close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年09月20日

カープ最強助っ人は?「やっぱりジョンソン」「4番といえばランス」


  • 14075

広島カープのランス外野手=1988年4月20日

広島カープのランス外野手=1988年4月20日

出典: 朝日新聞

最新ニュースを受け取る

 四半世紀ぶりのリーグ優勝を果たした広島カープ。快進撃の要因の一つが、外国人選手の活躍でした。そこで考えてみました。歴代のカープ最強の助っ人選手は誰なんだろうか、と。

「そりゃ、やっぱりジョンソンでしょ」

 選んだのは、朝日新聞の赤ヘル大好き記者11人です。


アイコン 「そりゃ、やっぱりジョンソンでしょ。なんていったって、あの安定感。マエケン(前田健太投手)が去った後の投手陣を支え、25年ぶりの優勝に導いてくれたのは彼だ」(村田淳記者=40歳、ファン歴40年、広島出身)


アイコン 「ジョンソンは、過去に活躍した助っ人投手よりも安定していて素晴らしい。日本に馴染もうとする姿勢も嬉しい」(野島淳記者=42歳、ファン歴37年、岡山出身)


 まず名前があがったのが、現役のクリス・ジョンソン投手。先発する90%以上の試合でクオリティー・スタート(6イニング以上を投げ、自責点3以下)をこなし、今季もリーグトップの15勝を挙げています(9月17日時点)。



クリス・ジョンソン投手=2015年3月28日

クリス・ジョンソン投手=2015年3月28日

出典: 朝日新聞

「4番といえばランス」

アイコン 「ランスは典型的な三振かホームランのバッター。でもテレビでやっている巨人戦に強かったんだよなあ。何かやってくれそうという期待感が絶大だった」(早田邦穂記者=48歳、ファン歴41年、神奈川出身)


アイコン 「ゲーム『燃えろ‼プロ野球』世代ですが、4番といえばランスでしょ」(北澤拓也記者=37歳、ファン歴31年、長野出身)


アイコン 「応援歌でも『確かに三振多いけど』と歌われるキュートさがたまらん」(林哲史記者=37歳、ファン歴37年、広島出身)


 圧倒的な人気を得たのはランス外野手でした。山本浩二選手に代わる主軸を期待されて1987年に入団。1年目から6試合連続を含む39本の本塁打を量産し、本塁打王を獲得しています。一方で打率はリーグ最低の2割1分という破天荒キャラで、三振王でもありました。



広島カープのランス外野手

広島カープのランス外野手

出典: 朝日新聞

「ホプキンスのお父ちゃんじゃ」

 古参のファンからは、懐かしい名前も飛び出しました。


アイコン 「広島市内の盛り場では初優勝当時、外国人を見ると『ホプキンスのお父ちゃんじゃ』と酒を振る舞ったり、抱きついたりしたものです」(峰久和哲記者=63歳、ファン歴56年、広島出身)


 ゲイル・ホプキンス内野手は初優勝の1975年、山本浩二、衣笠祥雄両選手とともに不動のクリーンアップを形成しました。



1975年、巨人-広島21回戦3回表、広島2死一塁、右越え2ラン27号本塁打を放つ広島東洋カープのゲイル・ホプキンス内野手=後楽園球場

1975年、巨人-広島21回戦3回表、広島2死一塁、右越え2ラン27号本塁打を放つ広島東洋カープのゲイル・ホプキンス内野手=後楽園球場

出典: 朝日新聞


 プロ野球選手らしからぬニックネーム「銀行員」と呼ばれた選手もいました。


アイコン 「ウェイド・ロードン内野手。見た目のインパクトが最強。『銀行員』というあだ名どおり、ヒョロヒョロ眼鏡で極端なクローズドスタンス。よくまねをして遊んだなあ」(高田英記者=43歳、ファン歴31年、東京出身、中学から大学まで広島)


「神様、仏様、ルイス様」

 ファンにとっては、カープ愛の存在も重要なポイント。名前があがったのがルイス・ロペス内野手です。


アイコン 「チームを大切にしていた印象があって、カープ愛を感じられる助っ人だった」(貞国聖子記者=34歳、ファン歴26年、広島出身)


アイコン 「2年連続100打点超えはすごい。前田(智徳選手)とプレーを巡ってモメたのがなければよかったけど」(岩田悟記者=43歳、ファン歴35年、神奈川出身)



ルイス・ロペス内野手

ルイス・ロペス内野手


 優勝投手になった黒田にまつわる思い出もよみがえりました。


アイコン 「コルビー・ルイス投手も忘れがたい。『神様、仏様、ルイス様』と言われた黒田(博樹)後の大黒柱」(岩田悟記者)


コルビー・ルイス投手=2009年4月3日

コルビー・ルイス投手=2009年4月3日

出典: 朝日新聞

エリック・シュールストロム投手の「活躍」

 一方、広島らしい「活躍」を見せたのがエリック・シュールストロム投手。


アイコン 「ジョンソンなど彼が連れてきた選手は『当たり』が多い。今季Vの陰の立役者だ」(岡雄一郎記者=38歳、ファン歴38年、広島出身)


 選手としては大きな活躍はできませんでしたが、引退後にカープの駐米スカウトに。なるほど、確かに一理ありそうです。



エリック・シュールストロム投手

エリック・シュールストロム投手


 また、変わり種としてはロデリック・アレン外野手の名前も。


アイコン 「カープには珍しい黒人のパワー系打者で、乱闘でも『大活躍』したのが忘れられません」(津田六平記者=37歳、ファン歴30年、大阪出身)


「カープでは最も助けてくれなかった」

 一方、やっぱりこれも気になります。そう、最も期待外れだった助っ人は誰なんだ、と。


アイコン 「あんなにすごい打者になるなら引き留めておけばよかった」(村田淳記者)


アイコン 「カープでは最も助けてくれなかった」(岡雄一郎記者)


アイコン 「期待はずれというより、悔しい」(野島淳記者)


 最も票を集めたのは、ドミニカ共和国にある選手育成機関「カープアカデミー」出身のアルフォンソ・ソリアーノ外野手(カープを離れてヤンキースで大活躍)。


アルフォンソ・ソリアーノ外野手=2013年9月7日、ロイター

アルフォンソ・ソリアーノ外野手=2013年9月7日、ロイター


 もう1人、名前が多くあがったがジェフ・ボール内野手(江藤智選手の代役を期待されたが3試合しか出場できず)でした。


アイコン 「江藤の付けていた背番号33つけたのに…」(北澤拓也記者)


アイコン 「江藤の穴を埋めるどころか、背信の記憶が強い」(岩田悟記者)


何人わかる? 写真で振り返る「カープ最強助っ人」
前へ
1975年、巨人-広島21回戦3回表、広島2死一塁、右越え2ラン27号本塁打を放つ広島東洋カープのゲイル・ホプキンス内野手=後楽園球場
次へ
1/18
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

「投票、最後は勘……」でいいのか? アラフォーの本音聞いてみた
「投票、最後は勘……」でいいのか? アラフォーの本音聞いてみた
NEW
駄菓子『ミニコーラ』が氷菓に 担当者「きっかけは娘の提案でした」
駄菓子『ミニコーラ』が氷菓に 担当者「きっかけは娘の提案でした」
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
Q&A
食事中に逆立ちしちゃう柴犬! 生後2カ月りんご郎、飼い主に聞いた
食事中に逆立ちしちゃう柴犬! 生後2カ月りんご郎、飼い主に聞いた
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉店 90歳店主が残したもの
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉店 90歳店主が残したもの
貧しいのは本人のせい?エリートに広がる「自己責任論」、越えるには
貧しいのは本人のせい?エリートに広がる「自己責任論」、越えるには
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
障害者を「ギャグ」にした漫画家 ヤンキーとのラブコメ、思わぬ反響
障害者を「ギャグ」にした漫画家 ヤンキーとのラブコメ、思わぬ反響
NEW
強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界「でも、世界で戦えない」その理由
強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界「でも、世界で戦えない」その理由
NEW
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
「バラティエ」は本当にあったんだ……熊本で見つけた尾田さんの足跡
「バラティエ」は本当にあったんだ……熊本で見つけた尾田さんの足跡

人気

もっと見る