閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年01月24日

圧巻!6万個の「数字の森」 新美、全展示写真OKで2万RT投稿も

  • 23377

国立新美術館で開催中の「数字の森」=佐藤正人撮影

国立新美術館で開催中の「数字の森」=佐藤正人撮影

圧巻!6万個の数字によるインスタレーション

 201720182019202020212022……。東京・六本木にある国立新美術館(新美)では、開館10周年を記念し、6万ピースの数字が縦横に配置された色鮮やかなインスタレーション「数字の森」が30日まで展示されています(24日(火)は休館)。新美としては珍しく、展示全体の写真撮影が許可されていることから、ツイッターでは、2万リツイートを超える投稿が出るなどして話題に。作品を手がけたフランスのエマニュエル・ムホーさん(45)は「SNSが作品に触れるきっかけとなって、多くの人に見てもらえるのはうれしい」と話しています。


「色を三次元で見せる」

 エマニュエルさんは、1996年から日本を拠点にしている建築家兼デザイナーです。「色で空間を仕切る。色で空間をつくる」と、色を三次元で見せる作品づくりを続けていて、これまでに「ABC Cooking Studio」の空間デザインや「巣鴨信用金庫」の建築などを手がけています。

作品を手がけたエマニュエル・ムホーさん=佐藤正人撮影

作品を手がけたエマニュエル・ムホーさん=佐藤正人撮影

ABCクッキングスタジオ/コレド日本橋スタジオ=田中秀樹撮影

ABCクッキングスタジオ/コレド日本橋スタジオ=田中秀樹撮影

出典:emmanuelle moureaux architecture + design

2017~2026年までを表現

 新美によると、10周年を記念した展示を盛り上げようと、色彩豊かな作品を多く発表していたエマニュエルさんに会場のデザインを依頼したということです。

 作品は、紙でつくった数字を糸で縦に10個つるし、2017~2026年までの10年の西暦を100列で表現。黄・ピンク・茶・緑・青・紫のグラデーションで1列ごとに異なる100色が使われています。延べ約300人のボランティアと7日かけて設営しました。

「数字の森」(エマニュエル・ムホー)の設営風景=国立新美術館提供

「数字の森」(エマニュエル・ムホー)の設営風景=国立新美術館提供

全展示の写真許可は「珍しい」

 最近では、展示物の写真撮影を認める作品展が出て来ていますが、この「数字の森」もエマニュエルさんが了承していることや、どのポイントからの写真の撮影も許可されています。

展示の入り口には写真OKのマーク

展示の入り口には写真OKのマーク

 新美によると、これまで一部の作品で撮影を許可したことはありましたが、全面的に写真撮影を認める展示は「珍しい」とのこと。ツイッター上では早速、「圧巻」「きれい」などといった投稿や、インスタには工夫を凝らした写真がアップされています。


作品には遊び心も、思いを聞きました

 作品は、6万ピースの数字でできていますが、その中に女の子2人と猫一匹が紛れ込んでいて、それを探すという遊び心も盛り込まれています。エマニュエルさんに、作品に込めた思いやSNSで拡散していることなどについて聞きました。

作品の数字に、女の子と猫が紛れ込んでいることを知らせる案内

作品の数字に、女の子と猫が紛れ込んでいることを知らせる案内

 ――数字を作品に使った理由は?

 「10周年ということで、2017年からの未来の10年を可視化しようと思ったんです。中を歩くことができるので、2017年から2026年への10年間を体感できるインスタレーションになっています」

 「あとは、時間や値段など数字に私たちは慣れているので、身近に感じてもらえたらと思いました」

 ――色にこだわった作品づくりをするのは?

 「1995年に初めて東京に来た時に、街の中にあふれている無数の『色』に衝撃を受けて。すごく美しいと思ったんです」

 「そこから日本で住み始め、三次元の空間作りにおいて、色を大事な要素にした作品を作ってきました。今回も私が美しいと思う100色を選んだので、ぜひ体全身で感じてほしいです」

作品の中は歩くことができ、ベンチも設置してある=佐藤正人撮影

作品の中は歩くことができ、ベンチも設置してある=佐藤正人撮影

 ――ツイッターなどでも作品の写真が拡散しています。

 「SNSがなければ、作品に触れるきっかけがない人もいると思うので、そうした人たちに見てもらえるのはうれしい。できるだけ多くの人にこの作品を感じてもらいたいです」

 ――作品には、女の子と猫が紛れていますが、どこにいるかヒントはありますか?

 「女の子と猫は、数字の森に迷い込んだという設定にしています。探しながら、空間を長く楽しんでもらいたいという思いもあります。ヒントは教えられませんが、注意深く探してもらえれば、きっと見つかりますよ」

黄・ピンク・茶・緑・青・紫のグラデーションで100色を表現=佐藤正人撮影

黄・ピンク・茶・緑・青・紫のグラデーションで100色を表現=佐藤正人撮影

展示は30日まで

 「数字の森」は30日まで開かれている「国立新美術館 開館10周年記念ウィーク」の一環。ほかに、映像作家・石田尚志さんの作品展示や美術館の建物を巡るツアー(事前予約制)などが企画されています。問い合わせは03-5777-8600(ハローダイヤル)。火曜日は休館です。

【動画】国立新美術館で開催中の「数字の森」、エマニュエルさんのインタビューも=佐藤正人撮影

「圧巻」「きれい」 新美の「数字の森」、6万個の破壊力
前へ
6万ピースの数字を使ったインスタレーション「数字の森」=国立新美術館、佐藤正人撮影
次へ
1/31
前へ
次へ

あわせて読みたい

勤労感謝の日だからこそ伝えたい、ニッポンの生産者のメッセージ
勤労感謝の日だからこそ伝えたい、ニッポンの生産者のメッセージ
PR
犬や猫、豚や象など、各国の動物の鳴き声が知りたいです。
犬や猫、豚や象など、各国の動物の鳴き声が知りたいです。
Q&A
あれっ?オチがない、でも涙が… スペースワ...
あれっ?オチがない、でも涙が… スペースワ...
「大してインスタ映えもしないので…」 博物館の注意書きが斬新すぎ
「大してインスタ映えもしないので…」 博物館の注意書きが斬新すぎ
月17万円でも苦しい…「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす
月17万円でも苦しい…「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす
「枝野演説」地元で感じた“ある変化” 立憲...
「枝野演説」地元で感じた“ある変化” 立憲...
町工場の『奇跡のノート』、大手が量産化して発売 社長の夢が現実に
町工場の『奇跡のノート』、大手が量産化して発売 社長の夢が現実に
座間9遺体事件で注目「大島てる」が本当に届けたい“事故物件投稿”
座間9遺体事件で注目「大島てる」が本当に届けたい“事故物件投稿”
「最低な会社の辞め方」残された同僚が「敵」になる時…
「最低な会社の辞め方」残された同僚が「敵」になる時…
「最低な会社の辞め方」1年のブランク、覚悟できてる?
「最低な会社の辞め方」1年のブランク、覚悟できてる?
AI技術が描く未来社会 -4つの技術群でフカボリしてみる-
AI技術が描く未来社会 -4つの技術群でフカボリしてみる-
PR
これぞ「紙」対応! トイレ紙を切らしたくない一蘭、万が一の際は…
これぞ「紙」対応! トイレ紙を切らしたくない一蘭、万が一の際は…

人気

もっと見る