MENU CLOSE

話題

77992

明治サイコロキャラメルが生産終了 「水曜どうでしょう」の対応は?

明治のお菓子「サイコロキャラメル」が3月末で生産終了していたことがわかりました。

生産を終了したサイコロキャラメル
生産を終了したサイコロキャラメル 出典: 明治提供

目次

 明治のお菓子「サイコロキャラメル」が3月末で生産終了していたことがわかりました。1927年に発売されたサイコロとしても使えるお菓子ですが、販売不振が理由だそうです。北海道テレビ(HTB)のバラエティー番組「水曜どうでしょう」の名物企画でも登場したお菓子について、明治とHTBに話を聞きました。

サイコロキャラメルとは


 サイコロキャラメルが発売されたのは1927年10月。ロングセラーの「明治ミルクチョコレート」の翌年でした。サイコロの目がプリントされた立方体で、「パッケージで人気を呼べる商品」の先駆けになったそうです。

 過去にはコーヒーキャラメル、バターキャラメル、ミルクキャラメル、チョコレートキャラメルなど多くのバリエーションがあったこの商品。年末からお正月にかけて売り上げが上がっていたそうで、「お正月にすごろくをするのに重宝されていたようです」と明治の広報担当者は話します。

 生産中止の理由については「販売不振のなか、強みを生かせるカテゴリーに注力するため」とのことで、明治のキャラメルカテゴリーをなくしたそうです。

「水曜どうでしょう」ディレクターは

2013年9月にあった「水曜どうでしょう祭」の様子
2013年9月にあった「水曜どうでしょう祭」の様子 出典: 朝日新聞


 この商品は、HTBの番組「水曜どうでしょう」の名物企画「サイコロの旅」の小道具としても知られています。ツイッター上には「サイコロの旅はどうなるんや」「いつかどうでしょうゴッコするためにもいくつか買っておこう」といった声が上がっています。

 これに対し、ディレクターの藤村忠寿さんに聞いたところ、「サイコロの旅も、もうやれなくなりますね」と生産終了を惜しんでいました。

実は続きが


 しかし、詳しく明治に取材したところ、「サイコロキャラメルが完全になくなるわけではない」ということがわかりました。

 担当者によると「当社での復活は予定していないのですが、グループ会社にブランドを移管します。6月から北海道限定のお土産品として発売する予定です」とのこと。

 全国各地のファンにとっては寂しいことですが、「水曜どうでしょう」は新商品で代用できそうです。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます