MENU CLOSE

話題

24015

卓球「みう・みま」ペアは解散? 全日本Vの平野、新しい相棒は…

ダブルスを組み、世界で活躍していた平野美宇選手(左)と伊藤美誠選手
ダブルスを組み、世界で活躍していた平野美宇選手(左)と伊藤美誠選手 出典: 朝日新聞

目次

 1月22日。卓球の全日本選手権の閉会後に、世界選手権(5月開幕、ドイツ・デュッセルドルフ)の代表が発表されました。史上最年少の16歳で女子シングルスを制した平野美宇(み・う)選手は、シングルス、ダブルス両方の代表に選ばれました。ここで、ちょっとした驚きがありました。ダブルスのパートナーは、長年ペアを組む同い年の伊藤美誠(み・ま)選手ではなく、エースの石川佳純選手。初めての組み合わせです。その理由は――。(朝日新聞スポーツ部・前田大輔)

全日本選手権を制してガッツポーズの平野美宇選手
全日本選手権を制してガッツポーズの平野美宇選手 出典: 朝日新聞

驚きの新ペア誕生

 平野選手と伊藤選手は「みう・みま」ペアとして有名です。5歳で初めてコンビを組み、2014年に、14歳で国際大会・ワールドツアーのグランドファイナルで優勝しました。昨年8月のリオデジャネイロ五輪は伊藤選手が代表に選ばれ、平野選手は補欠になりました。「みう・みま」ペアは、いったん活動休止となりましたが、リオ五輪後に復活すると思われていました。

昨年の全日本選手権でプレーする「みう・みま」ペア
昨年の全日本選手権でプレーする「みう・みま」ペア 出典: 朝日新聞

 なぜ、平野選手は石川選手と組むことになったのか。全日本で最年少優勝した平野選手に比べ、伊藤選手は今回5回戦で敗退。力の差が開いてしまったからなのか、とうがった見方をするファンもいそうですが、違うようです。

 リオ五輪後に日本女子の監督に就任した馬場美香さんは、こう説明します。「平野選手が左利きの石川選手と組むことで、(世界最強の)中国に勝てるペアを目指そうと考えました」

 卓球のダブルスでは、左利きと右利きの選手を組み合わせることが多いです。1球ずつ交互に打つため、利き腕が違う方がフットワークがしやすいからです。

 平野選手はリオ五輪のメンバーから外れた後、より攻撃的な戦術に変えました。ウエイトトレーニングを採り入れた結果、球のスピードや回転量が増し、ラリーのテンポも上がりました。「利き腕の違う石川選手と組んだ方が、より速くて攻撃的な卓球ができるのではないか」と馬場監督は考えたのです。

日本女子のエース、石川佳純選手はサウスポーだ
日本女子のエース、石川佳純選手はサウスポーだ 出典: 朝日新聞

東京を見据えて

 もう一つ、大切な理由があります。「2020年東京五輪を見据えてのペア編成だ」ということです。

 ダブルスは、五輪で団体戦の3番目に行われます。団体戦に出られるのは3人だけ。様々なペアが組めた方が、相手に読まれにくいオーダーを作れます。日本女子が初めて銀メダルを獲得した2012年のロンドン五輪では、石川選手と福原愛選手、石川選手と平野早矢香選手という二通りのペアを使い分け、決勝まで進みました。

 石川、平野、伊藤に、結婚して休養中のベテラン福原の各選手。若手も成長しており、東京五輪出場の3枠をめぐって、個々の競争は激しくなります。ダブルスで実戦を積む経験は、シングルスよりも限られます。「東京五輪に向け、早い段階から様々なペアを試そう」という意図も垣間見えます。

ロンドン五輪で銀メダルを取った日本女子。平野早矢香(左)と石川佳純のペア
ロンドン五輪で銀メダルを取った日本女子。平野早矢香(左)と石川佳純のペア 出典: 朝日新聞

切磋琢磨し金メダルを

 というわけで、このまま「みう・みまペアが解散しちゃう」ということではありません。プライベートでも一緒に買い物に出かけるなど、仲が良い二人。お互いが切磋琢磨して、東京五輪で目標の金メダルをつかみ取って欲しいですね。

1月の全日本選手権を制した平野美宇選手
1月の全日本選手権を制した平野美宇選手 出典: 朝日新聞

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます