MENU CLOSE

話題

12854

雪で折れた天狗の鼻、元に戻る 絆創膏「治療」が話題、強度もアップ

叡山電鉄鞍馬駅に設置された巨大な天狗像の「治療」が完了しました。

鼻が折れる前の天狗像(折れた後と治療後の画像は本文中にあります)
鼻が折れる前の天狗像(折れた後と治療後の画像は本文中にあります) 出典: 叡山電鉄のツイッターより

目次

【ネットの話題、ファクトチェック】

 叡山電鉄鞍馬駅(京都市左京区)に設置された巨大な天狗像の「治療」が完了しました。雪の重みで長さ2.3mの鼻が折れてしまった後、鼻の部分に巨大な絆創膏(ばんそうこう)が貼られ、「ただいま治療中」の看板が立てられたことで外国人を中心に話題になっていた、あの天狗です。叡山電鉄に話を聞きました。

折れた鼻の部分に絆創膏が貼られた天狗像
折れた鼻の部分に絆創膏が貼られた天狗像 出典: 叡山電鉄提供

どんな天狗?


 源義経が天狗と修行したとされる鞍馬山。天狗の像は、1994年の平安建都1200年を記念して作られた発泡スチロール製で、2002年から駅前に置かれ、観光客らの写真スポットとなっていました。

 叡山電鉄によると、折れた時期ははっきりしませんが、京都市内では1月14日夜から雪が降り始め、17日朝には折れていたといいます。ニュースなどで取り上げられた数日後、鼻の部分にアルミ素材で作られた絆創膏を貼り付けました。

 折れる前と絆創膏が貼られた後の画像がFacebookに英文とともに投稿されると、外国人を中心に拡散。「かわいい」「日本に行きたくなる」といった反応が寄せられ、「いいね!」は1万1千、シェアは1万8千を超えました。

折れた天狗像の鼻の部分=京都市左京区、大村治郎撮影
折れた天狗像の鼻の部分=京都市左京区、大村治郎撮影 出典: 朝日新聞

治療法は?


 叡山電鉄の担当者は「治療方法についてはまだ決まっていませんが、春までには治したいと思います」と話していましたが、今月24日にツイッターを通じて治療が完了したことを報告。こんな文言を投稿しました。

 「鞍馬駅前の天狗さんの手術が成功し、元の姿を取り戻しました。心配してくださったみなさまありがとうございました」



 担当者によると、鼻をくっつけるだけでなく、色が落ちたり剥がれたりしている部分を塗装し、化粧板も修復。鼻の根元の部分に、鼻を支えるためのワイヤーを1カ所増やすことで、以前よりも強度が増したそうです。

 「多くのお客さまに心配していただき、ありがとうございました。おかげさまで完治することができ、大変うれしく思っております。ぜひ、元気な姿になった天狗に会いに、鞍馬に足を運んでいただけたらと思っております。この親しみある天狗を、これからも大切にしていきたいです」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます