close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年12月09日

いつか熟柿を食べる日が…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く祖母と孫


  • 16815

漫画「熟柿を食べる日」の一場面=作・吉谷光平さん

漫画「熟柿を食べる日」の一場面=作・吉谷光平さん

最新ニュースを受け取る

 孫娘とのやりとりの中で、ふと将来を想像したら笑いがこみ上げてきた――。ツイッターに投稿した漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題になった漫画家・吉谷光平さんが、新聞投稿をもとに描きました。

漫画「熟柿を食べる日」=作・吉谷光平さん

漫画「熟柿を食べる日」=作・吉谷光平さん

 今月、朝日新聞の「ひととき」欄に掲載された投稿。奈良県に住む60代女性からでした。

漫画「熟柿を食べる日」の一場面=作・吉谷光平さん

漫画「熟柿を食べる日」の一場面=作・吉谷光平さん

 タイトルは「熟柿を食べる日」。

漫画「熟柿を食べる日」の一場面=作・吉谷光平さん

漫画「熟柿を食べる日」の一場面=作・吉谷光平さん

 柿をめぐる孫娘とのやりとりの中で、自分の過去と孫娘の将来を想像した時のことが書かれています。

漫画「熟柿を食べる日」の一場面=作・吉谷光平さん

漫画「熟柿を食べる日」の一場面=作・吉谷光平さん

投稿の全文はこちら

 多分そう言うだろうなと思いつつ、大きな熟柿(じゅくし)を3歳の孫娘に「食べるか」と近づけたら、「いや。食べない」と、顔をそむけた。白い器に柿色が映える。ヘタをくりぬきトロトロの果肉をスプーンですくい、口に運ぶ私をポカンと見ているので再び「食べるか」と笑って見せたが、無言で首を横に振る。

 「生クリームをかけたらおいしいかも」と言ったら「生クリームあるの」と、目を輝かせた。あいにく生クリームはなかったが、コーヒーに入れるクリームがあったので、たらしてみたらキレイな模様に。見とれてはいたが、食べる決心はつかないようなので、それ以上は薦めるのをやめた。

 私は果物はあまり好きではなく、これまでは食べることも少なかった。見事な柿をもらっても、徐々に熟していくのを仕方なく眺めているだけ。食べてみようかと思うようになったのは、歯がなくなってきたからだ。老いたのだ。

 遠い昔の祖母と私のやりとりも、今とよく似たものだった。熟柿のことを「ずくし」と呼んでいた祖母を思い出しながら、今は幼い孫もいつか熟柿を食べる日が来るだろうなと想像し、笑いがこみあげてきた。

漫画「熟柿を食べる日」の一場面=作・吉谷光平さん

漫画「熟柿を食べる日」の一場面=作・吉谷光平さん

 【よしたに・こうへい】 26歳の漫画家。サラリーマン生活や漫画家アシスタントなどを経て、月刊スピリッツの「サカナマン」でデビュー。現在は月刊ヤングマガジンで「ナナメにナナミちゃん」を連載中。ツイッターで公開した2ページ5コマの漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題に。

漫画「熟柿を食べる日」=作・吉谷光平さん
前へ
漫画「熟柿を食べる日」(1)
次へ
出典:作・吉谷光平
1/206
前へ
次へ

コメント

あわせて読みたい

食事中に逆立ちしちゃう柴犬! 生後2カ月りんご郎、飼い主に聞いた
食事中に逆立ちしちゃう柴犬! 生後2カ月りんご郎、飼い主に聞いた
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
使うほど富士山になる消しゴム 学生時代に発案、入社4年目で商品化
使うほど富士山になる消しゴム 学生時代に発案、入社4年目で商品化
ぎざぎざ10円玉懐かしいですね。昔の50円玉はどうなったのでしょう?大きかったと記憶。
ぎざぎざ10円玉懐かしいですね。昔の50円玉はどうなったのでしょう?大きかったと記憶。
Q&A
「アントニオ猪木はBARにいる」政界引退直前、伝説の人を探した夜
「アントニオ猪木はBARにいる」政界引退直前、伝説の人を探した夜
バスの降車ボタン押し放題! 学研ムックの...
バスの降車ボタン押し放題! 学研ムックの...
「君の名は。」新聞広告、中国人も感動 SNSで飛び交った言葉
「君の名は。」新聞広告、中国人も感動 SNSで飛び交った言葉
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉...
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉...
「香港」をひっくり返すと「和平」に 視点...
「香港」をひっくり返すと「和平」に 視点...
お母さんは忙しいから… 「遠足の弁当つくって」が言えなかった息子
お母さんは忙しいから… 「遠足の弁当つくって」が言えなかった息子
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR
駄菓子『ミニコーラ』が氷菓に 担当者「きっかけは娘の提案でした」
駄菓子『ミニコーラ』が氷菓に 担当者「きっかけは娘の提案でした」

人気

もっと見る