close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年12月24日

自由過ぎるぞ!昔のクリスマス 戦前からバブルまで…写真で振り返る


  • 56934

1928年、昭和天皇即位の「御大典」を祝う大阪市に現れたサンタクロース

1928年、昭和天皇即位の「御大典」を祝う大阪市に現れたサンタクロース

出典: 朝日新聞

最新ニュースを受け取る

 クリスマスを心から楽しみたいという気持ちは、いまも昔も同じ。ところが……あれれ? 時代をさかのぼると、思いが強すぎたのか、ちょっと風変わりにも見える光景がありました。朝日新聞の秘蔵写真で振り返ります。(朝日新聞東京編集センター・加地ゆうき、文化くらし報道部・岡田慶子)

1928年 ドヤ顔サンタ

1928年11月14日、大阪市

1928年11月14日、大阪市

出典: 朝日新聞

 1928年、昭和天皇即位の「御大典」を祝う大阪市で、なぜかサンタを発見。突然の登場に、みんなびっくりして遠巻きにしている?……ようにも見えますが、実際は「サンタクロースの爺やが来た来た」と拍手喝采だったそう。

1951年 一周まわって今っぽい

1951年12月25日、東京・新橋

1951年12月25日、東京・新橋

出典: 朝日新聞

 1951年のクリスマス早朝。東京・新橋のダンスホールでは、踊り疲れた人たちがぐったり。散らかったゴミが、前夜の騒ぎを物語っています。奥の方には踊り足りないのか、はしゃぐ女性たちが……。元気すぎます。

1954年 下の方の箱が心配

1954年12月18日、東京都千代田区

1954年12月18日、東京都千代田区

出典: 朝日新聞

 無造作に積み上げられた荷物の山。いったい何をしているのでしょう。実はここ、1954年の丸の内・東京中央郵便局。荷物は集まったプレゼントの数々なのでした。あまりの多さにアルバイト学生650人を動員し、休日返上で作業したとか。

1955年 布きれ一枚か…

1955年12月24日、東京都世田谷区

1955年12月24日、東京都世田谷区

出典: 朝日新聞

 子どもたちが持つのは、シーツ? いえいえ、長さ13尺(4メートル弱)の靴下です。プレゼントを入れてもらうための靴下をサンタが持ってくる、というまさかの事態に、子どもたちもうつむき気味。……と思いきや、中には衣類や文房具が。都内の母子家庭に配られたそうです。ほっ。

1955年 デジャブ?

1955年12月24日

1955年12月24日

出典: 朝日新聞

 高度経済成長が始まってほどない1955年、12月25日の夕刊には「Xマス狂徒」の見出しが。記事には「世界中どこへいってもこんなバカ騒ぎはみられない。結局これはみんながいつも何か享楽のハケ口をみつけており、クリスマスがその絶好の機会になるということなのだろう」とも。昨今のハロウィンの渋谷が、脳裏をよぎりました…。

1959年 謎の恒例イベント

1959年12月

1959年12月

出典: 朝日新聞

 ツリーを載せた舟を押し、温水プールを1周するという謎のイベント。お祭りの山車(だし)の発想でしょうか。実はこの手の写真、いっぱい残っているんです。

1961年 ソリじゃなく、ヘリ

1961年12月、東京都板橋区

1961年12月、東京都板橋区

出典: 朝日新聞

 障害者施設の子どもたちに、プレゼントを届けに来たサンタ。でも、サンタよりヘリが気になってしょうがない。それは、最後列のおじさんたちも同じご様子で。何だ、この近未来感…!!

1962年11月6日、東京・日本橋

1962年11月6日、東京・日本橋

出典: 朝日新聞

1963年 規格外のセンス

1963年12月16日、東京・日本橋

1963年12月16日、東京・日本橋

出典: 朝日新聞

 東京・日本橋のデパートで。この女性、ツリーは円錐形という概念を、悠悠と超えてきた。

1965年 寄ってたかって…

1965年12月24日、東京・銀座

1965年12月24日、東京・銀座

出典: 朝日新聞

 クリスマスイブ、都内に初雪が降った1965年。寒さや不況のせいで、銀座の露店ではサンタ人形が売れ残っていました。路上に転がる姿、なんだか切ない。

1974年 泣くな、子ども

1974年12月24日、東京・銀座

1974年12月24日、東京・銀座

出典: 朝日新聞

 オイルショックのあおりで、控えめなクリスマスになった1974年。デパートでは飾り付けの制作費も半減し、600万円(!)に。サンタの張りぼてがホラーすぎて、「愕然とする父&泣き出した女の子をあやす母の図」にしか見えない。

1990年 OKバブリー!

1990年12月21日、東京・銀座

1990年12月21日、東京・銀座

出典: 朝日新聞

 バブル景気まっただ中の1990年、プレゼントにはティファニーが大人気。銀座三越には「オープンハート」のペンダントを求めて、若い男性が殺到したそうです。

     ◇
 どうでしたか? こうやって見てみると、恋人同士で過ごすとか、チキンを食べるとか、定型の過ごし方に合わせる必要なんてないんだ!と思えてきませんか? 特にスペシャルな予定がない人も、浮かれ気分の人も、ステキな1日になりますように。メリークリスマス!

この記事は12月24日朝日新聞夕刊(一部地域25日朝刊)ココハツ面と連動して配信しました。

斬新!クリスマスの過ごし方 「Xマス狂徒」、おじいさん審査……
前へ
昭和天皇即位の「御大典」に現れ、拍手喝采を浴びたサンタクロース=1928年11月14日、大阪市
次へ
出典:朝日新聞
1/16
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

宅急便に隠しデザイン? 「急」の文字が走ってる ヤマト運輸に聞く
宅急便に隠しデザイン? 「急」の文字が走ってる ヤマト運輸に聞く
サッカー長友「若いとき以上」の秘訣は「脂質」 MCTオイルに注目
サッカー長友「若いとき以上」の秘訣は「脂質」 MCTオイルに注目
PR
少年院に響くすすり泣き、市原悦子さん遺作が今も上映される理由
少年院に響くすすり泣き、市原悦子さん遺作が今も上映される理由
台風(たいふう)で警報(けいほう)がでた...
台風(たいふう)で警報(けいほう)がでた...
『ぼけますから』映画公開から1年間に起きたこと、娘に迫られた決断
『ぼけますから』映画公開から1年間に起きたこと、娘に迫られた決断
ヒグマの射殺に加担した私……1週間の追跡取材で気付かされた現実
ヒグマの射殺に加担した私……1週間の追跡取材で気付かされた現実
体の自由を失ってわかる仕事の価値「働きた...
体の自由を失ってわかる仕事の価値「働きた...
カロリーメイトから「リキッド」が新発売!なぜ今リキッドなのか?
カロリーメイトから「リキッド」が新発売!なぜ今リキッドなのか?
PR
「何かがいるよ。溶け込んでるよ」 上野動物園ツイートが難問すぎる
「何かがいるよ。溶け込んでるよ」 上野動物園ツイートが難問すぎる
「ナス科の地上絵」が傑作すぎる! トマト...
「ナス科の地上絵」が傑作すぎる! トマト...
サーティワンの裏技?アイスをシェイクに 「創業時からあるのに…」
サーティワンの裏技?アイスをシェイクに 「創業時からあるのに…」
夢を追う不安、本人が一番わかってるから… 背中を押した先生の一言
夢を追う不安、本人が一番わかってるから… 背中を押した先生の一言

人気

もっと見る