MENU CLOSE

エンタメ

5931

伊藤理佐が初エッセー 子どもネタは夫・吉田戦車と「奪い合い」

初のエッセー本に挑戦した伊藤理佐さん。何げない日常から「クスッ」とするエピソードを見つける選球眼を、エッセー本でもいかんなく発揮しています。

「父を売り(ネタにし)、故郷を売り、結婚とか子どもも売っている」と笑う伊藤理佐さん
「父を売り(ネタにし)、故郷を売り、結婚とか子どもも売っている」と笑う伊藤理佐さん

目次

 子どもネタを吉田戦車さんと奪い合い、ドリフ話に思わず熱がこもる。『ステキな奥さん ぶはっ』で初のエッセー本に挑戦した、漫画家の伊藤理佐さん。何げない日常から、「クスッ」とするエピソードを見つける選球眼をいかんなく発揮しています。「父を売り(ネタにし)、故郷を売り、結婚とか子どもも売っている」と笑う伊藤さんに、エッセー本への思いを聞きました。

ネタは幼稚園とか道ばたとかに

――新聞連載をまとめた今回のエッセー本。どんな時にネタが見つかりますか?
 落ちているのを拾っている感じですね。生んでいる感じがしない。拾って「あらら、ちょっと水で薄めたら、のびるかな」みたいに、エッセーにしています。

 旅行に行っても落ちてないんですよね。お金かけているのに。日常の気づきって言うと格好良く聞こえますけど、幼稚園とか道ばたとか、そういうところに落ちています。

「やめなよ、電車内の化粧」のために描かれたイラスト
「やめなよ、電車内の化粧」のために描かれたイラスト

子どもネタ「メモ取った者勝ち」

――夫で漫画家の吉田戦車さんも育児をテーマに描いています
 奪い合いですよ、子どものネタは。「いま、子どもが面白いこと言った!」となったら、ばっとメモを取る。我が家は先にメモをした方が勝ちっていう約束があるんです。

 事件は台所で起きますから。私のメモは階段、吉田は押し入れにあるので、メモまで走ります。でも、吉田は「おれ、うんこ、しっこは書かない。おまえにくれてやる」とか言うんです。「へいへい、喜んで!」ってもらっています。

手塚治虫文化賞の記念イベントで対談する吉田戦車さん(右)と伊藤理佐さん=2015年5月26日
手塚治虫文化賞の記念イベントで対談する吉田戦車さん(右)と伊藤理佐さん=2015年5月26日 出典: 朝日新聞

――タオルのタイプを「フワフワ」と「ウスウス」に分けた回は評判になりました
 みんなタオル好きだなって、感動しちゃいました。そんなにタオルで思うことがあるんだって、びっくりしちゃって。

――ドリフネタもよく登場します
 書いてて楽しいのは、ドリフですね。自分が、こんなにドリフが好きだったのかって。書いてて初めて気づいたくらいです。

辞書は使わない

――文章を書く時、気をつけていることは
 文字だとちょっと賢いことを言おうとする自分がいて。かしこまらないようにしています。漫画では辞書は使わないって決めていて。エッセーも同じですね。意味がわからない言葉は使わないようにしています。

――エッセーのイラストはどのように描いていますか?
 イラストでも一発、面白いことを言いたいと思ってい描いています。でも、オチをイラストにしてもダメで。エッセーなんで。まず文章を担当の編集者さんに送って、その後に絵を描きます。編集者さんに文章の感想を言ってもらって、ぱぱっと描いています。おまけという気持ちですね。

『ステキな奥さん ぶはっ』では、吉田さんの運転と父親の運転を思わず比べた話もエッセーにした
『ステキな奥さん ぶはっ』では、吉田さんの運転と父親の運転を思わず比べた話もエッセーにした

――吉田戦車さんのエッセーへの感想は?
 吉田の運転が下手、という話を書いたんですけど。あんまり反応はなかったですね。でも、読んでくれていて。「わりと面白い」とか言ってくれます。まあ、その時、お酒を飲みたかっただけかもしれないんですけどね(笑)

関連リンク:朝日新聞出版 最新刊行物:書籍:ステキな奥さん ぶはっ

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます