MENU CLOSE

お金と仕事

5165

「社長の声が流れる自販機」、MKタクシーが導入 従業員の士気は?

ダイドードリンコが、ちょっと変わった自動販売機を開発しました。設置先の社長の声で、買った人に話しかける機能がついているのです

社長の声が流れる自販機
社長の声が流れる自販機 出典: エムケイタクシー提供

目次

 飲料大手のダイドードリンコが、ちょっと変わった自動販売機を開発しました。設置先の社長の声で、従業員にねぎらいと感謝の言葉をかける機能がついた自販機です。導入したのはエムケイタクシーの営業所。社内コミュニケーションの活性化を狙った自販機ということですが、従業員はどう受け止めているのでしょうか?

自販機の機能を解説
自販機の機能を解説 出典: ダイドードリンコ提供

「いつも頑張ってくれてありがとう」


 お金を投入すると「はい。身だしなみを整えて、笑顔をつくって」と青木信明社長の声。

 次に商品選択ボタンを押すと「お疲れさん」。商品を取り出すときには「いつも頑張ってくれてありがとう」「今日も無事故で安全運転してや」と音声が流れます。

 自販機の正面部分には、身だしなみをチェックするための鏡や、社長の写真付きの「水分とってる?」と書かれたメッセージが掲げられています。

なぜ開発したのか


 この自販機、8月6日からエムケイの5つの営業所で導入されました。ダイドーの「おしゃべり機能」がついた自販機を応用して、エムケイ向けにカスタマイズしたそうです。

 ダイドーの飲料部門における売上比率は、自販機が85%と圧倒的に高いため、自販機を「お店」と捉えて機能充実に努めています。現行型では、お客とのコミュニケーションを図る目的で、おしゃべり機能を標準で搭載しています。

 今回の自販機について、ダイドーの広報担当者は、こう説明します。

 「自販機業界を取り巻く環境が厳しくなるなか、いかに良いロケーションを確保するかが重要になってきています。弊社では、従来の飛び込み営業などに頼ることなく、営業先の課題を解決するツールとして自販機を活用していただく『課題解決型』の営業を実践しており、その中でエムケイタクシー様に今回の提案をいたしました」

おしゃべり自販機の紹介ページ
おしゃべり自販機の紹介ページ 出典:ダイドードリンコのホームページより

ネット上の反応は


 ツイッターでは、効果について辛口な意見が目立ちます。

 「踏み絵すぎる」
 「売り上げ落ちてたらどうすんねん」
 「社長の声はうざくないが、飲み物買うたびに緊張する」
 「『有給、取っていいよ』とかにすれば職場の能率上がる」
 「社長のポケットマネーで飲み物自ら差し入れした方が士気が上がる」

導入したエムケイでは

自販機の正面部分には、身だしなみをチェックするための鏡がついている
自販機の正面部分には、身だしなみをチェックするための鏡がついている 出典: エムケイタクシー提供


 導入から1カ月が経ったエムケイ社内では、どう受け止められているのでしょうか?

 経営企画部の担当者によると「毎日、声が聞けて励みになる」「親近感がわく」といった好意的な反応に加え、「声のトーンを明るくしてほしい」「もっと現場に来て欲しい」といった声も寄せられているそうです。

 担当者はこう話します。

 「導入の狙いとしては、従業員のコミュニケーションだけでなく、安全運転の呼びかけという面もあります。常々『安全運転を心がけて』と口答で話したり、技術講習をしたりしていますが、同じことを繰り返すと慣れてしまい、意識が薄れてしまいがちです。そこで自販機という新しいツールを使って呼びかけているのです」

 今後は、時間帯や季節に応じて異なるメッセージを流すことなどを検討しているそうです。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます