MENU CLOSE

地元

73540

水木しげる聖地に登場した「砂かけ婆の砂」→反響ありすぎて即撤去に

設置の鳥取県「遊び心がすぎてしまった」

鳥取県が歩道のくぼみに設置した「砂かけ婆の砂」看板。反響が大きく、31日に撤去された
鳥取県が歩道のくぼみに設置した「砂かけ婆の砂」看板。反響が大きく、31日に撤去された 出典: 鳥取県

目次

 街なかに砂かけ婆の砂??? 妖怪の街としてPRを続ける鳥取県境港市にこの春登場した遊び心のある立て看板が、ネット上で大きな話題になっています。歩道のくぼみを埋めるために、県職員が気を利かせて作りましたが、反響が大きくなったため県は31日、看板を撤去しました。鳥取県は「遊び心がすぎてしまった」と話しています。

鳥取県の観光キャンペーンのPRに登場した砂かけ婆の着ぐるみ(左)=2015年5月
鳥取県の観光キャンペーンのPRに登場した砂かけ婆の着ぐるみ(左)=2015年5月 出典: 朝日新聞

写真が1万2千リツイートされ話題に

 境港市は昨年亡くなった水木しげるさんの出身地。観光の中心地「水木しげるロード」には鬼太郎グッズなどが売られ、妖怪ブロンズ像が人々を楽しませています。その近くの歩道に登場したのが、「砂かけ婆の砂」と書かれた立て看板。木の枠に囲まれた砂の上にぽつんと立ち、いたって簡単な作りです。

 この看板がツイッターで5月29日に写真付きでつぶやかれると、あっという間に約1万2千リツイートされて話題に。「発想がすばらしい」「この素晴らしい自治体には政府はご褒美として金一封をあげて下さい」「今度はそこらの壁を『ぬりかべ』の壁にするのか」などといった声がネット上で相次ぎました。

くぼみを埋めるため、遊び心で鳥取県が設置

 この看板が設置されたのは観光客が多く訪れるGW前の4月。県道沿いの歩道の街路樹が枯れてしまい、くぼみができていました。安全のために穴を埋める必要があり、鳥取県・米子県土整備局・維持管理課の職員たちが「水木しげるロードにあやかり、遊び心で砂で埋めたらどうか」と立て看板を立てることにしたそうです。

鳥取県が歩道のくぼみに設置した「砂かけ婆の砂」看板。反響が大きく、31日に撤去された
鳥取県が歩道のくぼみに設置した「砂かけ婆の砂」看板。反響が大きく、31日に撤去された 出典: 鳥取県

反響後に撤去 県「遊び心がすぎてしまった」

 ツイッターなどで話題になっていることを聞くと、「(設置して)ツイッターなどで気づいてくれる人がいるなとうれしく思っていたが、あんなに広がってしまって驚いている」と担当する維持管理課の課長補佐の奥本倫久さん(47)。

 そして、反響が大きくなりすぎた結果、鳥取県はついに31日中に看板を撤去しました。奥本さんは「庁内や関係者との協議で不適切という話になった。関係機関との調整を進めずにしてしまった。遊び心がすぎてしまったと反省しております」と平謝りでした。

看板は31日午後4時に撤去された
看板は31日午後4時に撤去された 出典: 鳥取県
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます