードの中でアヒルがニャーと鳴いているのを見つけてしまった」と、つぶやきがあると8000回以上リツイートされる反響を呼びました。

 いったい、いつから潜んでいたのでしょうか。

 まずこのイラスト、中国を除く13カ国のamazonで見つけることができました。ワールドワイドな存在のようです。

 様々なサイトの過去の状態が見られるネットアーカイブで調べたところ、2016年7月に米国、9月には日本でソースコードに登場。その後、じわじわと世界各国で話題になっていることが分かりました。

「MEOW」に歴史あり

 amazonがこうした「いたずら」を仕掛けるのは初めてではありません。

 実はソースコードの末尾には長年、「MEOW」という鳴き声だけが書かれてたのです。ネットアーカイブで調べると、MEOWの初登場は、日米ともに2006年までさかのぼります。

2006年、ソースコードに「MEOW」とだけある。
2006年、ソースコードに「MEOW」とだけある。 出典:ネットアーカイブより

 登場当時の英語圏の掲示板を見ると、やはり見つけた人が驚いています。「ページが正しく表示されたかを見る目印では?」などと臆測が飛び交う一方、「猫がソースコードを書いたからだよ」といったジョークも。

 それから約10年。「MEOW」と鳴いていたのは、実は猫ではなかった・・・というオチがついた形です。

 MEOWについて、アマゾンジャパンは「まことに申し訳ありませんが、コメントを控えさせていただきます」としています。

様々な企業にも「隠し」

 隠しイラストやメッセージは、さまざな企業のサイトで見られます。

 コカ・コーラの公式サイトは、ソースコードをのぞくと・・・

 おなじみの「Coca-Cola」のロゴマークが文字列で描かれています。

コカ・コーラ公式サイトのソースコード
コカ・コーラ公式サイトのソースコード 出典:http://www.coca-colacompany.com/

 料理サイト「クックパッド」のソースコードにも、おなじみのコック帽のロゴマークが隠れています。その下には「Hi! We're hiring」の文字。「人材募集中」の意味通り、採用サイトのURLも添えてあります。

クックパッドのソースコード
クックパッドのソースコード 出典:https://cookpad.com/

 立ち食いそばチェーン「名代富士そば」の公式サイトには、思わず笑顔。かわいい料理人のイラストが、こっそり隠されています。

「名代富士そば」のソースコード
「名代富士そば」のソースコード 出典:http://fujisoba.co.jp/

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます